○浜中町新規就農者誘致条例施行規則

平成3年4月1日

規則第7号

浜中町新規就農者誘致条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、浜中町新規就農者誘致条例(平成3年条例第6号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(新規就農予定者の登録)

第2条 条例第3条に規定する新規就農予定者認定の登録を受けようとする者は、新規就農予定者認定登録申請書(別記第1号様式)による認定登録申請書を、提出しなければならない。

2 町長は前項の申請書を受理したときは、新規就農予定者認定の可否について決定し、申請者に通知するものとする。

3 新規就農予定者の実習期間は、1年以上とする。ただし、町長が特に認めた場合はこの限りではない。

(新規就農者認定申請)

第3条 条例第4条に規定する新規就農者の認定を受けようとする者は、新規就農者認定申請書(別記第2号様式)の認定申請書を、町長に提出しなければならない。

(認定)

第4条 町長は、条例第5条に規定する新規就農者認定申請書を受理したときは、関係団体の意見を聞いて認定の可否について決定する。

2 前項の規定により認定すると決定したものについては新規就農者認定通知書(別記第3号様式)により、又認定しないと決定したものについては、新規就農者不認定通知書(別記第4号様式)により、その旨を申請者に通知するものとする。

(奨励金等の申請)

第5条 条例第6条に規定する奨励金等優遇措置を受けようとする新規就農者は、町長の指定する期日までに新規就農奨励金交付申請書(別記第5号様式)、新規就農利子補給金交付申請書(別記第6号様式)により交付申請書を町長に提出するものとする。

(相続・譲渡等の変更届)

第6条 条例第8条に規定する相続・合併・譲渡等により奨励金等の受給者に変更を生じたときは新規就農者認定変更登録申請書(別記第7号様式)を町長に提出し、承認を受けなければならない。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年7月10日規則第35号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際現に交付されているこの規則による改正前の様式による証明書等は、この規則による改正後の様式による証明書等とみなす。

3 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の規則に基づいて作成されている用紙がある場合においては、この規則による改正後の規則の規定にかかわらず、平成10年3月31日までの間使用することを妨げない。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

浜中町新規就農者誘致条例施行規則

平成3年4月1日 規則第7号

(平成9年7月10日施行)