○浜中町農業委員会内規

平成16年4月1日

農業委員会内規第1号

浜中町農業委員会内規

浜中町農業委員会内規(昭和44年4月1日制定)の全部を改正する。

(部会及び特別委員会等の設置)

第1条 浜中町農業委員会(以下「本委員会」という。)は、所掌業務を適格に処理するため内部機関として農政部会並びに農地部会を置き、必要あるときは特別委員会及び調整委員会を設けることができる。

(部会の業務分掌及び委員の定数)

第2条 各部会の業務分掌及び委員の定数は次のとおりとする。ただし、必要があると認めるときは、会長が本委員会に諮って変えることができる。

1 農政部会 定員6名

(1) 農業委員会の事業計画及び予算に関する事項

(2) 農業近代化のための計画の樹立及び推進に関する事項

(3) 関係機関連絡連携に関する事項

(4) その他の農地部会の業務に属さない事項

2 農地部会 定員6名

(1) 農地等の利用関係についてのあっせん及び争議の防止に関する事項

(2) 農地法、土地改良法、その他の法令によりその権限に属させた事項

(3) 農業金融に関する事項

(特別委員会、調整委員会の業務分掌及び委員の定数)

第3条 特別委員会並びに調整委員会の業務分掌及び委員の定数は、設置の都度会長が本委員会に諮って決める。

(部会、特別委員会及び調整委員会の委員の任期)

第4条 部会の委員の任期は、農業委員の任期と同様とする。

2 特別委員会及び調整委員会の委員の任期は、当該委員会が存する期間とする。

3 前2項の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員の選任)

第5条 部会、特別委員会及び調整委員会の委員は、会長が本委員会に諮って決める。

2 部会及び特別委員会の審査又は調査に関し特に必要があるときは、会長は本委員会に諮って学識経験者若干名を定数外の委員に委嘱し、意見を求めることができる。

(部会長及び委員長)

第6条 部会に部会長及び副部会長を、特別委員会並びに調整委員会に委員長を置く。

2 正副部会長及び委員長は、委員の互選により選任する。

3 正副部会長及び委員長が欠けたとき又は事故あるときは、委員が互選した者が代理する。なお、委員長の職務を代理する者は、あらかじめ互選しておくことができる。

(招集)

第7条 部会、特別委員会及び調整委員会は、部会長又は委員長が招集する。

2 部会、特別委員会及び調整委員会を招集するときは、予め会長に通知しなければならない。

3 委員選任後の最初の部会、特別委員会及び調整委員会は、会長が招集する。

(定足数)

第8条 部会、特別委員会及び調整委員会は、委員定数の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。ただし、第10条の事由があるときはこの限りでない。

(表決)

第9条 部会、特別委員会及び調整委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは部会長又は委員長の決するところによる。

2 前項の場合、部会長及び委員長は委員として議決に加わることができない。

(除斥)

第10条 正副部会長、委員長及び委員は、自己または同居の親族、若しくはその配偶者に関する事項については、その議事に参与することができない。

(報告)

第11条 部会長は部会の、委員長は特別委員会及び調整委員会の経過及びその結果を本委員会に報告して承認を得なければならない。

(記録)

第12条 部会長及び委員長は、会議の次第及び出席委員の氏名等、必要な事項を記録しておかなければならない。

(準用規則)

第13条 この内規に定めるもののほか、部会、特別委員会及び調整委員会の会議に関しては、浜中町農業委員会会議規則(平成16年農業委員会規則第1号)を準用する。

附 則

この内規は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年6月29日農委訓令第1号)

この訓令は、平成17年7月20日から施行する。

附 則(平成28年11月30日農委訓令第3号)

この訓令は、平成28年12月1日から施行する。

浜中町農業委員会内規

平成16年4月1日 農業委員会内規第1号

(平成28年12月1日施行)