○浜中町港湾区域及び港湾隣接地域内における工事等に係る占用料等徴収条例

平成12年2月28日

条例第7号

浜中町港湾区域及び港湾隣接地域内における工事等に係る占用料等徴収条例

(目的)

第1条 この条例は、港湾法(昭和25年法律第218号。以下「法」という。)第37条第4項及び地方自治法第228条第1項の規定に基づき、浜中町港湾区域及び港湾隣接地域内における工事等に係る占用料、土砂採取料、手数料(以下「占用料等」という。)の徴収に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(占用料等の徴収)

第2条 法第37条第1項の規定により町長の許可を受けた者は、別表に掲げる占用料等を納付しなければならない。

2 前項に規定する占用料等は、町長の指定する期間に納付しなければならない。

(占用料等の減免)

第3条 町長は、公益上その他特別の事由があるときは、占用料等を減免することができる。

(占用料等の還付)

第4条 既納の占用料等は、還付しない。ただし、次の各号の一に該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 天災その他不可抗力により、使用できなくなったとき。

(2) その他町長において、相当の理由があると認められたとき。

(過怠金)

第5条 町長は、詐欺その他不正の行為により、占用料及び土砂採取料の徴収を免れた者からその徴収を免れた金額の5倍に相当する金額以下の過怠金を徴収することができる。

(罰則)

第6条 町長は、法第37条第1項の規定に違反した者に対し、1年以下の懲役又は100,000円以下の罰金に処することができる。

2 町長は、詐欺その他不正の行為により、手数料の徴収を免れた者からその徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が50,000円を超えないときは、50,000円とする。)以下の過料を科することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

別表

水域占用料

1平方メートルごとに(1平方メートル未満は、1平方メートルとみなす。)

1カ年 10円

空地占用料

1平方メートルごとに(1平方メートル未満は、1平方メートルとみなす。)

1カ年 50円以内で町長の定める額

土砂採取料

1立方メートルごとに(1立方メートル未満は、1立方メートルとみなす。)

50円以内で町長の定める額

港湾工事手数料

(1) 臨時的な工作物又は仮設物等軽易な工事

1件につき 1,000円

(2) 前号以外の工事

1件につき 2,000円

(3) 設計変更のもの

1件につき 500円

浜中町港湾区域及び港湾隣接地域内における工事等に係る占用料等徴収条例

平成12年2月28日 条例第7号

(平成12年4月1日施行)