○富山市技能職員等の給与に関する条例

平成17年4月1日

富山市条例第63号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公営企業等の労働関係に関する法律(昭和27年法律第289号)附則第5項の規定に基づき、一般職の職員である技能職員等の給与の種類及び基準を定めるものとする。

(給与の種類及び基準)

第2条 技能職員等の給与は、給料、扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、単身赴任手当、寒冷地手当、特殊勤務手当、超過勤務手当、休日給、夜勤手当、宿日直手当、期末手当、勤勉手当、災害派遣手当、武力攻撃災害等派遣手当及び新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当とする。

2 前項の給与は、富山市職員の給与に関する条例(平成17年富山市条例第62号)の適用を受ける職員の給与を基準とし、職務の性質及び責任を考慮して規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月30日富山市条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月27日富山市条例第35号)

(施行期日等)

1 この条例は、平成26年1月1日から施行する。ただし、第1条中富山市職員の給与に関する条例第31条の2第1項の改正規定並びに第2条及び第3条の規定は、公布の日から施行する。

3 第2条の規定による改正後の富山市技能職員等の給与に関する条例の規定は、この条例の公布の日前に次の各号に掲げる場合のいずれかに該当することとなったときは、当該各号に定める日(これらの日が複数ある場合は、当該日のうち最も早い日)から適用する。

(1) 災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第2条第1号に規定する災害(本市の区域内に係るものに限る。以下同じ。)が発生した場合 最初に当該災害が発生した日

(2) 特定大規模災害が発生した場合 最初に当該特定大規模災害が発生した日

(3) 武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(平成16年法律第112号)第2条第1項に規定する武力攻撃事態等(本市が同条第3項に規定する国民の保護のための措置を実施することとなる場合に限る。以下同じ。)が発生した場合 最初に当該武力攻撃事態等が発生した日

(4) 新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第32条第1項に規定する新型インフルエンザ等緊急事態宣言(本市の区域内に係るものに限る。以下同じ。)がされた場合 最初に当該新型インフルエンザ等緊急事態宣言がされた日

富山市技能職員等の給与に関する条例

平成17年4月1日 条例第63号

(平成26年1月1日施行)

体系情報
第7編 与/第2章 給料・手当・旅費
沿革情報
平成17年4月1日 条例第63号
平成18年3月30日 条例第7号
平成25年12月27日 条例第35号