○高根沢町一時保育事業実施要綱

平成11年3月15日

告示第18号

(趣旨)

第1条 この要綱は、家庭における保育が継続的に、又は一時的に困難となる児童を保育園において保育する事業(以下「一時保育事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事業内容)

第2条 一時保育事業の内容は、次の各号のとおりとする。

(1) 臨時保育事業

保護者の労働、職業訓練又は就学等により、断続的に家庭保育が困難となる児童に対する保育事業

(2) 緊急保育事業

保護者の傷病、事故、出産、看護又は冠婚葬祭等社会的にやむを得ない事由により緊急一時的に家庭保育が困難となる児童に対する保育事業

(3) 私的理由保育事業

保護者の育児に伴う心理的、肉体的負担を解消するための保育事業

(平22告示46・一部改正)

(対象児童)

第3条 一時保育事業の対象となる児童(以下「対象児童」という。)は、次の各号のいずれかに該当する児童とする。ただし、定員に空きがない場合は、第1号に該当する児童の利用を優先させるものとする。

(1) 高根沢町に住所を有し、高根沢町保育園規則(昭和40年高根沢町規則第38号)第5条による入園の対象とならない生後6箇月から小学校入学前の児童

(2) 高根沢町外に住所を有し、生後6箇月から小学校入学前の児童で、次のいずれかに該当する者

 保護者が里帰り出産のために高根沢町の居宅に帰省している者

 保護者が疾病等のために高根沢町の居宅に帰省している者

 保護者が直系の親族の看病及び看護のために高根沢町の居宅に帰省している者

(3) その他町長が特に必要と認めた児童

(平21告示96・平26告示225・一部改正)

(保育時間及び休日)

第4条 一時保育事業の保育時間及び休日は、次のとおりとする。

(1) 保育時間 午前8時から午後4時まで。ただし、町長が必要と認めるときは午後6時までとする。

(2) 休日 日曜日、国民の祝日その他町長が特に定めた日

2 町長は、特に必要があると認める時は、前項に規定する保育時間を変更することができる。

(平14告示22・一部改正)

(保育期間)

第5条 保育期間は、臨時保育事業にあっては6箇月以内、緊急保育事業にあっては2週間以内、私的理由保育事業にあっては1週間以内とする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、その期間を延長することができる。

(実施の方法)

第6条 一時保育事業は、町長が指定した保育園(以下「指定保育園」という。)で実施するものとする。

2 指定保育園は、一時保育事業専用の保育室を確保して実施するものとする。

3 指定保育園は、一時保育事業を担当する保育士(以下「担当職員」という。)を配置するものとする。ただし、指定保育園の実態に応じ適宜担当職員以外の職員の協力を得て実施することは、差し支えないものとする。

4 指定保育園は、必要に応じて、保育児童との交流を行う等、弾力的な保育を行うことも差し支えないものとする。

5 指定保育園は、申込時に健康状態を十分聴取する等保育に支障のないよう留意することとする。

(保育の申込)

第7条 一時保育事業を利用しようとする児童の保護者は、事前に一時保育入園申込書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、緊急保育事業にあっては、事後でも差し支えないものとする。

2 町長は、前項の場合において、必要があるときは、関係資料の提出又は提示を求めることができる。

(保育の決定)

第8条 町長は、前条第1項の申込書を受理したときは、これを速やかに審査し、保育の必要を認めたときは、一時保育入園決定通知書(様式第2号)により保護者に通知するものとする。

(退園の届出)

第9条 一時保育事業を利用している児童(以下「入園児童」という。)を中途で退園させようとする保護者は、事前に一時保育退園届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(入園の解除)

第10条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合には、入園児童の入園を取り消すことができる。

(1) 対象児童としての要件を満たさなくなったとき。

(2) 虚偽の申込又は不正な手続きにより入園の決定を受けたとき。

(3) その他保育の継続を不適当と認めたとき。

2 町長は、前条の届出があった場合又は前項の規定により入園児童の入園を取り消す場合は、一時保育入園解除通知書(様式第4号)により、保護者に通知するものとする。

(指定管理者に管理を行わせる場合の読替え)

第11条 高根沢町保育園条例(平成17年高根沢町条例第17号)第4条の規定に基づき、指定管理者に保育園の管理を行わせる場合における第4条第5条及び第7条から第10条までの適用については、これらの規定中「町長」とあるのは「指定管理者」とする。

(平18告示45・追加、平27告示45・一部改正)

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関して必要な事項は町長が別に定める。

(平18告示45・旧第11条繰下)

制定文

平成11年4月1日から適用する。

改正文(平成14年告示第22号)

平成14年4月1日から適用する。

改正文(平成18年告示第45号)

平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成21年告示第96号)

この要綱は、平成21年5月1日から施行する。

附 則(平成22年告示第46号)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成26年告示第225号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年告示第45号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年告示第125号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年告示第172号)

1 この要綱は、令和3年1月1日から施行する。

2 この要綱による改正前の様式による用紙は、当分の間使用することができるものとする。

(令2告示172・全改)

画像

(平30告示125・全改)

画像

(令2告示172・全改)

画像

(平30告示125・全改)

画像

高根沢町一時保育事業実施要綱

平成11年3月15日 告示第18号

(令和3年1月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉等
沿革情報
平成11年3月15日 告示第18号
平成14年3月25日 告示第22号
平成18年3月31日 告示第45号
平成21年4月30日 告示第96号
平成22年4月1日 告示第46号
平成26年12月12日 告示第225号
平成27年3月17日 告示第45号
平成30年10月5日 告示第125号
令和2年12月22日 告示第172号