○職員の病気による休職発令等の基準に関する規程

平成10年3月31日

訓令第9号

職員の病気による休職発令等の基準に関する規程

(目的)

第1条 この規程は、浜中町職員の分限及び懲戒についての手続及び効果に関する条例(昭和28年条例第10号)に基づき、職員の病気による休職、復職発令及びその手続等の基準について必要な事項を定めることを目的とする。

(休職の基準)

第2条 心身の故障のため、長期の休養を要するものとして休職(以下「病気休職」という。)させる場合の基準は、次のとおりとする。

(1) 職員が次に掲げる疾病にかかり長期の休養を要する場合は、1年間の欠勤期間が経過したときに休職の発令をする。

結核性疾患、高血圧症、動脈硬化性心臓疾患、慢性の肝臓疾患、慢性の腎臓疾患、糖尿病、こう原病及び悪性新生物による疾病のうち任命権者が特に必要と認めるもの

(2) 職員が前1号以外の負傷又は疾患にかかり長期の休養を要する場合は、90日間の欠勤期間が経過したときに休職の発令をする。

(3) 任命権者が、疾患の原因その他特殊の事情により、前各号により難いと認めるときは休職の発令を延ばすことができる。

(休職者の復職)

第3条 病気休職は、休職を命ぜられた期間中であっても、その事由が消滅したと認めるときは速やかに復職を命じなければならない。

(委任)

第4条 この規程に定めるものを除くほか、この規程の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成16年7月16日訓令第17号)

この訓令は、平成16年7月20日から施行する。

附 則(平成28年3月11日訓令第11号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

職員の病気による休職発令等の基準に関する規程

平成10年3月31日 訓令第9号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第3章 分限・懲戒
沿革情報
平成10年3月31日 訓令第9号
平成16年7月16日 訓令第17号
平成28年3月11日 訓令第11号