○浜中町交通安全指導員設置要綱

令和2年2月20日

訓令第4号

(設置)

第1条 浜中町における道路交通安全を確保するため交通安全指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(選任)

第2条 指導員は、浜中町に居住する満20歳以上の者の中から町長が委嘱する。

2 町長は、指導員が交通違反、又は、その他の理由により適当でないと認めたときは、解嘱することができる。

(職務)

第3条 指導員は、次の職務を行なう。

(1) 一般歩行者に正しい歩行を指導すること。

(2) 幼児、学童、老人等に対して安全通行のため保護誘導すること。

(3) 自転車の安全な通行を指導すること。

(4) 交通安全思想の普及高揚につとめること。

(5) その他交通安全にかかわる事業に協力すること。

(研修)

第4条 町長は、指導員として必要な研修を行うものとする。

(報償費及び費用弁償)

第5条 指導員には、予算の定めるところにより報償費を支給し、職務及び研修等への参加のため旅行したときは、費用弁償を支給するものとする。

2 前項の規定により支給する額及びその支給方法は、浜中町職員旅費支給条例(昭和27年条例第19号)の例による。

(委任)

第6条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

浜中町交通安全指導員設置要綱

令和2年2月20日 訓令第4号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第5章 交通傷害保障
沿革情報
令和2年2月20日 訓令第4号