○和木町児童福祉年金条例施行規則

昭和44年4月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、和木町児童福祉年金条例(昭和44年条例第14号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(申請)

第2条 条例第5条に規定する申請は、和木町児童福祉年金支給申請書兼振込口座申出書(様式第1号)に、次に掲げる書類等を添えて提出するものとする。

(1) 都道府県知事が交付する身体障害者手帳又は医療機関の診断書(様式第2号)

(2) 申請者が父母以外の場合は、申請者が受給資格者であることの申立書(様式第3号)

(支給の決定)

第3条 町長は、前条の申請を受理し、児童福祉年金(以下「年金」という。)の支給の決定をしたときは、申請者に児童福祉年金支給決定通知書(様式第4号)を交付するものとする。

2 児童が施設等に入所した場合であっても、在宅と同様に監護する状況にあるときは年金を支給する。

(届出)

第4条 条例第7条に規定する届出は、児童福祉年金受給事由消滅(変更)(様式第5号)を提出するものとする。

(辞退)

第5条 年金受給者が年金の支給を辞退しようとするときは、児童福祉年金辞退届(様式第6号)を提出するものとする。

(支給時期)

第6条 年金は、毎年4月と10月に分割して支給する。

2 児童の死亡等、特別な事情があるときは、前項の規定にかかわらず、年金を繰り上げて支給することができる。

(物品の支給)

第7条 被保護者に対しては、物品の支給をもって年金の支給にかえることができる。

附 則

1 この規則は、昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和48年規則第2号)

この規則は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年規則第11号)

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規則第6号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第13号)

この規則は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

附 則(平成19年規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年規則第6号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

和木町児童福祉年金条例施行規則

昭和44年4月1日 規則第3号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
昭和44年4月1日 規則第3号
昭和48年3月31日 規則第2号
昭和53年4月1日 規則第11号
昭和57年7月31日 規則第7号
昭和57年8月5日 規則第10号
平成11年3月24日 規則第6号
平成14年4月3日 規則第13号
平成19年3月15日 規則第1号
平成22年2月16日 規則第5号
平成26年3月4日 規則第6号