○浜中町職員表彰規則

昭和62年3月23日

規則第3号

浜中町職員表彰規則

(目的)

第1条 この規則は、浜中町職員(以下「職員」という。)で顕著な功績又は、模範として推奨するに値する業績のあつたものに対し、表彰等の方法によつて感謝の意を表し、公務員としての自覚と愛郷の観念を助長させることを目的とする。

(職員の定義)

第2条 この規則において職員とは、浜中町職員定数条例(昭和36年条例第12号)第1条に規定する職員をいう。

(表彰の要件)

第3条 職員が次の各号に該当したときは、これを表彰する。

(1) 職務に関して、特に有益な発明考案又は改良したもの

(2) 業務上危害を未然に防止し、又は変事に際して特に功績があつたもの

(3) 勤務成績が特に優秀であつて、他の模範となるもの

(4) 勤続20年を良好な成績で勤務したとき。

(表彰の方法)

第4条 表彰は、表彰状及び記念品等を贈つてこれをおこなう。

(勤続年数の算定)

第5条 第3条第4号の勤続年数の算定は、次の各号によりこれをおこなう。

(1) 勤続年数は、就職の日からこれを起算する。

(2) 1月に満たない端数は、1月とする。

(3) 勤務6ケ月以上にわたる場合は、これを1年として計算する。

(4) 中断する年数は、中断期間を除いて前後の年数を通算する。

(表彰の時期)

第6条 表彰は、毎年10月1日現在の調査により、町長の定める日にこれをおこなう。ただし、特別の事情がある場合はこの限りでない。

第7条 表彰を受けるべき職員が表彰日前に死亡した場合は、表彰状及び記念品等をその遺族に贈る。

(表彰選考委員会)

第8条 被表彰者選考のため、表彰者選考委員会(以下「選考委員会」という。)を置く。

2 選考委員会は、委員9人をもつて組織し、委員は特別職を含む職員の中から町長が選任するものとする。

3 選考委員会の会議は、副町長が主宰する。ただし、副町長に事故あるときは、教育長がその職務を代理する。

第9条 表彰を受ける職員の選考及び表彰に関する事項並びに、この規則施行について必要な事項は、町長が別にこれを定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行し、昭和61年度より適用する。

2 この規則施行の日前に従前の浜中町表彰条例(昭和45年条例第19号)の規定により表彰を受けた者については、この規則の規定により表彰されたものとみなす。

附 則(平成16年3月18日規則第5号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第13号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

浜中町職員表彰規則

昭和62年3月23日 規則第3号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第4章
沿革情報
昭和62年3月23日 規則第3号
平成16年3月18日 規則第5号
平成19年3月30日 規則第13号