○太良町歯周疾患検診実施要綱

令和3年3月25日

訓令第8号

(目的)

第1条 この要綱は、健康増進法(平成14年法律第103号)における健康診査の項目である歯周疾患検診(以下「検診」という。)及び歯科保健指導に基づき、指定歯科医院に委託して検診を実施することについて、必要な事項を定めるものとする。検診を実施することにより、歯及び口腔の健康づくりを図り、全身の健康の保持増進に寄与することを目的とする。

(対象者)

第2条 検診を受診できる者は、受診する日において町内に住所を有し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第6条の規定による住民基本台帳に記載されている者で、年度内に40歳、50歳、60歳及び70歳に達する者とする。

(委託医療機関)

第3条 検診を実施する医療機関は、町と委託契約を締結した委託医療機関とする。

(受診券)

第4条 町長は、検診対象者に対しあらかじめ太良町歯周疾患検診受診券(以下「受診券」という。)を交付するものとする。

2 歯周疾患検診を受けようとする対象者は、前項の受診券を医療機関に提出して受診するものとする。

3 受診券の有効期間は、受診券発行日から当該受診年度の属する3月31日までとする。ただし、実施医療機関の休診日を除くものとする。

(実施方法及び受診回数)

第5条 対象者は、あらかじめ受診を希望する委託医療機関に予約し、当日は受診券と本人が確認できるもの(保険証、免許証等)を添えて委託医療機関へ提出し、受診するものとする。

2 受診を受ける回数は、受診券の有効期間内に1回限りとする。

(検診の内容)

第6条 検診の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 問診

(2) 口腔内検査(歯周組織検査)

(3) 検診結果の判定

(4) ブラッシング指導及び検診結果の説明と判定区分に応じた個別指導

(自己負担金)

第7条 検診を受診した者が負担する費用は、無料とする。ただし前条に規定する内容以外に係る費用は、検診を受診した者が負担するものとする。

(実施の報告)

第8条 委託医療機関は、検診の受診状況を記録するとともに、その結果を太良町歯周疾患検診受診票(様式第1号。以下「受診票」という。)により町長及び検診を受けた対象者に報告しなければならない。

(委託料の請求)

第9条 委託医療機関は、町と締結した委託契約書に定める歯科健康診査に要する費用を、歯周疾患検診委託料請求書(様式第2号)に歯周疾患検診受診者名簿(様式第3号)及び受診票を添えて翌月10日までに町長に請求するものとする。

(委託料の支払い)

第10条 町長は、前条の規定による請求があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、当該請求があった日から起算して30日以内に検診委託料を支払うものとする。

(その他の留意事項)

第11条 検診は、厚生労働省が定める歯周病検診マニュアルに基づき、実施するものとする。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、令和3年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

太良町歯周疾患検診実施要綱

令和3年3月25日 訓令第8号

(令和3年4月1日施行)