○長崎都市計画事業時津中央第2土地区画整理事業にかかる固定資産税及び都市計画税の減免に関する条例施行規則

平成23年6月30日

規則第14号

(減免申請書)

第2条 条例第6条の申請書は、固定資産税・都市計画税減免申請書(別記様式。以下「減免申請書」という。)とする。

2 減免申請書は、長崎都市計画事業時津中央第2土地区画整理事業の施行者(以下「事業施行者」という。)の審査を経て町長に申請するものとする。

(使用又は収益の開始の報告)

第3条 事業施行者は、条例第3条の規定により従前の土地に対して課税される固定資産税及び都市計画税が減免された場合において、当該従前の土地に対応する仮換地の使用又は収益が開始されたときは、町長に速やかに報告するものとする。

(委任)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が事業施行者と協議して別に定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成27年12月25日規則第27号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

(令和3年10月15日規則第21号)

(施行期日)

第1条 この規則は、令和3年11月1日から施行する。

(経過措置)

第2条 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

2 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

長崎都市計画事業時津中央第2土地区画整理事業にかかる固定資産税及び都市計画税の減免に関す…

平成23年6月30日 規則第14号

(令和3年11月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成23年6月30日 規則第14号
平成27年12月25日 規則第27号
令和3年10月15日 規則第21号