○富山市温泉法施行細則

平成17年4月1日

富山市規則第144号

(趣旨)

第1条 この規則は、温泉法(昭和23年法律第125号。以下「法」という。)の施行に関し、温泉法施行規則(昭和23年厚生省令第35号。以下「省令」という。)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(温泉利用の許可の申請)

第2条 省令第7条に規定する申請書は、温泉利用許可申請書(様式第1号)によるものとし、次に掲げる書類を添えて、保健所長に提出しなければならない。

(1) 申請をする者が法第15条第2項各号に該当しない者であることを誓約する書面

(2) 登録分析機関の行った温泉の成分の分析検査成績書の写し(温泉成分分析を受けた日から10年を経過していないものに限る。)

(3) 申請者と温泉採取者が異なる場合にあっては、温泉採取者の利用承諾書又は利用契約書の写し

(4) 温泉利用施設(浴室、浴槽、飲用設備等)の位置及び配管状況を明らかにする施設全体の平面図

(5) 源泉から温泉利用施設までの送湯設備の状況を明らかにする平面図及び配管系統図

(6) 申請者が法人にあっては、登記事項証明書又は定款若しくは寄附行為の写し

(7) 温泉を飲用に供する場合にあっては、温泉飲用水質検査成績書(様式第1号の2)の写し

(温泉の利用の許可を受けた者である法人の合併及び分割の承認の申請)

第2条の2 省令第8条第1項に規定する申請書は、合併による温泉利用許可承継承認申請書(様式第1号の3)又は分割による温泉利用許可承継承認申請書(様式第1号の4)によるものとし、保健所長に提出しなければならない。

(温泉の利用の許可を受けた者の相続の承認の申請)

第2条の3 省令第9条第1項に規定する申請書は、相続による温泉利用許可承継承認申請書(様式第1号の5)によるものとし、保健所長に提出しなければならない。

2 前項の申請書に添付する省令第9条第2項第2号に規定する同意書は、温泉利用許可承継同意証明書(様式第1号の6)によるものとする。

(申請事項の変更等の届出)

第3条 温泉を公共の浴用又は飲用に供している者は、次の各号のいずれかに該当することとなったときは、それぞれ当該各号に定める届出書により10日以内にその旨を保健所長に届け出なければならない。

(1) 省令第7条の規定による申請書の記載事項に変更のあったとき。 温泉利用許可申請事項変更届(様式第2号)

(2) 公共の浴用又は飲用に供することを廃止し、若しくは休止し、又は休止した供用を再開しようとするとき。 温泉利用廃止(休止・再開)(様式第3号)

(3) 温泉利用施設に管理者を置き、又は管理者を変更したとき。 温泉利用施設管理者設置(変更)(様式第4号)

(温泉の成分等の掲示の届出)

第4条 省令第11条に規定する届出書は、温泉成分等掲示届(様式第5号)によるものとし、保健所長に提出して行わなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日(次項において「施行日」という。)の前日までに、合併前の富山市温泉法施行細則(平成8年富山市規則第49号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までに、富山県温泉法施行規則(平成12年富山県規則第6号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為で、施行日以後において保健所長が行うこととなる事務に係るものは、法令に特別の定めがあるものを除き、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年10月19日富山市規則第57号)

この規則は、平成19年10月20日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市温泉法施行細則

平成17年4月1日 規則第144号

(平成19年10月20日施行)