○富山市消防職員の任用試験等に関する規程

平成17年4月1日

富山市消防局訓令第4号

目次

第1章 総則(第1条―第6条)

第2章 採用試験(第7条―第9条)

第3章 昇任試験(第10条―第14条)

第4章 雑則(第15条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この訓令は、富山市職員定数条例(平成17年富山市条例第35号)第3条第9号に規定する職員(以下「職員」という。)の任用に関し、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この訓令における用語の意義は、富山市職員の任用に関する規則(平成17年富山市規則第13号。以下「規則」という。)第2条に定めるところによる。

(試験委員会)

第3条 消防局長は、試験又は選考を行うため必要に応じて試験委員会(以下「委員会」という。)を設けるものとする。

2 委員会は、消防局長を委員長とし、消防職員のうちから消防局長が任命する委員をもって組織する。

3 委員長は、試験又は選考を実施するにあたり、専門的知識・技能を有する者をその補助者に指名することができる。

(選考による採用又は昇任)

第4条 規則第6条各号に規定するもののほか、次に掲げる職への採用又は昇任は、選考により行うことができる。

(1) 消防司令長以上の階級である職員が有する職として富山市消防職員の職の設置に関する規程(平成17年富山市消防局訓令第2号)別表に定める職

(2) 消防副士長(消防士として15年以上勤務した職員に限る。)

(特例による昇任)

第5条 消防局長は、職員が在職中死亡したとき、若しくは退職したとき、又は消防局長が必要と認めるときは、この訓令の規定にかかわらず特例により昇任させることができる。

2 特例による昇任の基準は、別表のとおりとする。

(名簿失効期限の特例)

第6条 消防局長は、特に必要と認めるときは、規則第16条第1項第1号に規定する期間を、6月を限度として延長することができる。

第2章 採用試験

(採用の基準)

第7条 職員のうち消防吏員の採用基準は、職務の遂行上必要な最低限度の学歴、年齢、身体要件等について、消防局長が別に定める。

(受験手続)

第8条 採用試験を受けようとする者は、消防局長があらかじめ告知するところにより、その受験手続をとらなければならない。

(試験の方法及び内容)

第9条 採用試験の方法及び内容は、第1次試験及び第2次試験(第1次試験の合格者について行う。)ごとに、次の表の左欄に掲げる採用区分に応じ、それぞれ当該中欄及び右欄に掲げるとおりとする。

採用区分

第1次試験

第2次試験

筆記試験

体力測定

口述試験

口述試験

身体検査

上級職

1 一般教養

大学卒業程度と同程度の択一式及び記述試験

2 適性試験

3 短文論述試験

消防吏員として消防業務遂行上必要な体力について測定する。

集団面接により、主として人物について評定する。

個別面接により、主として人物について評定する。

消防吏員として必要な体格及び病気等について検査する。

中級職

1 一般教養

短大卒業程度と同程度の択一式及び記述試験

2 適性試験

3 短文論述試験

初級職

1 一般教養

高校卒業程度と同程度の択一式及び記述試験

2 適性試験

3 短文論述試験

第3章 昇任試験

(試験区分)

第10条 消防吏員の昇任試験の試験区分は、消防士長、消防司令補及び消防司令の階級の試験とする。

(昇任試験の受験資格基準)

第11条 前条に規定する階級への昇任試験を受けようとする者は、次の表の左欄に掲げる試験区分に応じ、それぞれ右欄に掲げる勤務実績を有する者でなければならない。

試験区分

勤務実績

消防士長

1 消防士になってから3年以上の勤務実績を有する者又は消防副士長の階級にある者

2 上級職採用試験に合格し任用された者は、当該勤務実績を2年以上とし、中級職採用試験に合格し任用された者は、2年6月とする。

消防司令補

1 消防士長になってから在職3年以上の勤務実績を有する者

2 上級職採用試験に合格し任用された者は、当該在職勤務実績を2年以上とする。

消防司令

1 消防司令補になってから在職3年以上の勤務実績を有する者

2 消防局長が、特に必要と認めるときは、前項の勤務実績の期間を短縮することができる。

(欠格事項)

第12条 過去1年以内に懲戒処分を受けた職員は、昇任試験を受けることができない。

(受験手続)

第13条 昇任試験を受けようとする者は、消防局長があらかじめ告知するところにより、所属長に申し出なければならない。

2 所属長は、前項の申出があったときは、昇任試験受験者名簿を別に指定する日までに、消防局長へ提出するものとする。

(試験の方法及び内容)

第14条 消防吏員の昇任試験の方法及び内容は、第1次試験及び第2次試験ごとに、次の表の左欄に掲げる試験区分に応じそれぞれ当該中欄及び右欄に掲げるとおりとする。

試験区分

第1次試験

第2次試験

筆記試験

勤務評定

口述試験

実科試験

消防士長及び消防司令補

次の4科目について科目別に択一式及び記述式試験を行う。

1 社会常識・一般法令

消防統計、時事、県勢概況、法令用語、図表読取り、文章解釈及びその他の一般教養並びに消防組織法、地方自治法、地方公務員法、行政法、憲法等

2 警防

警防、無線通信及び機械に関する法規及び実務等

3 予防

予防、危険物、査察及び火災調査に関する法規及び実務等

4 救急救助

救急及び救助に関する法規及び実務等

勤続年数勤務成績経歴等

面接により人物及び能力について評定する。

点検及び礼式又は部隊運用を実施させ、その実技及び指揮能力を評定する。

消防司令

論文試験

第4章 雑則

(準用)

第15条 消防吏員以外の職員の任用試験等及びこの訓令に規定するもののほか必要な事項は、市長部局の取扱い及び規則の例による。

附 則

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年2月4日富山市消防局訓令第1号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。ただし、第1条の改正規定は、平成20年2月4日から施行する。

附 則(平成20年6月23日富山市消防局訓令第2号)

この訓令は、平成20年6月23日から施行する。

附 則(平成25年12月12日富山市消防局訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成25年12月12日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の富山市消防職員の任用試験等に関する規程第12条の規定は、平成26年度以降に昇任試験を受けようとする者から適用し、平成25年度に昇任試験を受けようとする者については、なお従前の例による。

別表(第5条関係)

区分

昇任させる階級

勤務年数

勤務成績

功労章若しくは功績章を付与され、功労特に抜群であって、真に他の模範と認められる者の危篤又は退職の場合

2階級上位の階級。ただし、消防士にあっては、消防司令補

問わない

問わない

功労顕著な者の危篤又は退職の場合

1階級上位の階級。ただし、消防士にあっては、消防士長

問わない

公務上の傷病によるもの

危篤又は退職の場合

1階級上位の階級。ただし、消防士にあっては、消防士長

問わない

身の危険を顧みず積極的に職務を遂行して負傷した者で、長期の療養を必要とし、かつ心身に障害が残ると認められる者

消防士長

消防士又は消防副士長で勤続10年以上

消防司令補

消防士長で勤続15年以上(現階級在職3年以上)

消防司令

消防司令補で勤続20年以上(現階級在職4年以上)

その他

危篤の場合

消防士長

消防士又は消防副士長で勤続15年以上

優良な者

1階級上位の階級

消防士長以上の階級の者で勤続15年以上(現階級在職1年以上)

退職の場合

消防士長

消防士又は消防副士長で勤続15年以上

1階級上位の階級

消防士長又は消防司令補で勤続15年以上(現階級在職5年以上)

消防司令又は消防司令長で勤続20年以上(現階級在職5年以上)

富山市消防職員の任用試験等に関する規程

平成17年4月1日 消防局訓令第4号

(平成25年12月12日施行)