○時津町立学校体育施設の開放に関する規則

昭和50年4月1日

教委規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、時津町屋内運動場施設使用に関する条例第9条及び時津町屋外運動場照明施設使用に関する条例第9条に基づき、必要な事項を定め、時津町立学校体育施設を地域住民に開放し、広くスポーツの振興を図ることを目的とする。

(管理)

第2条 学校体育施設の開放(以下「学校開放」という。)に関する事務は、教育委員会が管理し、責任の一切を負うものとする。

(管理指導員)

第3条 開放学校に管理指導員をおくことができる。

2 管理指導員は教育委員会の委嘱を受け、学校体育施設の開放に伴う施設、設備の管理にあたるものとする。

(開放する施設の種類)

第4条 学校体育施設の開放は、次のとおりとする。

(1) 運動場

(2) 体育館

(3) プール

(4) テニスコート

(学校体育施設開放の日時)

第5条 学校体育施設開放の日時は、別に定める利用規程による。

2 前項の規定にかかわらず開放学校において特別な事情がある場合、教育長は開放の日時を変更することができる。

(利用の許可)

第6条 学校開放は時津町内に在住又は勤務するもので団体を構成し、かつ、監督者を有し、教育委員会が適当と認めるものに限り許可するものとする。

(許可の制限)

第7条 次の各号に該当する場合は、その利用を許可しないものとする。

(1) 政治活動のための利用

(2) 宗教的活動のための利用

(3) もっぱら営利を目的とするための利用

(利用の中止)

第8条 教育長は、この規則若しくはこの規則に基づく利用規程に違反した団体に対し、利用の中止を命ずることができる。

(利用の手続)

第9条 学校開放を利用しようとする者は、原則として、利用希望の7日以前に体育館(運動場)利用申込書(様式第1号)を教育長に提出し、その許可を得なければならない。

2 教育長は学校長と協議し利用が適当であると認めた場合は、前項の申込書に体育館(運動場)利用許可証(様式第2号)を交付する。

第10条 利用者は、その利用中に学校開放の施設の設備等を故意又は重大な過失によって毀損若しくは紛失したときは弁償の責任を負うものとする。

(実施細目)

第11条 この規則の実施について必要な事項は、教育長が別に定める。

この規則は、公布の日から施行し、昭和50年4月1日から適用する。

(昭和61年12月20日教委規則第4号)

この規則は、昭和62年1月1日から施行する。

(平成12年2月4日教委規則第5号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

(平成22年4月1日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

時津町立学校体育施設の開放に関する規則

昭和50年4月1日 教育委員会規則第2号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和50年4月1日 教育委員会規則第2号
昭和61年12月20日 教育委員会規則第4号
平成12年2月4日 教育委員会規則第5号
平成22年4月1日 教育委員会規則第2号