○富山市工業用水道事業給水条例施行規程

平成17年4月1日

富山市上下水道局管理規程第22号

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規程は、富山市工業用水道事業給水条例(平成17年富山市条例第297号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

第2章 給水の申込み及び使用水量の決定

(給水申込みの手続)

第2条 条例第5条第1項の規定により給水の申込みをしようとする者は、給水を開始しようとする日の3月前までに基本使用量申込書(様式第1号)を富山市上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)に提出しなければならない。

(基本使用量の決定通知)

第3条 条例第6条の規定による基本使用量の決定通知は、基本使用水量決定通知書(様式第2号)により使用者に通知するものとする。

(基本使用量の変更の承認等)

第4条 条例第7条の規定により、基本使用量の変更の承認を得ようとする者は、基本使用量変更申請届(様式第3号)を管理者に提出しなければならない。

2 基本使用量の変更の承認は、基本使用量変更決定通知書(様式第4号)により使用者に通知するものとする。

第3章 給水施設等の工事及び管理者並びに費用の負担

(給水工事の申込み)

第5条 条例第8条第1項の規定により給水工事を申し込もうとする者(以下「工事申込者」という。)は、給水工事申込書(様式第5号)を管理者に提出しなければならない。

(同意書の提出)

第6条 給水申込者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、当該各号に定める書類を、前条に規定する申込書に添えて管理者に提出しなければならない。

(1) 他人の所有地に給水工事を施工しようとするとき。

当該土地の所有者、又は借地権者の同意書

(2) 他人の給水施設から分岐して給水工事を施工しようとするとき。

当該給水施設所有者の同意書

(設計変更の届出)

第7条 工事申込者が、その工事の設計を変更し、又は工事を中止し、若しくはその申込みを取り消そうとするときは、給水工事設計変更(工事中止・申込取消)(様式第6号)により直ちに管理者に届け出なければならない。

(費用の算出方法)

第8条 条例第11条第1項各号に掲げる費用の算出は、次に定めるところによる。

(1) 材料費は、その工事に使用する材料の数量に、管理者が別に定める材料単価を乗じて得た額とする。

(2) 労務費は、労務者が別に定める賃金に、標準歩掛を乗じて得た額とする。

(3) 運搬費は、輸送方法に応じて、要した実費額とする。

(4) 道路復旧費は、当該道路管理者が定める額とする。ただし、管理者が復旧工事をする場合は、これに要する実費額を加算する。

(5) 間接費は、材料費、労務費及び道路復旧費の合計額の100分の10とする。

(給水工事費の予納)

第9条 条例第12条に規定する工事費の概算額は、工事費概算額通知書(様式第7号)により通知した日から1月以内に納付しなければならない。

2 前項の期限内に工事概算額を納付しないときは、催告状を発し、その催告期限内に、なお納付しないときは、当該給水工事の申込みは取り消されたものとみなす。

第4章 給水

(使用開始又は中止の届出)

第10条 条例第14条の規定により、工業用水道の使用を開始し、中止し、又は廃止しようとする者は、次の各号に掲げる区分により、それぞれ当該各号に定める期限までに、工業用水道使用開始(中止・廃止)(様式第8号)を管理者に提出しなければならない。

(1) 工業用水道の使用を開始しようとするときは、開始しようとする日の5日前

(2) 工業用水道の使用を中止し、又は廃止しようとするときは、中止し、又は廃止しようとする日の30日前

(給水の制限又は停止の予告)

第11条 条例第17条第2項に規定する予告は、給水を制限し、又は停止しようとする日の7日前までに各使用者に対して、給水の制限(停止)通知書(様式第9号)をもって行うものとする。

(メーターの保管責任)

第12条 条例第18条の規定によりメーターの貸与を受けた者は、管理者が設置した日から撤去する日まで、当該メーターの保管責任を負わなければならない。

第13条 前条のメーターの保管期間中、そのメーターを損傷し、又は亡失したときは、直ちにメーター損傷(亡失)(様式第10号)により管理者に届け出るとともに、次に定めるところにより、本市にその損害額を賠償しなければならない。

(1) メーターを損傷した場合にあっては、当該メーターの修繕に要した費用の額

(2) メーターを亡失した場合にあっては、当該メーターの取得価格(修理した場合は、その費用を含む。)から亡失の時までの減価償却費の累計額を減じた額

2 管理者は、前項の損害額を決定したときは、これを使用者に通知する。

(メーターの設置申請)

第14条 条例第18条ただし書の規定によりメーター設置の承認を得ようとする者は、メーター設置承認申請書(様式第11号)に、当該メーターの検定を証する書類を添えて管理者に提出しなければならない。この場合において、当該メーターの性能及び構造等が別表に定める基準に適合するものであることについて、あらかじめ、管理者の確認を受けなければならない。

(水量の認定方法)

第15条 条例第19条の規定による使用水量の認定は、前月の使用水量その他の事情を参酌して管理者が行う。

第5章 料金及び手数料等

(料金の追徴、還付)

第16条 料金納入後、その料金に過不足を生じたときは、その差額を追徴し、又は還付する。

(料金手数料等の減免)

第17条 条例第24条の規定により、料金、手数料等の減免を申請しようとする者は、その理由を記載した申請書を管理者に提出しなければならない。

2 料金、手数料等の額を減免する場合の軽減の額は、その都度管理者が定める。

第6章 取締り

第18条 条例第25条の規定により、給水を停止する場合は、あらかじめ、これを使用者に通知するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の富山市工業用水道事業給水条例施行規程(昭和40年富山市水管規程第3号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第14条関係)

メーターの性能及び構造等の基準

性能、構造等

(1) 計量法の規定に適合しているものであること。

(2) 電磁式であること。

(3) 積算値・瞬間流量等を表示できるものであること。

(4) 総積算・現在流量・契約流量等を表示できるものであること。

(5) 自動検針システムに対応できるものであること。

(6) 水没の場合においても使用可能な防水型であること。

(7) 停電の場合においても24時間以上の動作ができる無停電装置のものであること。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市工業用水道事業給水条例施行規程

平成17年4月1日 上下水道局管理規程第22号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第17編 公営企業/第2章 上下水道局/第4節
沿革情報
平成17年4月1日 上下水道局管理規程第22号