○富山市牛岳温泉スキー場条例

平成17年4月1日

富山市条例第196号

(設置)

第1条 市民の健全なレクリエーションと健康増進に資することを目的として、富山市牛岳温泉スキー場(以下「スキー場」という。)を設置する。

(位置)

第2条 スキー場の位置は、富山市山田小谷2番地とする。

(施設)

第3条 スキー場に次に掲げる施設を置く。

(1) 富山市牛岳温泉スキー場セントラルゲレンデ

 牛岳温泉スキーセンター

 ペアリフト

 高速ペアリフト

 牛岳クワッドリフト

(2) バーベキュー広場

(使用料)

第4条 前条第1号に掲げる施設の使用者は、別表に定める額に100分の108を乗じて得た額の使用料を納付しなければならない。この場合において、当該使用料の額に5円未満の端数があるときは、これを切り捨て、5円以上10円未満の端数があるときは、これを10円に切り上げるものとする。

2 使用料は、使用の際納入するものとする。

(使用料の還付)

第5条 既に納入した使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めによらない事由により使用することができないときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第6条 市長は、公益上必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(特別の設備)

第7条 使用者は、施設に特別の設備をし、又は変更を加えようとするときは、あらかじめ、市長の承認を受けなければならない。

(原状回復)

第8条 使用者は、使用を終了したときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第9条 施設又は附属設備等を損傷し、又は滅失した者は、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(入場の制限)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、スキー場の入場を拒み、又は退場を命ずることができる。

(1) 施設又は附属設備等を損傷するおそれがある者

(2) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑となる物品又は動物を携行する者

(3) 前2号に掲げるもののほか、スキー場の管理上特に支障があると認められる者

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の山田村営スキー場施設の設置及び管理に関する条例(昭和46年山田村条例第7号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月26日富山市条例第30号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日富山市条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

種別

金額(円)

個人

団体(20人以上)

大人(中学生以上)

小人(小学生)

シニア(60歳以上)

大人(中学生以上)

小人(小学生)

1回券

190

150

190

150

110

15回券

2,570

1,810

2,095

2,000

1,430

3時間券

2,380

1,710

2,000

1,900

1,370

5時間券

2,760

1,900

2,285

2,190

1,520

1日券

3,330

2,095

2,860

2,670

1,620

2日券

5,710

3,810

5,520

4,570

3,050

ナイター券

1,900

1,140

1,430

1,420

860

全日券

3,900

2,760

3,330

3,050

2,190

シーズン券(記名するもの)

31,430

21,900

23,810

 

シーズン券(無記名のもの)

62,860

備考

1 高速ペアリフトに乗車する場合は、2回券分の料金とする。

2 牛岳クワッドリフトに乗車する場合は、3回券分の料金とする。

富山市牛岳温泉スキー場条例

平成17年4月1日 条例第196号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第13編 済/第2章 観光・物産振興
沿革情報
平成17年4月1日 条例第196号
平成20年3月26日 条例第30号
平成26年3月28日 条例第4号
平成31年3月26日 条例第9号