○高根沢町インフルエンザ予防接種費助成に関する支給要綱

平成13年10月31日

告示第93号

(目的)

第1条 この要綱は、高根沢町インフルエンザ予防接種実施要綱(以下「要綱」という。)第3条に規定する対象者のうち、要綱第5条に規定する医療機関以外でインフルエンザ予防接種(以下「予防接種」という。)を受けた者(以下「被接種者」という。)にその費用を助成し、もって高齢者の疾病予防及び健康の保持増進に寄与することを目的とする。

(平24告示123・一部改正)

(助成対象者)

第2条 この要綱に定めるインフルエンザ予防接種費助成の対象となるものは、予防接種の対象者として予防接種を受けた被接種者(以下「助成対象者」という。)とする。

(助成費)

第3条 町長は、助成対象者が予防接種実費を医療機関に支払った場合において、4,000円に消費税を加えた額から接種者負担分1,000円を差し引いた額を上限として、支払った額から接種者負担分1,000円を差し引いた額を助成する。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護者が予防接種を受けた場合は、全額助成することができる。

(平24告示123・平26告示195・一部改正)

(助成の方法)

第4条 前条の助成は、助成対象者の申請に基づき行うものとする。

(助成の申請及び申請期間)

第5条 前条に規定する助成の申請は、インフルエンザ予防接種費助成申請書(様式第1号)によらなければならない。

2 前項の申請は、被接種者がインフルエンザ予防接種を受けた当該年度の3月31日までに行わなければならない。

(平15告示71・一部改正)

(助成の決定)

第6条 町長は、前条の申請を受理したときは、その内容を審査し、当該申請に係る助成の額を決定し、申請者に通知するものとする。

(助成金の返還)

第7条 町長は、偽りその他不正な行為により、第3条に規定する助成を受けた者があるときは、その者から当該助成金額の全部又は一部を返還させることができる。

(台帳の整備)

第8条 町は、助成金の支給状況を的確に把握するため、インフルエンザ予防接種助成費支給台帳(様式第2号)を整備するものとする。

改正文(平成19年告示第32号)

平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成24年告示第123号)

この要綱は、平成24年10月1日から施行する。

附 則(平成26年告示第195号)

この要綱は、平成26年10月1日から施行する。

(平26告示195・全改)

画像

画像

高根沢町インフルエンザ予防接種費助成に関する支給要綱

平成13年10月31日 告示第93号

(平成26年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 公衆衛生
沿革情報
平成13年10月31日 告示第93号
平成15年9月3日 告示第71号
平成19年3月30日 告示第32号
平成24年9月26日 告示第123号
平成26年10月1日 告示第195号