○和木町保育利用料徴収吏員証に関する規則

平成29年3月21日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、保育利用料徴収吏員(以下「徴収吏員」という。)が職務に従事するに当たり、その身分を証明するものとして携帯し、関係人の請求があったときに提示すべき証票に関し必要な事項を定めるものとする。

(交付)

第2条 町長は、徴収吏員に対し保育利用料徴収吏員証(別記様式)(以下「徴収吏員証」という。)を交付するものとする。

2 前項の規定により徴収吏員証の交付を受けた徴収吏員は、徴収吏員でなくなったときは、直ちに当該徴収吏員証を町長に返納しなければならない。

3 町長は徴収吏員証の交付簿を備え、徴収吏員証等の受払を明らかにしておかなければならない。

(有効期間)

第3条 徴収吏員証の有効期間は2年間とする。

(譲渡等の禁止)

第4条 徴収吏員は徴収吏員証を譲渡し、又は貸与してはならない。

(紛失等の届出等)

第5条 徴収吏員は、徴収吏員証を紛失し、又は汚損したときは、その旨を直ちに町長に届け出て、その指示を受けなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

和木町保育利用料徴収吏員証に関する規則

平成29年3月21日 規則第8号

(平成29年3月21日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成29年3月21日 規則第8号