○和木町保健相談センター条例

平成6年12月22日

条例第21号

(設置)

第1条 町民の健康の保持及び増進を図るため、和木町保健相談センター(以下「保健相談センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 保健相談センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 和木町保健相談センター

位置 和木町和木2丁目15番1号

(事業)

第3条 保健相談センターは、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 健康診査及び健康相談に関する事業

(2) 健康教育及び保健指導並びに栄養指導に関する事業

(3) 疾病の予防に関する事業

(4) 機能回復訓練に関する事業

(5) 衛生思想の普及に関する事業

(6) その他町民の健康保持増進に関する事業

(使用の許可)

第4条 保健相談センターを使用しようとする者は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可にあたっては、管理上必要な条件を付すことができる。

(使用の制限)

第5条 町長は、次の各号の一に該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 建物、附属設備、器具その他工作物等を破損するおそれがあると認めたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理又は運営上支障があると認めたとき。

(使用許可の取消し)

第6条 町長は、次の各号の一に該当するときは、使用許可を取り消し、使用を停止し、又は許可条件を変更し、若しくは退去を命ずることができる。

(1) 使用許可条件に違反したとき。

(2) 前条各号の事由が発生したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理又は運営上支障があると認めたとき。

(使用料)

第7条 保健相談センターの使用については、別表に掲げる額の使用料を徴する。

2 前項の使用料は、前納しなければならない。

(使用料の減免)

第8条 公益上特に必要と認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第9条 既納の使用料は、還付しない。ただし、使用者の責によらない事由で使用できなくなったときは、この限りではない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し、必要な事項は別に町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成7年3月1日から施行する。

(条例の廃止)

2 和木町保健センター設置及び管理に関する条例(昭和59年条例第20号)は、廃止する。

別表(第7条関係)

和木町保健相談センター使用料

時間区分

使用区分

9時から17時まで

17時から22時まで

栄養指導室

1時間につき150円

1時間につき200円

講堂兼運動指導室

1時間につき100円

保健指導室兼研修室

1時間につき100円

会議室兼休養室

1時間につき100円

和木町保健相談センター条例

平成6年12月22日 条例第21号

(平成6年12月22日施行)