○富山市後期高齢者医療に関する規則

平成20年3月31日

富山市規則第60号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市後期高齢者医療に関する条例(平成20年富山市条例第20号)の施行に関し、別に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(保険料額等の通知)

第2条 市長は、富山県後期高齢者医療広域連合において保険料が賦課されたとき又は賦課額が変更されたときは、後期高齢者医療保険料納入通知書により、速やかに、納付すべき額を被保険者に通知するものとする。

(保険料の過納又は誤納)

第3条 市長は、納付された保険料又は延滞金(以下「保険料等」という。)に過納又は誤納のある場合において、未納に係る保険料等があるときは、当該過納又は誤納のある金額を当該未納に係る徴収金に充当することができる。

(普通徴収に係る保険料の納期前の納付)

第4条 普通徴収の方法により保険料を納付する被保険者は、納入通知書に記載された納付額のうち、保険料を納付する場合において、納期の開始前に係る保険料を併せて納付することができる。

(徴収職員の証票等)

第5条 徴収職員は、保険料等を徴収し、又は徴収に関する調査のため質問する場合においては、富山県後期高齢者医療保険徴収職員証(別記様式)を携帯し、関係人の請求があるときは、これを提示しなければならない。

(保険料の督促)

第6条 市長は、被保険者が納期限までに保険料を完納しないときは、納期限後20日以内に督促状を発しなければならない。ただし、繰上徴収する場合においては、この限りではない。

2 徴収猶予された保険料については、前項本文の規定にかかわらず、その徴収猶予をした期間内にこれを完納しない場合でなければ、督促状を発することができない。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

富山市後期高齢者医療に関する規則

平成20年3月31日 規則第60号

(平成20年4月1日施行)