○富山市と畜場法施行細則

平成17年4月1日

富山市規則第148号

(趣旨)

第1条 この規則は、と畜場法(昭和28年法律第114号。以下「法」という。)の施行に関し、と畜場法施行令(昭和28年政令第216号。以下「政令」という。)及びと畜場法施行規則(昭和28年厚生省令第44号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(と畜場の設置許可の申請等)

第2条 法第4条第2項に規定する申請書は、と畜場設置許可申請書(様式第1号)によるものとし、次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) と畜場の構造設備の仕様書及び見取図

(2) と畜場の周囲300メートル以内の見取図

(3) 法人にあっては、定款又は寄附行為の写し及び法人の登記事項証明書

2 法第4条第3項の規定による届出は、と畜場構造設備等変更届(様式第2号)に変更後の事項の内容を明らかにした書類を添えて、市長に提出して行わなければならない。

(公衆衛生上危害を生ずるおそれがある場所)

第3条 法第5条第1項第3号の規定により市長が認める場所は、次に掲げるとおりとする。

(1) 社寺、学校、病院、公園その他人の多数集合する施設から100メートル以内の場所

(2) 地盤が低く、排水が不十分である場所

(と畜場使用料等の認可の申請)

第4条 法第12条第1項の規定によると畜場使用料又はとさつ解体料の認可を受けようとする者は、と畜場使用料及びとさつ解体料認可申請書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて、保健所長に提出しなければならない。

(1) と畜場使用料又はとさつ解体料の額の算出資料

(2) 1年間の収支見込明細書

2 法第12条第1項の規定によると畜場使用料又はとさつ解体料の変更の認可を受けようとする者は、と畜場使用料及びとさつ解体料変更認可申請書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて、保健所長に提出しなければならない。

(1) 変更しようとすると畜場使用料又はとさつ解体料の額の算出資料

(2) 前年度中の収支明細書

(自家用とさつの届出)

第5条 法第13条第1項第1号の規定による届出は、自家用とさつ届(様式第5号)にとさつしようとする場所の周囲300メートル以内の見取図を添えて、とさつしようとする日の5日前までに保健所長に提出して行わなければならない。

(と畜場以外の場所におけるとさつの許可の申請)

第6条 政令第4条第2号の規定による許可を受けようとする者は、と畜場外とさつ許可申請書(様式第6号)にとさつしようとする場所の周囲300メートル以内の見取図を添えて、保健所長に提出しなければならない。

(と畜検査の申請)

第7条 政令第7条に規定する申請書は、と畜検査申請書(様式第7号)によるものとし、検査を受けようとする日の前日までに保健所長に提出しなければならない。ただし、法第13条第1項第2号又は第3号の規定により獣畜をとさつしようとするときその他やむを得ないときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定によりとさつした獣畜を解体しようとする場合における政令第7条に規定する申請書は、と畜検査申請書(様式第8号)によるものとし、死亡診断書又は死体検案書を添えて、保健所長に提出しなければならない。

(管理者等の届出)

第8条 と畜場の設置者は、と畜場の業務を開始しようとするときは、あらかじめ、当該と畜場の管理者、と畜業者その他獣畜のとさつ又は解体を行う者をと畜場管理者等(変更)(様式第9号)により保健所長に届け出なければならない。届け出た事項について変更のあったときも、同様とする。

(と畜場の廃止等の届出)

第9条 と畜場の設置者は、と畜場を廃止したときは、その日から5日以内にと畜場廃止(休止)(様式第10号)にと畜場設置許可書を添えて、保健所長に提出しなければならない。

2 と畜場の設置者は、と畜場の業務を15日以上休止しようとするときは、遅滞なく、前項の届出書により保健所長に届け出なければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富山市と畜場法施行細則(平成8年富山市規則第55号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市と畜場法施行細則

平成17年4月1日 規則第148号

(平成17年4月1日施行)