○和木町立学校職員の勤務時間、休暇等に関する規則

昭和46年12月27日

教委規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(昭和46年山口県条例第30号。以下「条例」という。)の規定に基づき、和木町立学校に勤務する学校職員(以下「学校職員」という。)の勤務時間、休暇等について必要な事項を定めるものとする。

(勤務時間の割振り等)

第2条 学校職員の週休日(条例第3条第1項各号に掲げる学校職員の週休日に限る。)、勤務時間及び休憩時間は、山口県教育委員会が定める基準に従って、あらかじめ校長が定めるものとする。

2 校長は、校務の運営のため必要があると認めるときは、4週間を超えない範囲内で定める期間について、1週間当たりの勤務時間が38時間45分を超えない範囲内で、特定の週において38時間45分又は特定の日において7時間45分を超える勤務時間を定めることができる。

3 校長は、学校職員に週休日において特に勤務することを命ずる必要がある場合には、週休日の振替え又は勤務時間の割振り変更を行うことができる。

(代休日の指定)

第3条 条例第7条第1項の規定による代休日の指定は、校長が行うものとする。

(年次有給休暇)

第4条 校長は、学校職員から条例第12条第3項の規定による年次有給休暇の請求があった場合において、その時期に年次有給休暇を与えることが校務の運営に支障があると認めるときは、他の時期に与えることができる。

(病気休暇、特別休暇、介護休暇、子育て支援部分休暇及び時間外勤務代替休暇の承認)

第5条 条例第19条の規定による承認は、校長が行うものとする。

(時間外勤務)

第6条 校長は、校務のため臨時の必要があると認めるときは、学校職員に時間外勤務(正規の勤務時間を超える勤務をいい、休日及び代休日(代休日が指定された休日の正規の勤務時間の全部を勤務した場合に限る。)における正規の勤務時間中の勤務を含むものとする。)を命ずることができる。ただし、当該学校職員が地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第10条第3項の規定により同条第1項に規定する育児短時間勤務の承認を受けた学校職員(同法第17条の規定による勤務をすることとなった学校職員を含む。)である場合にあっては、当該学校職員に当該勤務を命じなければ校務の運営に著しい支障が生ずると認められるときに限り、当該勤務を命ずることができる。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和47年1月1日から施行する。

附 則(昭和48年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和54年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年教委規則第2号)

この規則は、昭和56年4月17日から施行する。

附 則(平成元年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年教委規則第11号)

この規則は、平成4年8月16日から施行する。

附 則(平成14年教委規則第6号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成21年教委規則第5号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年教委規則第8号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、平成29年1月1日から適用する。

和木町立学校職員の勤務時間、休暇等に関する規則

昭和46年12月27日 教育委員会規則第7号

(平成29年2月20日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和46年12月27日 教育委員会規則第7号
昭和48年4月1日 教育委員会規則第1号
昭和54年9月8日 教育委員会規則第4号
昭和56年4月16日 教育委員会規則第2号
平成元年10月6日 教育委員会規則第3号
平成4年8月16日 教育委員会規則第11号
平成14年3月29日 教育委員会規則第6号
平成21年4月1日 教育委員会規則第5号
平成27年3月27日 教育委員会規則第8号
平成29年2月20日 教育委員会規則第1号