○浜中町請負工事検査要領

平成29年3月31日

訓令第4号

浜中町請負工事検査要領

(総則)

第1条 浜中町の発注に係る請負工事に関する地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の2第1項の規定に基づく検査の実施は、法令等の定めるところによるほか、この要領に定めるところによるものとする。

(検査の種類及び目的)

第2条 検査の種類及びその目的は、次の各号によるものとし、それぞれ当該各号に定める場合において実施するものとする。

(1) 工事完成検査

工事請負契約の定めに基づき、受注者から工事完成の通知があったときに行う検査で、原則として、受注者から工事目的物の引渡しを受け、請負代金を支払う。

(2) でき形部分等検査

工事請負契約の定めに基づき、受注者からでき形部分等確認請求があったとき、又は契約を解除した際において工事のでき形部分があったときに行う検査で、契約を解除した際に行う場合は、契約書に基づき受注者からでき形部分の引き渡しを受け、当該でき形部分の代金を支払う。

(3) 指定部分検査

工事請負契約の定めに基づき、受注者から指定部分の工事完成の通知があったときに行う検査。

(4) 跡請保証部分検査

跡請保証に付した工事につき、当該跡請保証期間が満了したときに行う検査で、原則として跡請保証金を返還する。

(5) 跡請保証部分修補工事完了検査

跡請保証に付した工事につき補修工事の施工を請求した場合において、受注者から当該補修工事に係わる跡請保証部分補修工事完了の通知があったときに行う検査で、原則として跡請保証金を返還する。

(6) 中間検査

工事途中において、町長が特に必要があると認めたときに、工事実施状況、でき形及び品質等について、契約が適正に履行されていることを確認し、工事の手戻りを防ぎ、技術的指導による技術水準の向上及び工事完成検査の効率化を図るために行う検査で、対象工事、実施時期については、別記(中間検査実施基準)による。なお、中間検査で確認したでき形部分については、施工状況から再度の確認が必要な場合を除き、完成検査時の確認を省略することができる。

(7) 部分使用検査

工事途中において、町長が工事目的物の全部又は一部を使用する必要が生じた場合に行う検査で、受注者と部分使用にかかる部分の承諾について認識の相違がないよう、確認事項を書面化する。

(8) かし修補工事完了検査

工事完成後にかしが発見され、その修補工事の完了を確認するために行う検査で、被修補請求者と受渡書の取り交わしを行う。

(検査員の任命)

第3条 町長は、浜中町財務規則(平成25年浜中町規則第5号)第141条の規定に基づき検査員を指定しようとするときは、所属の職員のうちから任命するものとする。

(検査員の心得)

第4条 検査員は、常に正確な資料及び事実に基づき、公正かつ厳正に検査を実施するとともに、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(検査の立会)

第5条 検査員は、検査にあたって、必要に応じ、当該工事に係る工事監督員の立会いを求めることができる。

(検査の準備)

第6条 検査員は、検査にあたって、工事監督員及び受注者に対し、必要な測定要員、用具及び関係資料をあらかじめ準備させるものとする。

(検査の実施)

第7条 検査員は、町長から請負工事の検査を命ぜられたときは、速やかに当該工事が契約図書に定められた出来形や品質等が確保されているかの適否を判定するものとする。

2 検査員は、工事請負契約書において定めた期間内に検査を実施することができない事由が生じたときは、その旨を町長に申し出てその指示を受けるものとする。

(検査の方法)

第8条 検査員は、請負工事の検査に当たっては、工事請負契約書、設計図書その他の関書類に基づき、工事の実施状況、でき形、品質及び出来ばえについて、次の各号に定める検査を行う。

(1) 実施状況の検査

工事目的物が適正な管理のもとで施工されたか否かを確認するため、別表1(工事実施状況の検査留意事項)に掲げる事項に留意して行い、各種の記録(写真及び施工管理記録等)により確認する。

(2) でき形及び品質の検査

検査員は、工事目的物が使用目的を満足するよう定められた規格値内に収まっているか否かを確認するために、工事のでき形及び品質の検査を行うものとする。検査にあたっては、別表2(でき形検査基準)及び別表3(品質検査基準)に基づき行い、各種の記録(写真及び施工管理記録等)と設計図書を対比して合否を判定する。ただし、設計よりでき形が過大であっても、関連する工事又は使用目的若しくは効用上支障がないと認めるときは、合格とする。

(3) 出来ばえの検査

検査員は、工事目的物が美観的に優れ機能的に仕上がっているか否か、出来ばえの検査を行うものとする。検査にあたっては、仕上げ面、とおり、すり付け等の他、色、艶など全般的な外観とともに、機能面についても目視、観察により確認する。

(4) 破壊検査

検査員は、外部からの観察、でき形図、品質管理の状況を示す資料、写真等により、工事目的物のでき形及び品質の適否を判定することが困難な場合は、必要に応じて当該目的物を最小限度破壊し、若しくは分解し、又は試験して検査を行うものとする。

2 営繕工事の検査においては、前項の規定にかかわらず、別表4(建築工事)別表5(電気設備工事)別表6(機械設備工事)に基づき行うものとする。

(工事検査記録簿)

第9条 検査員は、当該工事の検査につき、その検査内容や特筆すべき事項を工事検査記録簿(別記様式第1号)に記載し、町長に提出するものとする。

(検査結果の処理)

第10条 検査員は、請負工事の検査を行ったときは、それぞれ次の各号に定めるところにより処理するものとする。

(1) 工事完成検査

 工事目的物が検査に合格した場合

(ア) 検査員は、工事目的物が工事完成検査に合格したときは、工事完成検査調書を作成し、町長に提出するものとする。この場合において、検査員は当該工事目的物を跡請保証に付する必要があると認めるときは、当該工事完成検査調書にその旨を記載の上、跡請保証に付すべき部分につき跡請保証部分調書を作成し、これに添えるものとする。

 工事目的物が検査に合格しない場合

(ア) 検査員は、工事目的物が工事完成検査に合格しないときは、工事完成検査報告書(別記様式第2号)により町長に報告するものとする。

(イ) 町長は、検査員から工事完成検査報告書による報告を受けたときは、その内容を検討の上、受注者に対し、工事目的物修補(改造)請求書(別記様式第3号)により、一定の期限を定めて当該工事目的物の修補又は改造を請求するものとする。

(ウ) 町長は、受注者が工事目的物の補修又は改造を完了したときは、工事目的物修補(改造)完了通知書(別記様式第4号)により通知を受けるものとする。

(エ) 工事目的物修補(改造)完了の通知を受けた場合における処理は、工事完成の通知を受けた場合の例によるものとする。

(2) でき形部分等検査

 検査員は、当該工事目的物のでき形部分等(契約の解除にかかる場合にあっては、でき形部分に限る。)を確認の上、でき形部分等検査調書及びでき形部分等内訳書を作成し、町長に提出するものとする。

 町長は、検査員から提出されたでき形部分等検査調書及びでき形部分等内訳書を審査の上、その結果をでき形部分等確認通知書により受注者に通知するものとする。

(3) 指定部分検査

 検査員は、指定部分に係る工事目的物が検査に合格したときは、第1号アの例により処理するものとする。

 検査員は、指定部分に係る工事目的物が検査に合格しないときは、第1号イの例により処理するものとする。

(4) 跡請保証部分検査

 検査員は、跡請保証部分につき検査を行ったときは、その結果につき工事完成報告書に跡請保証部分検査であることを付記して、町長に報告するものとする。

 町長は、検査員が当該跡請保証部分につき、修補工事の必要があると認めた記載をしているときは、受注者に対し当該修補工事を請求するとともに、請書を徴するものとする。

(5) 跡請保証部分補修工事完了検査

 検査員は、跡請保証部分に係る修補工事が完了検査に合格したときは、跡請保証部分修補工事完了検査であることを付した工事完成報告書で町長に報告するものとする。

 検査員は、跡請保証部分に係る修補工事が完了検査に合格しないときは、第1号イの例により処理するものとする。

(6) 中間検査

検査員は、工事目的物につき中間検査を行った場合は、その結果を中間検査報告書(別記様式第5号)により町長に報告するものとする。

(7) 部分使用検査

 検査員は、部分使用検査に合格したときは、部分使用検査報告書(別記様式第6号)に当該検査の確認事項を記載し、部分使用にかかる部分の確認事項を記載した部分使用確認書(別記様式第7号)を受注者と取り交わし、これらを町長に報告するものとする。

 検査員は、部分使用検査に合格しないときは、第1号イの例により処理するものとする。

(8) かし修補工事完了検査

 検査員は、かし修補工事検査に合格したときは、かし修補工事検査報告書(別記様式第8号)に当該検査の確認事項を記載し、修補請求者に提出するとともに、被修補請求者と受渡書の取り交わしを行う。

 検査員は、かし修補工事検査に合格しないときは、第1号イの例により処理するものとする。

(検査の中止)

第11条 検査員は、検査の実施にあたり次の各号のいずれかに該当するときは検査を中止し、直ちに町長に報告してその指示を受けなければならない。

(1) 受注者若しくは現場代理人又はその他の使用人が検査の実施を妨害したとき。

(2) 前号の他、検査の実施が困難となったとき。

(緊急措置)

第12条 検査員は、検査にあたりその措置に急を要するものがあるときは、直ちに必要な措置を受注者に指示するとともに、速やかにその旨を町長に報告しなければならない。

(工事施行成績の評定)

第13条 検査員は、工事が完成検査に合格したときは、請負工事施工成績評定表を作成し、町長に提出しなければならない。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

別記(第2条関係)

中間検査実施基準

(目的)

第1条 この実施基準は、重要構造物工事等で、完成検査時に不可視となる部分や施工中の各段階における施工状況、でき形及び品質等について、契約が適正に履行されていることを確認することにより、工事の手戻りを防ぎ、技術的指導による技術水準の向上及び工事完成検査の効率化を図ることを目的とし、浜中町請負工事検査要領(平成29年4月1日施行)に基づく、中間検査の実施に必要な事項を定める。

(対象工事及び実施時期の指定)

第2条 中間検査の対象工事及び実施時期は、原則として、特記仕様書で指定するものとする。

2 前項以外で、中間検査が必要と認められる場合は、工事監督員は町長に検査の実施について要請できるものとする。

(対象工事)

第3条 中間検査の対象工事は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 構造物に欠陥があることで重大な管理上のかしが予想される、又は手戻りが発生すると事業目的に大きな影響を与える重要構造物で、施工部分が水中又は地中に没する等により、完成検査時にでき形、品質の確認が著しく困難と予想される工事

(2) 町長が必要と認めた工事

(検査実施日)

第4条 受注者は、中間検査実施可能日について、その14日前までに工事監督員に報告するものとする。

2 工事監督員は、受注者からの報告後、速やかに町長に中間検査上申書を提出するものとする。

3 町長は、工事監督員からの上申に基づき、検査員を指定し、中間検査実施可能日以降速やかに検査を実施するものとする。

(関係資料の準備)

第5条 工事監督員及び受注者は、検査に際して次に掲げる関係資料を準備するものとする。

(1) 契約図書(契約書、設計図書)

(2) 施工計画書

(3) 工事施工協議簿

(4) 立会・段階確認資料

(5) 品質管理資料(材料承諾願い、品質試験成績表、搬入材料受払簿、品質管理図表、社内検査実施報告書)

(6) でき形管理資料(でき形管理図表、残土処理)

(7) 中間検査時でのでき形図

(8) 工事写真

(9) 中間検査でき形数量調書

(10) その他資料(安全訓練等実施状況報告書、工事旬報、建設副産物、現場発生品、支給材料等)

2 前項の関係資料の内、中間検査でき形数量調書を検査員に提出するものとする。

(でき形部分等検査との関係)

第6条 中間検査の内容ができ形部分等検査に含まれる場合には、中間検査を省略することができるものとする。

別表1(第8条関係)

工事実施状況の検査留意事項

(1) 土木工事等

項目

関係書類

留意事項

チェック欄

契約図書の履行状況

契約図書

その他関係書類

・設計変更の実施状況

・施工計画書の提出時期

施工体制状況

施工計画書

・作業分担と責任の範囲

・施工体制台帳及び施工体系図の整備

工事施工状況

契約図書

施工計画書

工事施工協議簿

その他関係書類

・設計図書の照査の実施

・施工計画書に則った施工方法

・段階確認の適切な実施等

・文書による改善指示又は改造請求の有無

工程管理

計画(実施)工程表

・工程管理状況及び進捗内容

工事旬報


安全管理

契約図書

施工計画書

その他関係書類

・関係法令の遵守状況

・安全教育研修・訓練等の実施状況

・安全に関する請負人の取り組み

・イメージアップの実施内容

環境対策

施工計画書

その他関係書類

・周辺環境(騒音・振動・塵芥・水質汚濁等)への配慮

・建設副産物の適正処理及びリサイクルへの取り組み

施工管理状況

施工計画書

その他関係書類

・社内検査体制及び品質管理体制

・関係書類及び資料整理状況

資材等の承認

承認願い

・設計図書にそった資材等か

支給品及び貸与品

支給及び貸与に関する書類

・支給、受領、使用及び返納の処理状況

現場発生品

「生産物品報告書」等

・発生品の処理状況

別表2(第8条関係)

でき形検査基準

(1) 土木工事

工種

検査内容

検査密度

チェック欄

矢板工

基準高、根入長、変位

(仮設を除く)

施工延長100mにつき1箇所以上

ただし、施工延長100m以下の場合は2箇所以上

法枠工、吹付工、植生工

法長、幅、厚さ、間隔、延長

施工延長100mにつき1箇所以上

ただし、施工延長100m以下の場合は2箇所以上

基礎工

基準高、根入長、偏心量

1基又は1目地間当たり1箇所以上

石・ブロック積(張)

基準高、法長、厚さ、延長

施工延長100mにつき1箇所以上

ただし、施工延長100m以下の場合は2箇所以上

路盤工

基準高、厚さ、幅

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

厚さは1kmにつき1箇所以上

舗装工

厚さ、幅、平坦性

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

厚さは施工面積3,000m2につき1箇所以上コアにより検査

ただし、施工面積3,000m2以下の場合は2箇所以上

地盤改良

基準高、厚さ、幅、延長

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

土工一般(道路、河川)

基準高、法長、幅

堤間、低水路幅(河川)

残土処理量、処理場所

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

鉄筋組立

かぶり、平均ピッチ

(重要構造物の主鉄筋を対象)

1ロット当たり1箇所以上

護岸工(河川)

基準高、法長、延長

(工種により)厚さ、幅、高さ

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

根固工(根固ブロック、沈床、捨石)

基準高、厚さ、幅、延長

施工延長200mにつき1箇所以上

ただし、施工延長200m以下の場合は2箇所以上

浚渫(河川)

基準高、幅、延長

施工延長100mにつき1箇所以上

樋門・樋管、函(管)渠、水門

基準高、厚さ、幅、高さ、延長

樋門・樋管、水門は本体部、呑吐口部ごとに図面の寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

(管)渠は同種構造物ごとに2箇所以上

水門(金物)

部材寸法

主要部材(扉体・戸当り)について、寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

塗装被膜厚

主要部材の任意部分について1箇所以上

堤防護岸、突堤・人工岬、海域堤防(海岸)

基準高、幅、法長、厚さ、高さ、延長

施工延長100mにつき1箇所以上

ただし、施工延長100m以下の場合は2箇所以上

浚渫、埋立、盛土等(海)

(地盤)高、(仕上がり)面積、断面

(仕上がり)面積500m2以下は2箇所以上

面積500m2以上は500m2につき1箇所以上

コンクリート擁壁、水路、側溝

基準高、幅、厚さ、高さ、延長

施工延長100mにつき1箇所以上

ただし、施工延長100m以下の場合は2箇所以上

橋梁下部

基準高、幅、厚さ、高さ、スパン長、変位

スパン長は各スパンごと、その他は構造物1基ごとに図面の寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

鋼橋上部

部材寸法

主要部材について、寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

基準高、支間長、中心間距離、キャンバー

1橋につき3箇所以上

床版、地覆の寸法

図面の寸法表示箇所の任意の部分について1箇所以上

溶接及び架設による歪み

各スパンごと

塗装被膜厚

主要部材の任意部分について1箇所以上

コンクリート橋上部

部材寸法

主要部材について、寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

基準高、支間長、中心間距離、キャンバー

1橋につき3箇所以上

床版、地覆の寸法

図面の寸法表示箇所の任意の部分について1箇所以上

土砂(岩)床掘(漁港)

仕上がり地盤高、延長、幅

延長方向50mにつき1断面以上

法勾配

岩盤床掘法面については、1箇所以上

基礎工、消波工(根固工)(漁港)

仕上がり天端高、法勾配、延長、幅員

施工延長100m未満は3箇所以上

100m以上は50mにつき1箇所以上

函塊・L型・方塊・セルラーブロック製作(漁港)

長さ、幅員、高さ、壁厚、垂直度

函塊については全函

L型・セルラーブロックは5個につき1個以上

方塊は10個につき1個以上

函塊・L型・方塊・セルラーブロック据付(漁港)

据付天端高、法線方向の出入、目地間隔

仕上がりの延長

施工延長100m未満は3箇所以上、100m以上は50mにつき1箇所以上

(函塊等据付個数2個以下の場合はこの限りでない)

堤体工、上部工(漁港)

仕上がり天端高、幅員、延長、法線方向の出入

施工延長100m未満は3箇所以上、100m以上は50mにつき1箇所以上

(施工延長20m未満の場合はこの限りでない)

係船柱及び防舷材取付(漁港)

天端及び取付高さ、取付位置、取付間隔

図面の寸法表示箇所の任意部分について1箇所以上

区画線工

幅、延長

各線種毎に1箇所以上

その他の構造物

工種に応じ、基準高、幅、厚さ、高さ、深さ、法長、長さ等

同種構造物ごとに、構造物の寸法表示箇所の任意部分

注)上記検査密度を標準とするが、工事内容を勘案し、必要に応じて検査密度及び実測の頻度を上げて検査を実施するものとする。

(2) 上下水道工事

工種

検査内容

検査密度

チェック欄

上水道

埋設状況、仕切弁等の設置状況

路線毎

下水道

管底高、縦断勾配、延長

路線毎

※ その他土木工事と共通事項については、(1)土木工事による。

別表3(第8条関係)

品質検査基準

(1) 土木工事

工種

検査内容

検査方法

チェック欄

共通

材料

品質及び寸法は、設計図書と対比して適切か

イ 観察又は品質証明により検査する

ロ 場合により実測する

構造物の機能

構造物又は附属設備等の性能は、設計図書と対比して適切か

イ 主に施工管理記録及び観察により検査する

ロ 場合により実測する、又は実際に操作してみる

土工

イ 土質、岩質は、設計図書と一致しているか

イ 主に施工管理記録及び観察により検査する

ロ 支持力又は密度は、設計図書と対比して適切か

ロ 場合により実測する

基礎工

イ 支持力は、設計図書と対比して適切か

イ 主に施工管理記録及び観察により検査する

ロ 基礎の位置、上部との接合等は適切か

ロ 場合により実測する

無筋・鉄筋コンクリート

コンクリートの強度、スランプ、塩化物総量値、アルカリ骨材反応対策等は、設計図書と対比して適切か

イ 主に施工管理記録及び観察により検査する

ロ 場合により実測する(シュミットハンマー等で確認)

路盤工

イ 路盤材料の粒度は、設計図書と対比して適切か

イ 主に施工管理記録及び観察により検査する

ロ 支持力又は締固の密度は、設計図書と対比して適切か

ロ 場合により実測する

アスファルト舗装

アスファルト使用量、合成粒度、密度及び舗設温度は設計図書と対比して適切か

イ 主に既に採取されたコア及び現地の観察並びに施工管理記録により検査する

ロ 場合により実測する

路床安定処理、表層混合処理

締固の密度は、設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

固結工

試験結果が設計図書の規格値を満足しているか

施工管理記録により検査する

アンカー工

イ モルタルの特性は、設計図書と対比して適切か

イ 主に施工管理記録により検査する

ロ 設計アンカーカに対して十分に安全か

ロ 場合により実測する

補強土壁工

締固の密度は、設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

吹付工、現場吹付法枠工

コンクリートの強度は設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

ロックボルト

イ モルタルの特性は、設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

ロ 引抜き荷重が設計図書の規格値を満足しているか

溶接工

溶接にかかる各試験の結果が設計図書の規格を満足しているか

施工管理記録及び観察により検査する

場所打ち杭

コンクリートの強度は設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

ポステンPC桁

グラウトの特性及びプレストレッシング管理が設計図書と対比して適切か

施工管理記録により検査する

植栽工

高木、中低木の寸法は設計図書の規格を満足しているか

実測により検査する

注 施工管理記録には、品質証明書、試験成績書、工事記録写真を含む。

(2) 上下水工事

工種

検査内容

検査方法

チェック欄

上下水道

材料

イ 品質及び寸法は、設計図書と比較して適切か

観察、品質証明により検査する

ロ 仕様書に明示された規格の「認定標章」の表示があるか、または同等以上の材料となっているか

※ その他土木工事と共通事項については、(1)土木工事による。

別表4(建築工事)(第8条関係)

工種

検査項目

検査の要点

検査方法

1章 一般共通事項

1節 一般事項

写真

現場

検査資料


□ 設計図書に基づく工事

図面と標準仕様書照合(特記仕様書含む)



□ 設計図書

□ 現場の納り、取合い等

設計変更は適切におこなわれているか確認



□ 設計変更図書

□ 発生材の処理

発生材の数量及び引き渡し状況


□ 発生材調書

□ 施工計画書

□ 産業廃棄物の処理

各廃棄物の種別に対する処理業者及び運搬業者の資格



□ 登録証明書

処理方法、数量、廃棄場所及び運搬方法


□ 受入伝票(マニフェスト)


2節 工事現場管理


□ 工事現場管理体制

各届け出書類の確認



□ 施工計画書

□ 安全衛生管理体制

仮設物残材及び工具の撤去、清掃



□ 後片づけ

建物廻りの整地




3節 材料


□ 材料搬入の管理体制

種別ごと監督員の検査及び報告の確認



□ 材料搬入検査簿

搬入量及び使用量と設計数量の比較



□ 納品書


4節 施工


□ 施工管理体制

施工一工程完了後検査及び報告の確認



□ 施工体制台帳

□ 社内検査





□ 社内検査報告書


5節 記録


□ 記録等の整備

監督員の指示並びに承認事項及び軽微な設計変更の把握



□ 打合せ記録簿

□ 完成図書の整備

完成図の調整



□ 完成図

□ 完成受渡し

鍵及び建物保全及び各種機器取り扱いに関する説明書等引き渡し確認



□ 工事受渡一覧表

2章 仮設工事

1節 縄張り、遣り方、足場


□ ベンチマーク

設置有無の確認


□ 遣り方

建物の位置及び高さの表示



□ 足場その他(指定仮設)

足場、仮囲い並びに仮設道路の構造及び各部の寸法


□ 施工計画書及び施工図


2節 仮設物


□ 危険物貯蔵庫

建築物からの離れ、防火構造、表示等確認



□材料置場等表示板

監督員詰所、工事標識及び仮設電気施設等確認


□ 施工計画書


3節 仮設物撤去



撤去跡の整地及び清掃、地均し等の状況の確認


3章 土工事

1節 根切り・埋戻し


□ 埋戻し及び盛土

整地、締め固め度及び種別

□ 土質標本

□ 根切り

直接基礎の支持地盤



□ 発生土処理

処分方法及び蓄積又は敷均状況



□ 構外搬出

運搬量、運搬経路、捨土場所及び協議書


□ 施工計画書


2節 山留め



工法及び各部の寸法


□ 施工計画書

山留め材の品質並びに規格及び寸法


□ 品質証明書

4章 地業工事

1節 杭地業(一般)


□ 材料

杭材料及び溶接材料等の品質、規格確認


□ 品質証明書

□ 支持力

支持耐力及び打込長さ確認及び支持地盤の確認


□ 杭打報告書

□ 土質標本等

□ 施工状況

基準高、本数、間隔、打込長さ、鉛直度の確認


□ 杭打報告書

杭頭の切揃え状況


□ 杭の芯ずれ調書

偏心に対する補強


□ 補強部分構造計算書

継杭施工の適否


□ 施工計画書

□ 施工要領書

□ その他特殊杭

共通仕様書及び杭打業者(メーカー)の施工要領書対比確認



□ 施工要領書


2節 セメントミルク工法


□ 注入液

注入液品質・規格及び調合


□ 調合表

注入液の使用量及び強度



□ 圧縮強度試験報告書

□ 支持力

支持地盤及び支持力、電流計測



□ 杭打報告書

□ 汚泥処理

汚泥処理の方法、廃棄場所、運搬量及び運搬経路


□ 受入伝票(マニフェスト)


3節 試験杭


□ 支持力及び支持地盤

各工法、杭の種別等施工を記録により確認


□ 杭打報告書


4節 割石・砂利地業


□ 材料

砂利の品質及び規格


□ 品質証明書

□ 試験成績書

□ 施工状況

各部の寸法及び転圧



防湿層の位置及び材質確認


□ 品質証明書


5節 捨コンクリート


□ 施工状況

骨材及び調合確認



□ 配合計画書

5章 鉄筋工事

1節 材料


□ 規格

鉄筋(異形)及び溶接金網の品質と規格



□ ミルシート

□ 鉄筋ラベル

□ 保管

整頓、養生等保管状況確認




2節 加工及び組立


□ 施工状況

設計図書に指定された寸法及び形状確認

(配筋状況、本数、ピッチ、鉄筋のあき、継手、定着、フック、各部補強及び被り)


□ 施工図

継手は、重ね継手かガス圧接継手か(柱、梁の主筋)確認



アーク溶接の確認




3節 ガス圧接


□ 資格

圧接工の資格



□ 資格証明書

□ 施工状況

圧接部の事前処理及び施工時の天候


□ 施工要領書

□ 週報

□ 検査

外観検査(圧接部のふくらみ及び軸心の状況)


□ 外観検査報告書

□ 試験

超音波探傷試験及び引張試験


□ 試験報告書

6章 コンクリート工事

1節 材料


□ コンクリートの規格

セメント、骨材、水、混和材の品質と規格



□ 品質証明書

□ 配合計画書

□ セメントの種類

レディーミクストコンクリートの種別確認



□ 品質証明書

□ 品質管理

設計基準強度を確認



□ 品質証明書

□ 調合

計画調合の品質(強度、ワーカビリティー塩化物の含有量等)



□ 配合計画書

□ 型枠材の規格

型枠せき板及び型枠構成材の品質と規格


□ 施工要領書

□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法及び欠点(じゃんか又は空洞)



通り及びコンクリート面の状況



3節 施工


□ コンクリートの打設

打設(打込み、締固め)の状況



養生(打込み、締固め)の状況


打継目の状況



□ 暑中・寒中コンクリート

養生、管理状況


□ 施工要領書

□ 温度管理の記録書


4節 試験



空気量、コンクリートの湿度、スランプ及び塩化物量



□ 各種試験報告書

強度及び単位容積積重量



□ 圧縮強度試験

7章 鉄骨工事

1節 材料


□ 品質・規格

鋼材、ボルト、溶接材料及び防錆塗装等の品質及び規格


□ 品質証明書

□ ミルシート


2節 仕上げ



各部の寸法



通り及び化粧面の状況



エンドタブの処理




3節 施工


□ 資格

製造工場、施工管理技術及び溶接工の資格



□ 資格証明書

□ 建方

継手、仕口、アンカー部、アンカーボルトの埋込工法及び摩擦面の処理

□ 施工図

□ 溶接

溶接の仕口、継手及び施工時の天候

□ 施工図

□ 週報

□ 防錆塗装

素地ごしらえ及び塗り回数



□ 施工計画書

□ 防火被覆

ラス張りモルタル塗り、耐火材吹付け、耐火板張りのいずれか確認



4節 試験



ボルトの締め付け度・マーキング



□ 試験結果報告書

溶接部の検査(超音波探傷、外観)



□ 試験結果報告書

8章 ブロック・ALCパネル・PCカーテンウォール工事

1節 材料



ブロック、レンガ、ALCパネル、PC版の品質


□ 品質証明書

鉄筋等の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法、通り、目地及び化粧面の状況




3節 施工


□ 補強コンクリートブロック

目地と充填モルタル確認


□ 施工要領書

一日の積み上げ高さ及び埋込配管等の補修



寒冷時養生



□ PC版

取付け金物及び充填モルタルの状況

□ 施工要領書

□ ALCパネル

溝堀り、穴あけ加工、取付け金物の状況

□ 施工要領書

充填モルタル及びパネルの補修状況

□ 施工要領書

9章 防水工事

1節 材料

(1) 防水工事


ルーフィング及びアスファルト類の品質、規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



欠点(ふくれ及びしわ等)及び伸縮目地の状況



3節 施工



下地、各工程及び各部納り(立上げ、ドレーン回り、隅部及び重ね等)


□ 施工要領書

ウレタン・アスファルト等の塗布量



□ 出荷証明書

□ 納品書

(2) シーリング工事

4節 材料



シーリング、プライマー及びバックアップ材の品質及び規格


□ 品質証明書

□ 試験成績書


5節 仕上げ



形状寸法、欠点(はみだし、打ち残し及び気泡等)




6節 施工



下地、シーリングの接着力、工程及び施工時の天候



10章 石工事

1節 材料



材料は見本品により確認


□ 見本品

石材類の品質及び規格


□ 品質証明書

取付け金物等の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法

□ 施工図

各部の納り、通り、目地及び化粧面の状況




3節 施工



種別、形状及び施工場所の確認

□ 施工図

下地、金物の取付状況



モルタル及び充填モルタルの確認


□ 施工図

11章 タイル工事

1節 材料



タイルの品質及び規格(モザイクタイル、内装タイルは規格品)


□ 品質証明書

モルタルの調合(原則は機械練り)


□ 調合表


2節 仕上げ



通り、目地、割付け及び欠点(うき、ひび割れ等の状況)


□ テストハンマーによる打撃検査


3節 施工



各工程、下地モルタル及び張付けモルタル



4節 試験



タイルの接着力


□ 接着力試験報告書

12章 木工事

1節 材料



木材の材種、等級、寸法及び乾燥状況JAS規格品


□ 品質証明書

□ 含水率試験

金物類及び接着剤等の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法、納り、欠点(節穴、ヤニつぼ、反り、割れ及び欠け等)及び化粧面の状況


□ 施工図


3節 施工



継手、仕口、各部補強

□ 施工要領書

腐食処理

□ 施工要領書

金物類の防錆処理

□ 施工要領書

13章 屋根工事

1節 材料



鉄板、タイトフレーム、吊子及びルーフィング等品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



葺き工法及び各部(棟、軒先ケラバ及び外壁との取合い部等)の納まり

□ 施工要領書


3節 施工



ルーフィングの敷き方並びに重ね、吊子のピッチ及び波型鉄板の重ね


□ 施工要領書

14章 金属工事

1節 材料



金属製品の品質及び規格


□ 品質証明書

表面処理の品質及び規格


□ 規格証明書


2節 仕上げ



各部の寸法


□ 施工図

各部の納まり及び化粧面の状況



3節 施工



取付施工状況


防錆処理及び詰めモルタルの状況


15章 左官工事

1節 材料



セメント、骨材、プラスターの品質及び規格


□ 品質証明書

仕上げ塗材、吹付け材及びロックウール吹付け材の品質及び規格


□ 品質証明書

モルタル及び石膏プラスターの調合


□ 配合報告書


2節 仕上げ



通り、欠点(浮き及びクラック)及び化粧面の状況


□ テストハンマーによる打撃検査


3節 施工



下地、各工程、塗厚、開口部廻りの詰めモルタル及び寒冷時施工


□ 施工要領書

仕上塗材の塗布量


□ 納品書

16章 建具工事

1節 材料

(1) アルミニウム建具


アルミ材及び表面処理の品質及び規格


□ 品質証明書

アルミ建具の耐風性、気密性


□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法、機能及び防火戸


□ 施工要領書


3節 施工



アンカー(間隔測定、溶接)


□ 施工図

(2) 鋼製建具

4節 材料



鋼材、ステンレス及び防錆塗料の品質及び規格


□ 品質証明書

□ ミルシート


5節 仕上げ



各部の寸法、機能及び防火戸


□ 施工要領書


6節 施工



アンカーピッチ及び各部の補強防錆塗装の各工程、素地ごしらえ


□ 施工図

(3) 木製建具

7節 材料



木材の材種、等級及び乾燥状況


□ 品質証明書

□ 含水率報告書


8節 仕上げ



各部の寸法及び機能


□ 施工図

欠点(反り及びきず等)の状況




9節 施工



建具の構造


□ 施工図

(4) 自動扉

10節 閉鎖機構、機能



手動性、開き力、閉鎖作動中の閉じ力、センサーの検知範囲の適正


□ 施工要領書


11節 機能及び耐久性



開閉力(トルク)、速度、絶縁抵抗、対電圧、作動、電圧及び耐久性


□ 各種試験報告書

(5) シャッター

12節 安全装置



リミットスイッチ及び安全スイッチ(電動式)

□ 施工要領書

ガバナスイッチ(重量シャッター丁番)


(6) 建具用金物

13節 材料



ヒンジ、レール、戸車、ロック類及びその他金物の品質及び規格


□ 品質証明書


14節 仕上げ



機能及び取付け状況



(7) 建具全般

15節 開閉の作動状態



開閉の作業状況の検査


□ 開閉作動状況報告書

17章 ガラス工事

1節 材料



ガラス、留め材等の品質及び規格



□ 品質保証書


2節 仕上げ



留め材の取付け及び清掃状況




3節 施工



溝の大きさ、水抜き穴(複層、網入り)切断面の防錆処理


□ 施工図

18章 塗装工事

1節 材料



塗装材の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



欠点(色むら及び変色等)化粧面の状況




3節 施工



各部の種別ごとの素地ごしらえ各塗り工程


□ 施工要領書

塗料種別ごとの工法(工程、塗料、塗布量)

□ 見本塗板

防火材料の指定のある場合認定表示の確認


19章 内装工事

1節 材料



主材、釘及び接着剤の品質及び規格


□ 品質証明書

□ 施工要領書

通り、欠点(不陸、目違い、浮き及びたるみ等)及び化粧面の状況



釘のピッチ及び目地



2節 施工



各下地の状況(木製、モルタル、コンクリート、及びジョイントボード等)の状況


□ 施工要領書


3節 断熱・結露防止



断熱材及び断熱インサート類の品質及び規格



□ 品質証明書

断熱材の厚さの確認


欠損部(型枠緊張用ボルトとコーンの撤去跡、配管


貫通部及び埋込みボックス部等)の補修及び開口部周囲の断熱処理

20章 舗装工事

1節 材料



路盤材、舗装構成材及びコンクリート製品等の品質及び規格



□ 品質証明書

舗装材の配合(アスファルト舗装)及び調合(コンクリート舗装)



□ 配合表

□ 調合表


2節 仕上げ



各部の寸法、高さ、勾配等確認


□ 出来形図

仕上げ面の状況及び伸縮目地等確認




3節 施工



各層の厚さ、締固め度、各工程の施工状況


□ 施工要領書

□ 気密試験

施工機械及びアスファルトの施工温度



□ 出来形管理報告書

各材料(骨材、乳剤、アスファルト及びコンクリート製品等)の使用量


□ 材料搬入検査簿

□ 納品書


4節 試験



アスファルト各層の厚さ及び密度並びに舗装材の配合



□ 切取り試験

21章 植栽工事

1節 材料



種子、肥料、土質改良材及び客土等の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



樹種、樹高及び幹廻り



葉張り、樹姿及び枝葉の状況



添木の状況



芝の種類、生育、粗密及び芝ぐしの状況




3節 施工



はち土、根巻き、運搬方法、植付け及び養生


□ 施工要領書

芝張付け及び吹付け状況



22章 排水工事

1節 材料



管類、桝及び蓋類等の品質及び規格


□ 品質証明書


2節 仕上げ



各部の寸法、管の勾配、流末、詰めモルタル及びインバート

□ 透水試験


3節 施工



山留め、地業、埋戻し及び継手


□ 施工要領書

23章 排水工事

1節 コーナービート、滑止め、その他



コーナービート、階段滑止め、鏡及び黒板の品質及び規格


□ 品質証明書

取付け状況


□ 施工図


2節 貫通孔その他



スリーブに用いる材料の品質及び規格



□ 品質証明書

取り付け状況




3節 カーテン



布地の品質及びレール等の品質及び規格


□ 品質証明書

防炎処理の確認




機能、寸法、加工法(ひだの形状、幅継ぎ加工等)及びブラケットの間隔




4節 ブラインド



ブラインドの品質及び規格


□ 品質証明書

機能及び取付け状況





5節 砂利敷き



砂利敷きの種別及び砂利の品質



各部の寸法、地業及び基礎




6節 間知石及びコンクリート間知ブロック



石及びコンクリートブロックの品質及び規格


□ 品質証明書

各部の寸法及び水抜き


化粧面及び目地の状況




7節 間知石及びコンクリート間知ブロック



土工、地業、基礎



□ 品質証明書

裏込めコンクリート、裏込み材、水抜き管等



一日の積み上げ高さ及び寒冷時施工




別表5(電気設備工事)(第8条関係)

工種

検査項目

検査の要点

検査方法

1章 一般共通事項

(1) 一般事項

写真

現場

検査資料


□ 設計図書

優先順位 ①特記仕様書②図面③現場説明書④質問回答書⑤標準仕様書⑥標準図



□ 特記仕様書

□ 図面

□ 手続き

官公署その他への届出書(通産局関係・電力会社・電話局・消防署)



□ 提出書類

□ 消防検査済書

□ 発生材

処理方法

(PCB使用機器の保管方法)


□ 発生材調書

□ 産業廃棄物の処理

各廃棄物の種別に対する処理業者及び運搬業者の資格



□ 登録証明書

処理方法、数量、廃棄場所及び運搬方法


□ 受入伝票(マニフェスト)

□ 施工管理

現場施工体制

(現場職員構成・工種別責任者・緊急時の連絡体制)



□ 施工計画書

現場管理体制(安全衛生責任者)




現場仮設計画(仮設建物・大型機器の搬入方法)




社内検査



□ 社内検査報告書

□ 工程

実施工程表(仮設期間・書類提出時期・試験調整期間・受電日・機器据付時期・各種試験時期)




□ 記録

材料搬入報告書(搬入時期・試験成績表)



□ 材料搬入簿

□ 証明書・カタログ

工事打合わせ記録簿(監督員との協議事項)



□ 打合せ記録簿

週報




自主検査記録(請負会社の手直し指摘事項)




工事写真(営繕工事記録写真撮影要領)




機器試験成績表(種目・項目・試験器具)



□ 内容の確認

□ 完成図

保全に関する資料(資料機器取扱説明書)



□ 指導案内書

□ 総合調整

各機器相互間の調整



□ 総合調整計画書

□ 測定表

2章 共通事項

(1) 配管配線工事


□ 材料

規格(JIS)品質等の確認


□ 品質証明書(見本・カタログ)

保管方法と錆の発生、キズ等の状況



□ 仕上げ

各部の寸法、納まり、塗装



□ 施工

配管及びラック等の支持と取付間隔の確認


配管及びケーブル配線は水管、ガス管、若しくはこれらに類する物等との離隔確認


防火区画貫通部分の耐火処理の確認


電線、ケーブル等の行先表示、回路名、ケーブルサイズの標識確認


□ 試験

絶縁抵抗・接地抵抗の各試験




(2) 塗装及び防錆工事


□ 材料

塗装は建築工事共通仕様書第17章(塗装)による品質及び規格



□ 仕上げ

壁、床貫通部の処理




見切り箇所、見切り部端面の処理




欠点(色むら及び変色等)及び化粧面状況




□ 施工

塗装の種別、材料、施工順序



□ 施工要領書

作業環境




下地処理方法、種別、塗り回数




(3) 機械設備工事


□ 材料試験

機械設備工事共通仕様書による



□ 施工要領書


(4) 関連工事


□ 土工事

特記以外は、建築工事標準仕様書 第3章



□ 施工要領書

□ 地業工事

特記以外は、建築工事標準仕様書 第4章



□ 施工要領書

□ コンクリート工事

特記以外は、建築工事標準仕様書 第6章



□ 施工要領書

□ 左官工事

特記以外は、建築工事標準仕様書 第15章



□ 施工要領書

□ 鋼材工事

特記以外は、建築工事標準仕様書 第14・20章



□ 施工要領書

3章 電力設備工事

(1) 架空・地中電線工事


□ 材料

規格(JIS)品質等の確認


保管方法と錆の発生、キズ等の状況



□ 施工

架線の状況(高さ、弛度)


建柱の位置、根入れ、基礎、支柱及び支線等の状況(電力会社等の引込位置と財産及び責任分解点の確認)


電柱に番号札と使用設置名札の取付確認


耐塩又は重耐塩地区の確認

□ 品質証明書

地中配線の掘削幅、深さ及び埋戻方法の確認



マンホール、ハンドホール内のケーブルの余長と、支持及び各ケーブルの離隔状況


埋設標、埋設標識の確認


電線、ケーブルに行先表示と種別の標識取付確認


□ 試験

絶縁抵抗、接地抵抗、高圧耐電圧試験


□ 成績表


(2) 機器取付工事


□ 材料

配線器具、照明器具及び付属品の材質、形状は規格(JIS)に適合しているか


保管方法と錆の発生、キズ等の確認



□ 仕上げ

機器の清掃



□ 施工

スイッチ、コンセント等の取付高



特殊用途、スイッチ、コンセントのプレートに電圧相数電流要領の表示


□ 施工要領書

器具の配置と取付状況及び低消費電力型蛍光灯(PS)の使用場所の確認



外灯ポールの塗装ムラ及び安定器等との接地方法


分電盤、制御盤等の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造月日、JV名)



箱体が歪んで取付いていないか、及び接地の確認)



ガータースペースの電線整理確認



配管等の接続方法と接地確認


太さ14スクゥア以上の電線圧着接続の増締め確認



□ 試験

絶縁抵抗試験


□ 成績表

スイッチの点滅及びコンセントの極性試験



非常用照明の照度測定



□ 成績表

分電盤制御盤は原則工場検査を行っているか



制御盤の動作試験


□ 成績表

電池内臓型器具の場合、停電時の点灯試験




(3) 避雷設備


□ 材料

規格(JIS)、品質等の確認

□ 品質証明書

支持管、支持金物の防錆処理状況


□ 品質証明書

保護管の材質はステンレス管か又は合成樹脂管か



導線の止め金具材質は銅又は黄銅製か



受雷部保護範囲の確認(保護角60°)


棟上導体として利用する手摺、フェンス等は金属体相互を電気的に接続しているか




鋼帯又はアルミ帯を0.6m支持間隔で取付30m以下に伸縮装置を設けているか


導線の支持間隔は垂直1m、水平0.6mか確認



他の工作物との離隔は1.5m以上離れていること


接地極埋設標の確認(施設名)


□ 試験

接地抵抗試験


□ 成績表


(4) 接地


□ 材料

接地極埋設標は黄銅かステンレスで文字は刻記で腐食加工がしてあるか


□ 施工

接地種別の確認、取り忘れ、ゆるみ、サイズの確認



単独か共同の確認



□ 試験

接地抵抗試験


□ 成績表

4章 受変電設備



□ 材料

規格(JIS)品質等の確認


□ 施工

キュービクルの据付、支持、接続状況(基礎の仕上げ)


キュービクルの耐震施工状況


変圧器端子と銅帯との接続には可とう導体を使用しているか確認


変圧器、開閉器等の容量確認



「変電設備」「高圧危険」等の表示板が適切な場所に表示されているか


機器類、プルボックス等の接地と、接地端子箱の種別 表示確認


高圧ケーブルの遮蔽層の接地は良いか


引込用ケーブル、スリーブの防水処理とケーブル保護管の防水処理状況


機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)


□ 成績表

□ 試験

絶縁抵抗、接地抵抗、耐電圧、機構動作、継電器特性シーケンスの各試験


□ 成績表

5章 自家発電設備



□ 材料

規格(JIS)品質等の確認


□ 品質証明書

(社)日本内燃力発電設備協会の認定証票の確認


□ 認定証明票

各機器の据付及び耐震施工状況


防油提及び通気管の解放端の高さ状況


配管の支持方法と間隔の状況


機関との接合は可とう継手を使用しているか


電圧は40秒以内に確立出来るか


□ 成績表

機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)


□ 試験

絶縁抵抗、接地抵抗、耐電圧、継電器特性の各試験


□ 成績表

機関及び発電機の始動、停止試験並びに試運転調整試験の確認


□ 成績表

騒音値測定の確認


□ 成績表

6章 静止型電源装置

(1) 直流電源装置 (2) 交流無停電電源装置(UPS)



□ 材料

畜電池設備認定委員会の認定証票の確認




□ 施工

各機器の据付及び耐震施工の状況




防災用電源の場合耐火配線になっているか




機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)




□ 試験

絶縁抵抗、接地抵抗、充放電の各試験




動作試験




7章 通信・情報設備

(1) 構内交換装置


□ 材料

(財)電気通信端末機器審査協会の認定証票の確認


□ 認定証票

蓄電池は規格(JIS)適合品か

□ 品質証明書

□ 施工

機器の据付及び耐震施工の状況


交換機は大地間と絶縁されているのか



全局線の発着信の確認


□ 成績表

端子盤の端子はハネ付、片ネジ、片ハンダ、線番を明記しているか


機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)


付加機能の確認



畜電池の補償時間と製作年の確認


□ 品質証明書

□ 試験

絶縁抵抗、接地抵抗、耐電圧の各試験


□ 成績表


(2) 電気時計装置


□ 材料

蓄電池は規格(JIS)適合品か


□ 品質証明書

□ 施工

機器の据付及び耐震施工の状況


親時計すべての子時計を標準時刻に合わせているか



配線と機器との接続には端子コネクターで接続しているか



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)


□ 試験

絶縁抵抗試験


□ 成績表

予備電源での正常動作試験


□ 成績表


(3) 拡声装置


□ 材料

非常用放送設備委員会の基準適合ラベルが貼付されているか


□ 認定証票

スピーカー等は規格(JIS)適合品か


□ 品質証明書

□ 施工

機器の据付及び耐震施工の状況


遠隔制御器の作動及び関連機器との連動、作動の確認



非常放送は系統別放送になっているか(一般放送、階別、出火階直上階)



端子接続表の確認



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

絶縁抵抗試験


□ 成績表

非常放送の音量測定値試験


□ 成績表


(4) 表示設備


□ 施工

機器の据付状況


電圧降下は規定値以内か



端子接続表の確認



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

絶縁抵抗試験


□ 成績表

動作試験


□ 成績表


(5) インターホン装置


□ 施工

機器への接続端子、リード線の納まり状況


端子接続表の確認



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

絶縁抵抗、電圧変動試験


□ 成績表

動作試験(呼出確認表示灯、復旧、音量、点字)


□ 成績表


(6) テレビ共同受信装置


□ 材料

アンテナマスト、マスト支持材の亜鉛付着量はJIS規定以上か


□ 品質証明書

□ 施工

受像機の画面は鮮明で見やすいか



アンテナの材質と支持物の取付方法、状況


電障でケーブルと他の外線及び建築物との離隔状況


機器の据付及び耐震施工の状況



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

テレビ端子の電界強度測定


□ 成績表

映像画質評価


□ 成績表


(7) 監視カメラ装置


□ 材料

機器を収容するラック架台の寸法は規格(JIS)は適合しているか


□ 品質証明書

材質は丈夫で耐久性があるか



□ 施工

機器の据付及び耐震施工の状況


カメラの遠隔操作及び映像切替の確認



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

映像出力試験


□ 成績表


(8) 駐車場管制装置


□ 材料

材質は丈夫で耐久性があるか



□ 施工

機器の据付状況


屋外設置には防雨性を有しているか



信号確認可能角度の確認(上下左右30度以内、距離25m以内)



機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

絶縁抵抗


□ 成績表

動作試験(検出)


□ 成績表


(9) 火災報知設備


□ 材料

受信機、発信機、感知器は、日本消防検定協会の合格証票等の確認


□ 合格証票

□ 施工

機器の据付状況


受信機、感知器の作動及び操作状況



区域表示板の確認(受信機、副受信機)


機器の表示プレートの確認(名称、型式、定格、製造者、製造年月、JV名)



□ 試験

消防試験済証の確認


□ 検査済証

絶縁抵抗試験


□ 成績表


(10) 自動開閉装置


□ 材料

機器は日本建築センターの性能評定


□ 認定マーク

□ 施工

機器の据付状況


装置は通電作動形になっているか


□ 品質証明書

□ 試験

動作試験(煙感知器)


□ 成績表


(11) 非常警報装置


□ 材料

機器は非常警報設備認定証票が貼付されているか


□ 認定証票

□ 施工

装置の据付状況


□ 試験

絶縁抵抗試験


□ 成績表


(12) ガス漏れ警報装置


□ 材料

中継器は日本消防検定協会の合格証票が貼付されているか


□ 検査証票

検知機は日本ガス機器検査協会、又は高圧ガス保安協会の合格証票が貼付されているか


□ 検査証票

□ 施工

装置の据付状況


□ 試験

受信機の性能試験


□ 成績表

別表6(機械設備工事)(第8条関係)

工種

検査項目

検査の要点

検査方法

1章 一般共通事項

(1) 一般事項

写真

現場

検査資料


□ 設計図書

優先順位 ①特記仕様書②図面③現場説明書④質問回答書⑤標準仕様書⑥標準図



□ 特記仕様書

□ 図面

□ 手続き

官公署その他への届出書

(通産局関係・電力会社・電話局・消防署)



□ 提出書類

□ 消防検査済書

□ 発生材

処理方法

(PCB使用機器の保管方法)


□ 発生材調書

□ 産業廃棄物の処理

各廃棄物の種別に対する処理業者及び運搬業者の資格



□ 登録証明書

処理方法、数量、廃棄場所及び運搬方法


□ 受入伝票(マニフェスト)

□ 施工管理

現場施工体制

(現場職員構成・工種別責任者・緊急時の連絡体制)



□ 施工計画書

現場管理体制(安全衛生責任者)




現場仮設計画(仮設建物・大型機器の搬入方法)




製作図、施工図、承諾図等



□ 施工計画書

社内検査



□ 社内検査報告書

□ 工程

実施工程表(仮設期間・書類提出時期・試験調整期間・受電日・機器据付時期・各種試験時期)




□ 記録及び試験

材料搬入報告書(搬入時期・試験成績表)



□ 材料搬入簿

□ 証明書・カタログ

工事打合わせ記録簿(監督員との協議事項)



□ 打合せ記録簿

週報




自主検査記録(請負会社の手直し指摘事項)



□ 自主検査記録簿

工程写真(営繕工事記録写真撮影要領)




機材試験成績表(種類・項目・試験器具)



□ 試験成績表

機材試験



□ 成績証明書

□ 完成図

保全に関する資料(資料機器取扱説明書)



□ 指導案内書

□ 総合調整

各機器相互間の調整



□ 総合調整計画書

□ 測定表

2章 共通事項

(1) 配管配線工事


□ 材料

管材及び継手の規格、品質、配管付属品、計器その他の使用確認(特記仕様書、各規格)

□ 品質証明書

□ 仕上げ

各部の寸法、納まり、塗装



維持管理面(機器の交換スペース、バルブ操作)



□ 施工

スリーブ、支持金物、固定金物の仕様


□ 施工要領書

適正な勾配


防火区画及び貫通部の処理




管の接合方法、接合材、雑材料


埋設配管の処理、配管間隔、防食処理、土工事等



溶接接合の作業環境、方法、資格、検査等



□ 試験

水圧、満水、通水、煙、空気圧、気密等(法に基づく外観及び性能試験)



□ 測定表


(2) 保温、塗装及び防錆工事


□ 材料

保温材、外装材、補助材の規格確認



塗装は建築工事標準仕様書18章(塗装)



□ 仕上げ

壁、床貫通部の処理


見切り箇所、見切り部端面の処理


欠点(色むら及び変色等)及び化粧面状況



□ 施工

保温の種別、材料、施工順序、保温の有無の確認


防火区画、貫通部分の処理


金属板巻きの着脱及びシールの確認



素地ごしらえ



塗装の種別、材料、施工順序



□ 施工要領書

作業環境





(3) 電気工事


□ 材料試験

電気設備工事共通仕様書によるほか次による



□ 施工要領書


□ 電動機の保護方法





□ 始動方法





□ 制御及び操作盤の仕様、構成





(4) 関連工事


□ 土工事


特記以外は、建築工事標準仕様書 第3章



□ 施工要領書

□ 地業工事


特記以外は、建築工事標準仕様書 第4章



□ 施工要領書

□ コンクリート工事


特記以外は、建築工事標準仕様書 第6章



□ 施工要領書

□ 左官工事


特記以外は、建築工事標準仕様書 第15章



□ 施工要領書

□ 鋼材工事


特記以外は、建築工事標準仕様書 第14・20章



□ 施工要領書

3章 空気調和設備工事



□ 材料

各種機材、付属品の品質、規格の確認(特記仕様書、各種関連法規)


□ 品質証明書

□ 仕上げ

各機器の据付状況、配置


機器の清掃、塗装



□ 施工

耐震・基礎・架台等(各種関連法規)


機器の据付及び取付方法

□ 施工要領書

ダクト




工法、板厚、接続、補強、吊り及び支持金物


□ 施工要領書

形状




防火区画及び貫通部の処理


□ 施工要領書

付属品の取付方法、操作方法



□ 試験

水圧・機密及び耐圧



□ 試験成績表

□ 総合調整

風量・温湿度の測定



□ 測定表

4章 自動制御設備工事



□ 機材

検出部、調整部、操作部等各機器類は特記仕様書によるほか、電気設備工事共通仕様書による

□ 施工要領書

中央監視制御装置

□ 施工要領書

システム構成、機能は特記仕様書・中央監視盤の構成




□ 施工

低圧屋内配線は電気設備工事共通仕様書による

□ 施工要領書

空気配管は特記仕様書




機器類の適正な取付け位置高さ等(保守管理スペース)


□ 試験

基本動作の機能の確認と調整



□ 試験成績表

5章 給排水衛生設備工事



□ 機材

衛生陶器及び付属具はJISまたはそれに準じているか

□ 施工要領書

ポンプ類は特記仕様書によるほか、製造者の標準仕様

□ 施工要領書

各種機器の規格、品質(特記仕様書、各種関連法規)

□ 品質証明書

各種証票の有無


□ 仕上げ

各機器の据付状況、配置(維持管理面)



機器類の清掃



□ 施工

機器類の重量及び外力に耐える基礎、耐震施工

□ 施工要領書

据付けに十分な支持面(各種関連法規)


□ 施工要領書

機器の適正な取付け位置、高さ、方法



□ 試験

水圧試験



□ 試験成績表

6章 ガス設備工事

(1) 都市ガス設備 (2) 液化石油ガス設備


□ 材料

都市ガスの管及び継手は、ガス事業者の規定に合格又は仕様を承認さてたものとし、管材は特記による

□ 施工要領書

液化石油ガスは、液ガス法、他法律による(各種関連法規)


各機器類(各種協会の合格証票)



□ 仕上げ

貫通部、見え掛かり部の処理



塗装、機器の納まり、使用勝手



□ 施工

スリーブ、支持金物、固定金物の仕様


埋設表示、絶縁支持、防食処理、土工事


防火区画、貫通部の処理


機器の適正な取付け位置、高さ、方法


□ 試験

気密試験及び点火試験(都市ガス)



□ 試験成績表

気密試験(液化石油ガス)



□ 試験成績表

7章 さく井設備工事



□ 材料

ケーシング、スクリーン等は特記仕様書による



□ 仕上げ

ポンプピット


ケーシング頂部の処理


□ 施工

掘削径、深度


□ 施工要領書

ケーシングの継目、沈設


□ 施工要領書

スクリーンの沈設、位置、砂利詰


□ 施工要領書

□ 試験

揚水、水質試験



□ 試験成績表

地質標本及び地質柱状図(電気検層図)




8章 し尿浄化槽工事

(1) 現場施工型し尿浄化槽 (2) ユニット型し尿浄化槽


□ 一般事項

各種関連法規のほか、特定行政庁の定める取扱要綱等による


□ 機材

各種装置、材料は特記仕様書によるほか、製造者の仕様による

□ 施工要領書

□ 施工

機器の据付け


配管、電気、土工事


□ 試験

槽の水張り試験



□ 試験成績表

配管



□ 試験成績表

各機器の単独動作



□ 試験成績表

通水、総合運転試験



□ 試験成績表

9章 昇降機設備工事

(1) 一般エレベーター設備 (2) 一般油圧エレベーター設備 (3) 普及型エレベーター設備 (4) 非常用エレベーター設備 (5) 電動ダムウェーダー設備


□ 材料

機器、装置は特記仕様書によるほか製造者の標準仕様

□ 施工要領書

身体障害者用付加仕様



□ 施工

塗装の種類




□ 仕上げを必要とする部分




電気配線




□ 各種法規によるほか電気設備工事共通仕様書による




□ 試験

JIS A 4302に準じて行う



□ 試験成績表

(日本エレベーター協会標準)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

浜中町請負工事検査要領

平成29年3月31日 訓令第4号

(平成29年4月1日施行)