○浜中町産業振興資金貸付条例

平成7年3月17日

条例第8号

浜中町産業振興資金貸付条例

(目的)

第1条 この条例は、農業者、漁業者、商工業者の経営の安定を図るために必要な資金の貸付を行い、もって本町産業の振興を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例で農業者、漁業者、商工業者とは、次に掲げるものをいう。

(1) 農業者とは、農業経営上必要な農地を所有し、家畜飼養の業務を営む者及び家畜飼養に要する諸条件を満たす者又は農事組合法人

(2) 漁業者とは、沿岸及び内水面において、漁業を営む者又はこれらの者の組織する団体

(3) 商工業者とは、卸売・小売業、建設業、鉱業、製造業、運輸業、電気・水道業、サービス業を営む者又はこれらの者の組織する団体

2 この条例で産業振興資金(以下「資金」という。)とは、農業者、漁業者、商工業者が次条第2項に定める家畜及び機器等の購入に必要な資金をいう。

(貸付対象)

第3条 資金の貸付は、町内に住所を有し、前条第1項に掲げる者及びそれらに準ずる者等であって、町長が適当と認めた者を対象とする。

2 資金の貸付対象となる家畜、機器等(以下「貸付対象物」という。)は、別表1のとおりとする。

3 資金の貸付を受けようとする者及び同居の親族は、町税等(町税、国民健康保険税、保育費用、下水道使用料、下水道受益者分担金、介護保険料)を完納していること。この場合の取扱いについては、浜中町町税等の不誠実滞納者に対する特別措置に関する条例(平成18年条例第16号)の規定を準用する。

(貸付の限度額)

第4条 資金の貸付限度額は、貸付対象物ごとに町長が別に定める。

(貸付申請)

第5条 資金の貸付を受けようとする者は、別に定めるところにより、町長に貸付申請書を提出しなければならない。

(貸付委員会の設置)

第6条 資金の貸付に関してその適正円滑な運営を図るため、浜中町産業振興資金貸付委員会(以下「貸付委員会」という。)を置く。

2 貸付委員会は、家畜購入資金貸付委員会、漁業機器等購入資金貸付委員会、商工機器等購入資金貸付委員会の3委員会とする。

3 貸付委員会の委員は、それぞれ6名以内とし、関係機関等から町長が委嘱する。

4 各貸付委員会は、町長の諮問に応じ資金の貸付について審議し必要な意見を答申する。

5 貸付委員会の委員の任期は2カ年とし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

(貸付決定)

第7条 町長は、貸付対象者及び貸付額等について各貸付委員会の意見を聞いて決定する。

(借用書の提出)

第8条 資金の貸付決定通知を受けた者は、連帯保証人と連署をもって借用書を提出しなければならない。

(貸付金の償還等)

第9条 貸付金の償還期間及び償還方法は、貸付対象物の区分により別表2のとおりとする。ただし、町長が特に必要と認めるときは、償還期間を延長することができる。

2 資金の貸付を受けた者(以下「借受人」という。)は、借入期間中において自己の都合により町長の承認を得て繰上償還をすることができる。

3 貸付金は、無利子とする。

(貸付金の償還免除)

第10条 町長は、借受人が災害その他やむを得ない理由により資金の償還ができないと認められるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(遵守事項)

第11条 借受人は、資金の償還義務が消滅するまでの間は貸付対象物を譲渡、売却、と畜その他の処分をしてはならない。ただし、町長の承認を得たときはこの限りでない。

(期限前の償還等)

第12条 借受人が次の各号の一に該当するとき町長は、借受人に対し貸付金の全部又は一部を償還させることができる。

(1) この条例に違反し、又は正当な理由がないのに貸付の条件に従わないとき。

(2) 貸付対象物の購入費の精算額が貸付金に達しないとき。

(3) 不正な方法により貸付を受けたとき。

(規則への委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、平成7年4月1日より施行する。

(経過措置)

2 この条例施行前においてすでに浜中町家畜導入資金貸付条例(昭和57年条例第9号)により貸付を受けている者は、この条例により貸付を受けたものとみなす。

3 この条例施行前においてすでに浜中町商工機器等貸付条例(昭和55年条例第5号)及び浜中町家畜導入資金貸付条例(昭和57年条例第9号)の規定により委嘱を受けている貸付審査委員並びに貸付委員は、その任期が満了するまでの間この条例により委嘱された委員とみなす。

附 則(平成18年3月16日条例第17号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年7月1日から施行する。

(適用)

2 この条例の適用となる賦課年度は、この条例の施行する日の属する年度からとする。

附 則(平成19年3月16日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月12日条例第10号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表1

貸付対象

貸付範囲

家畜購入資金

(1) 乳用牛

(2) 馬

(3) 肉用素牛

(4) 肉専用種(繁殖牛)

(5) 肉専用種(素牛)

漁業機器等購入資金

(1) 漁船附属機器、科学装備、優良漁具資材

(2) その他町長が適当と認めたもの

商工機器等購入資金

(1) 機械器具及び装置

(2) その他町長が適当と認めたもの

別表2

貸付対象物

償還期間

償還方法

家畜

(1) 乳用牛 5年以内

(2) 馬 5年以内

(3) 肉用素牛 2年以内

(4) 肉専用種(繁殖牛) 5年以内

(5) 肉専用種(素牛) 2年以内

均等年賦償還

(据置1年以内)

漁業機器等

(1) 漁船附属機器等 7年以内

均等年賦償還

(2) 優良漁具資材等 5年以内

均等年賦償還

(据置2年以内)

商工機器等

(1) 機械器具及び装置等 5年以内

均等年賦償還

浜中町産業振興資金貸付条例

平成7年3月17日 条例第8号

(平成22年4月1日施行)