○浜中町ヒグマ駆除等対策実施規則

平成19年3月30日

規則第7号

浜中町ヒグマ駆除等対策実施規則

(趣旨)

第1条 この規則は、本町内に出没したヒグマが人、家畜、農林水産物等に被害を与え又は被害を与えるおそれのある場合において、ヒグマの追い払いまたは殺傷(以下「駆除等」という。)をするための対策(以下「駆除等対策」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(実施機関及び協力機関)

第2条 駆除等対策の実施機関は、浜中町とする。

2 駆除等対策の協力機関(以下「協力機関」という。)は、次のとおりとする。

(1) 北海道釧路総合振興局

(2) 北海道釧路方面厚岸警察署

(3) 北海道猟友会厚岸支部浜中分会

(駆除等従事者)

第3条 町長は、駆除等対策を実施するにあたり、あらかじめ鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)第9条第1項及び鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則(平成14年環境省令第28号)第7条の規定により北海道知事の許可を受けてヒグマの駆除等を行う者(以下「駆除等従事者」という。)を委嘱するものとする。

(駆除等対策措置)

第4条 町長は、ヒグマが出没の通報があり、緊急に駆除等対策が必要と認めた場合は、協力機関に連絡し、ヒグマによる危害防止のため必要な措置を講ずるものとする。

(出動)

第5条 町長は、ヒグマが出没した場合は、協力機関と協議のうえ、駆除等の必要があると判断したときは、駆除等従事者に出動の要請をする。

2 前項の要請を受けた駆除等従事者は、町長の指示に従い駆除等業務に出動するものとする。

(駆除等従事者の出動報酬等)

第6条 町長は、駆除等従事者の出動に対し、別に定めるところにより報酬を支給するものとする。

2 駆除等に用いる猟具等で町長が提供するもの以外は、駆除等従事者が用意するものとする。

(危険防止及び法令等の遵守)

第7条 駆除等従事者は、出動時において、危険防止に努めるとともに、関係法令等の規定を遵守し、事故の防止に万全の措置を講ずるものとする。

(損害の賠償)

第8条 駆除等対策の実施時において、駆除等従事者が第三者に対し損害を与えた場合は、駆除等従事者が加入している保険等で賠償するものとし、保険等のてん補限度額を超える責任部分については、町が賠償する。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日規則第11号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

浜中町ヒグマ駆除等対策実施規則

平成19年3月30日 規則第7号

(平成22年4月1日施行)