○富山市大沢野健康福祉センター条例施行規則

平成17年4月1日

富山市規則第78号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市大沢野健康福祉センター条例(平成17年富山市条例第137号。以下「条例」という。)第17条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用承認の申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により施設(健康・交流プラザの交流ホール及びファミリールーム並びに福祉プラザの施設に限る。)の使用の承認を受けようとする者は、富山市大沢野健康福祉センター使用承認申請書を条例第4条の2に規定する指定管理者(以下単に「指定管理者」という。)に提出しなければならない。

(使用の承認)

第3条 指定管理者は、施設の使用を承認したときは、富山市大沢野健康福祉センター使用承認書を交付するものとする。

(使用承認事項の変更)

第4条 施設の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)が使用承認事項の変更をしようとするときは、速やかに前条の使用承認書を添えて指定管理者に申請し、その承認を受けなければならない。

(使用の承認の取消し)

第5条 条例第7条第1項の規定により施設の使用の承認を取り消したときは、指定管理者は、その旨を書面で使用者に通知するものとする。

(附属設備の利用料金)

第6条 条例別表に規定する規則で定める額は、別表のとおりとする。

(利用料金の減免)

第7条 条例第10条の規定による利用料金の減免を受けようとする者は、あらかじめ、富山市大沢野健康福祉センター利用料金減免申請書を指定管理者に提出しなければならない。

(利用料金の還付)

第8条 条例第11条ただし書の規定による利用料金の還付を受けようとする者は、富山市大沢野健康福祉センター使用料還付申請書に利用料金領収書を添えて、指定管理者に提出しなければならない。

(使用者等の遵守事項)

第9条 使用者及び入館者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 許可なく物品の販売、飲食物の提供又は寄附金の募集をしないこと。

(2) 所定の場所以外で喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(3) 許可なく壁、柱等にはり紙をし、又はくぎの類を打たないこと。

(4) 許可なく施設又は附属設備等を使用しないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、富山市大沢野健康福祉センター(以下「センター」という。)の管理上必要な指示に従うこと。

(損傷又は滅失の届出)

第10条 施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失した者は、直ちにその旨を指定管理者に届け出て、その指示に従わなければならない。

(細則)

第11条 この規則に定めるもののほか、センターの管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の大沢野町健康福祉センター条例施行規則(平成9年大沢野規則第14号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年9月30日富山市規則第286号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日富山市規則第17号)

この規則は、平成31年10月1日から施行する。

別表(第6条関係)

種別

単位

1回の利用料金(円)

健康・交流プラザ

交流ホール拡声装置(ワイヤレスマイク1本付)

一式

2,200

ダイナミックマイク

1本

330

ワイヤレスマイク

1本

550

ビデオプロジェクター(スクリーン付)

一式

2,200

収納式舞台設備

一式

1,100

舞台照明装置

一式

1,100

音響装置

一式

5,500

福祉プラザ

陶芸釜

一式

3,960

富山市大沢野健康福祉センター条例施行規則

平成17年4月1日 規則第78号

(令和元年10月1日施行)