○富山市上下水道局労働安全衛生委員会規程

平成17年4月1日

富山市上下水道局管理規程第2号

(目的及び設置)

第1条 富山市上下水道局職員の職場における安全と衛生の向上を図り、業務能率の増進に反映することを目的として、富山市上下水道局に労働安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(職員の定義)

第2条 この規程において「職員」とは、富山市上下水道局に勤務するすべての職員をいう。

(協議事項)

第3条 第1条の目的を達成するため、次の事項について協議する。

(1) 労働基準法(昭和24年法律第49号)、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)及び労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)に定められた労働安全衛生に関する具体的措置に関すること。

(2) 災害及び疾病の原因に対する調査と対策に関すること。

(3) 安全衛生規律の維持、向上に関すること。

(4) 安全衛生教育及び安全衛生思想の普及向上に関すること。

(5) 安全衛生施設及び環境の整備改善に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、第1条の目的達成のため必要な事項に関すること。

(組織)

第4条 委員会は、上下水道局長及び次に掲げる者のうちから富山市上下水道事業管理者が任命した委員でもって組織する。

(1) 安全管理者 1人

(2) 衛生管理者 2人

(3) 職員(前2号及び次号に掲げる者を除く。) 6人

(4) 全水道富山水道労働組合の推薦に基づく者 8人

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長は上下水道局長とし、副委員長は委員の互選とする。

3 委員長は会務を総理し、委員会を代表する。ただし、委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を行う。

(委員会)

第6条 委員会は、委員長が毎月1回招集し、委員の過半数の出席をもって成立する。

2 委員会の議事は、出席した委員の過半数の賛成をもって成立する。

3 議長は、議決権を有しないものとし、可否同数の場合の決定権を有するものとする。

(幹事)

第7条 委員会に幹事1人を置く。

2 幹事は、委員会で指名する。

3 幹事は、記録簿を備え、委員会が協議した事項を記録する。

(関係者の出席)

第8条 委員会は、必要に応じ関係者の出席を求め、その意見を聴くことができる。

(任期)

第9条 委員及び幹事の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

附 則

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月28日富山市上下水管規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

富山市上下水道局労働安全衛生委員会規程

平成17年4月1日 上下水道局管理規程第2号

(平成20年3月28日施行)

体系情報
第17編 公営企業/第2章 上下水道局/第1節 組織・処務
沿革情報
平成17年4月1日 上下水道局管理規程第2号
平成20年3月28日 上下水道局管理規程第2号