○富山市緑化推進条例

平成17年4月1日

富山市条例第236号

(目的)

第1条 この条例は、緑化(緑を増やし、回復し、及び保全することをいう。以下同じ。)を推進することにより、緑に満ちた健康で、明るいまちづくりに寄与することを目的とする。

(市の責務)

第2条 市は、緑化を推進するための施策を策定し、及びこれを実施する責務を有する。

(市民の責務)

第3条 市民は、樹木、花き等を大切に育てるとともに、市が実施する緑化に関する施策に協力する等緑化の推進に寄与するよう努めなければならない。

(事業者の責務)

第4条 事業者は、良好な緑の環境を確保するため、その責任において、必要な措置を講ずるとともに、市が実施する緑化に関する施策に協力する等緑化の推進に寄与するよう努めなければならない。

(緑化計画)

第5条 市長は、この条例の目的達成のため、次に掲げる緑化計画を策定し、及びこれを実施しなければならない。

(1) 緑化の推進に関する基本方針

(2) 緑化の推進に関する実施計画

(緑地協定)

第6条 一定の区域等における土地の所有者である市民及び事業者(以下「市民等」という。)は、当該区域の緑化を推進し、その良好な環境を確保するため、都市緑地法(昭和48年法律第72号)の規定による緑地協定を締結するよう努めなければならない。

(緑地協定に係る助言等)

第7条 市長は、緑地協定を締結しようとし、又は締結した市民等に対し、当該協定の締結又は緑化の推進について必要な助言又は援助をすることができる。

(保存樹木等の指定)

第8条 市長は、良好な自然環境の確保及び美観風致を維持するために必要と認める樹木又は樹林(以下「保存樹木等」という。)を指定することができる。

2 何人も保存樹木等が大切に保存されるよう努めなければならない。

3 保存樹木等の所有者は、保存樹木等を伐採し、又は譲渡しようとするときは、あらかじめその旨を市長に届け出なければならない。

4 保存樹木等の所有者は、保存樹木等の全部又は一部が枯死又は滅失したときは、速やかにその旨を市長に届け出なければならない。

5 市長は、保存樹木等の枯損防止その他保全について必要な助言又は援助をしなければならない。

(緑の月間)

第9条 市は、緑化を推進し、市民等の緑化思想の高揚及び市が実施する緑化のための活動の参加を促進するため、「緑の月間」を定めることができる。

(富山市緑化審議会)

第10条 本市の緑化の推進に関する事項について市長の諮問に応ずるほか、緑化に関して必要な事項を調査審議するため、富山市緑化審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 審議会は、委員10人以内で組織する。

3 委員は、学識経験を有する者、関係行政機関の職員その他市長が必要と認める者のうちから、市長が委嘱する。

4 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

5 前各項に定めるもののほか、審議会の組織及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1目から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の富山市緑化推進条例(昭和47年富山市条例第34号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

富山市緑化推進条例

平成17年4月1日 条例第236号

(平成17年4月1日施行)