○太良町防犯カメラの設置及び管理運用に関する要綱

令和2年7月30日

訓令第15号

(目的)

第1条 この要綱は、通学路等公共の場所における町が設置する防犯カメラの適正な設置及び管理運用を図るために必要な事項を定めることにより、当該防犯カメラにより撮影される者のプライバシーその他の権利を保護し、安全かつ安心なまちづくりを進めることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 防犯カメラ 犯罪の抑止、予防、再発防止等を目的として設置する常設のカメラ装置及びその関連装置で、画像を記録できるものをいう。

(2) 通学路等公共の場所 道路、公園及び太良町が設置する公共用施設その他町長が定める場所をいう。

(3) 町民等 町内に居住し、通勤し、通学し、又は町内に滞在し若しくは太良町を通過する者をいう。

(4) 画像データ 防犯カメラの映像表示装置に表示され、又は録画装置に記録された画像のデータであって、当該データから特定の個人を識別することができるものをいう。

(防犯カメラ管理体制)

第3条 町長は、防犯カメラの適正な管理運用を図るため、防犯カメラ管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置き、施設管理を担当する所属の長又はこれに相当する職にある者をもって充てる。

2 前項の管理責任者は、運用業務を補佐するために、防犯カメラ操作取扱者(以下、「操作取扱者」という。)を指定し、その事務に従事させることができる。

(防犯カメラの設置及び運用)

第4条 防犯カメラの設置及び運用に当たっては、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 管理責任者は、防犯効果を高めるとともに周辺住民その他の者のプライバシーを十分に考慮し、適正な撮影範囲となる場所に設置すること。

(2) 防犯カメラの撮影区域内の見やすい場所に、防犯カメラが設置されている旨及び設置者が町であることを分かりやすく表示すること。

(秘密保持義務)

第5条 管理責任者及び操作取扱者(以下「管理者等」という。)は、画像データから知り得た秘密を他にもらしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(画像データの管理)

第6条 画像データの保存期間は、録画日の翌日から起算して1箇月以内の期間とし、当該保存期間が経過した後は、管理者等は速やかにこれを消去するか、上書きにより消去しなければならない。ただし、犯罪・事故等の捜査等のため特に必要と認められるときは、保存期間を延長することができる。

2 画像データは、撮影時の現状により保管するものとし、不必要な複製、編集及び加工をしてはならない。

3 管理者等は、画像データを保管するときは、施錠等のできる保管庫等に保管し、外部へ持ち出しや転送ができない措置を取らなければならない。

4 管理者等は、前各号に掲げるもののほか、管理する画像データについて、流出、漏えい、盗難、紛失その他の事故が生じないよう必要な措置を講じなければならない。

(画像データの利用等)

第7条 町長は、町民等から自己の画像データの開示を求められたときは、必要と認められる範囲内で、当該画像データを開示するよう配慮しなければならない。

2 町長は、次に掲げる場合を除き、設置目的以外に利用し、又は第三者に提供してはならない。

(1) 画像データから識別される本人の同意があるとき。

(2) 法令及び条例に定めがあるとき。

(3) 捜査機関から犯罪捜査の目的により文書による要請を受けたとき。

(4) 個人の生命、身体又は財産に対する安全を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。

3 前項の場合において、画像データを提供するときは、最小限の範囲にとどめるとともに情報を提供する相手方に対して、次に掲げる事項を厳守させなければならない。

(1) 画像データの情報を適正に管理すること。

(2) 目的以外への利用及び第三者への無断提供をしないこと。

(3) 目的を達成したとき又は当該目的が達成されないことが判明したときは、速やかに返却又は破砕等を行うこと。

(遵守事項)

第8条 管理者等は、この要綱に定めるもののほか、太良町個人情報保護条例(平成15年太良町条例第28号)を遵守して、個人情報を適切に取り扱わなければならない。

(苦情の処理)

第9条 町長は、防犯カメラの設置等について町民等から苦情の申し立てを受けたときは、管理責任者等に対して、迅速かつ適切な措置を講じさせるものとする。

(補則)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

この要綱は、公布の日から施行する。

太良町防犯カメラの設置及び管理運用に関する要綱

令和2年7月30日 訓令第15号

(令和2年7月30日施行)