○高根沢町先天性股関節脱臼検診費助成要綱

令和4年2月24日

告示第24号

(趣旨)

第1条 この要綱は、乳児の股関節の異常の早期発見に努め、必要な治療及び適切な保健指導を行うための先天性股関節脱臼検診(以下「検診」という。)に要した費用の一部を助成することについて、必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 この要綱による助成金の交付を受けることができる者は、町内に住所を有する1歳未満の乳児(以下「対象乳児」という。)の保護者とする。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、検診に要した費用として医療機関に支払った額又は次の各号に掲げる世帯に応じ、当該各号に定める額のいずれか少ない額とする。

(1) 生活保護を受けている世帯 対象乳児1人につき4,000円

(2) 前号に掲げる世帯以外の世帯 対象乳児1人につき2,000円

(助成回数)

第4条 助成回数は、対象乳児1人につき1回を限度とする。

(助成の申請及び申請期間)

第5条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、先天性股関節脱臼検診費助成申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)により町長に申請しなければならない。この場合において、町外医療機関で検診を受診したときは、申請書に当該検診に係る領収書を添付しなければならない。

2 前項の規定による申請は、対象乳児が検診を受診した日から起算して1年以内に行わなければならない。

(助成の決定)

第6条 町長は、前条第1項の規定による申請があったときは、速やかにその内容を審査し、助成金の交付を決定した後、申請者に対して助成金を交付するものとする。

(助成金の返還)

第7条 町長は、偽りその他不正の手段により、助成金の交付を受けた者があるときは、その者から当該助成金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

この要綱は、令和4年4月1日から施行する。

画像

高根沢町先天性股関節脱臼検診費助成要綱

令和4年2月24日 告示第24号

(令和4年4月1日施行)