○富山市障害者福祉施設建設用地取得資金貸付規則

平成17年4月1日

富山市規則第116号

(目的)

第1条 この規則は、障害者福祉施設を建設しようとする者に対し、当該施設の建設用地の取得に要する資金(以下「資金」という。)の貸付けを行うことにより、障害者の福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「障害者福祉施設」とは、社会福祉法(昭和26年法律第45号)第2条に規定する社会福祉事業として経営される障害者福祉施設をいう。

(貸付けの対象経費)

第3条 資金の貸付けの対象となる経費は、本市の区域内において建設する障害者福祉施設の用地の取得に要する資金(当該取得に対し、助成又は他の融資を受ける場合は、当該助成又は他の融資の額を減ずるものとする。)とする。

(貸付対象者)

第4条 資金の貸付けを受けることができる者(以下「貸付対象者」という。)は、本市の区域内において5年以上障害者の作業所を運営している団体であって、本市の心身障害者共同作業所運営補助金の交付要件を満たすもの又は本市の区域内において障害者福祉施設を設置し、かつ、経営する社会福祉法人とする。

(貸付条件)

第5条 資金の貸付条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 貸付限度額 5,000万円

(2) 貸付利率 無利子

(3) 償還期間 貸付日の属する月の翌月の初日から起算して12年(2年以内の据置期間を含む。)以内。ただし、資金の貸付けを受けた者は、いつでも繰上償還をすることができる。

(4) 償還方法 均等年賦償還

(5) 保証人 市内に住所を有する20歳以上の者で独立の生計を営む連帯保証人2人

(6) その他 この規則による貸付けを受け、資金の償還を終えていない者は、当該償還を終えるまでの間、新たな貸付けを受けることができない。

(貸付けの申請)

第6条 貸付対象者は、資金の貸付けを受けようとするときは、障害者福祉施設建設用地取得資金貸付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(1) 事業及び資金計画書

(2) 貸付金償還計画表

(3) 申請をする者及び保証人の収入及び資産を証する書類

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(貸付けの決定)

第7条 市長は、前条の規定による申請が適当であると認めるときは、資金の貸付けを決定し、障害者福祉施設建設用地取得資金貸付決定通知書(様式第2号)により当該申請をした者に通知するものとする。

(貸付け)

第8条 前条の規定による資金の貸付けを受けた者は、障害者福祉施設建設用地取得資金貸付借用証(様式第3号)を提出し、資金の貸付けを受けるものとする。

(報告)

第9条 資金の貸付けを受けた者は、資金により障害者福祉施設の建設用地を取得したときは、当該用地の取得後1月以内に、障害者福祉施設建設用地取得報告書(様式第4号)に当該用地の登記事項証明書を添えて、市長に提出しなければならない。

(貸付決定の取消し又は繰上償還)

第10条 市長は、資金の貸付けを受けた者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、資金の貸付けの決定を取り消し、又は貸付金の繰上償還をさせることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により貸付けを受けたとき。

(2) 故意に資金の償還を怠ったとき。

(3) 資金を貸付けの目的以外の目的に使用したとき。

(4) 貸付けの目的を達成する見込みがないと認められるとき。

(5) 前条に規定する報告を怠ったとき。

(6) 団体若しくは社会福祉法人を解散し、又は他の団体若しくは社会福祉法人と合併したとき。

(7) 貸付けの対象となった障害者福祉施設を廃止したとき。

(8) 資金の貸付けを受けた土地を他人に譲渡したとき。

(償還方法の特例)

第11条 市長は、資金の貸付けを受けた者が、災害その他やむを得ない事由のため、資金の償還が著しく困難になったと認めるときは、資金の償還についての条件を変更することができる。

(届出)

第12条 資金の貸付けを受けた者は、償還期間中に、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

(1) 自己又は保証人の名称若しくは氏名又は団体の所在地若しくは住所に変更があったとき。

(2) 保証人が死亡したとき。

(遅延利息)

第13条 市長は、資金の償還を怠った者に対しては、償還をすべき金額に対し、その償還をすべき期日の翌日から償還をした日までの日数に応じ、年8パーセントに相当する遅延利息を徴収するものとする。ただし、天災等の不可抗力その他市長が特別の理由があると認める場合は、その全部又は一部を免除することができる。

(細則)

第14条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富山市障害者福祉施設建設用地取得資金貸付規則(平成14年富山市規則第24号)の規定に基づきなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

富山市障害者福祉施設建設用地取得資金貸付規則

平成17年4月1日 規則第116号

(平成17年4月1日施行)