○富山市ふぐの取扱いに関する条例施行細則

平成22年12月28日

富山市規則第77号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山県ふぐの取扱いに関する条例(平成22年富山県条例第18号。以下「県条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(食用のふぐ)

第2条 県条例第2条第1号の規則で定めるものは、富山県ふぐの取扱いに関する条例施行規則(平成22年富山県規則第35号。次条において「県規則」という。)第2条に規定するものとする。

(有毒部位)

第3条 県条例第2条第2号の規則で定めるものは、県規則第3条に規定するものとする。

(認証の申請)

第4条 県条例第15条第1項に規定する申請書は、ふぐ処理営業認証申請書(様式第1号)によるものとする。

2 県条例第15条第1項第5号の規則で定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 県条例第22条第1項又は第2項の規定により認証を取り消されたことの有無及びこれらの規定により認証を取り消されたことがあるときはその取消しの年月日

(2) 県条例又は県条例に基づく処分に違反して刑に処せられたことの有無及び県条例又は県条例に基づく処分に違反して刑に処せられたことがあるときはその刑の執行が終わり、又は執行を受けることがなくなった年月日

3 県条例第15条第2項の規則で定める書類は、次に掲げる書類とする。

(1) ふぐ処理施設ごとに置かれるふぐ処理師の免許証の写し

(2) ふぐ処理施設の付近の見取図

(3) ふぐ処理施設の構造設備等を明らかにした図面

(4) ふぐ処理施設において水道水以外の水を使用する場合にあっては、当該使用する水の水質検査の結果を証する書類の写し

(5) 法人にあっては、登記事項証明書

4 前項の規定にかかわらず、ふぐ処理営業者が認証の有効期間満了に際し引き続き同一のふぐ処理営業の認証を受けようとする場合にあっては、県条例第15条第2項の規則で定める書類は、前項第1号第4号及び第5号に掲げる書類とする。

5 前2項の規定にかかわらず、保健所長が必要がないと認めるときは、第3項第5号に掲げる書類の添付を省略させることができる。

(認証の基準)

第5条 県条例第16条第4号の規則で定めるものは、別表のとおりとする。

(認証書)

第6条 県条例第18条第1項に規定する認証書(以下「認証書」という。)は、ふぐ処理営業認証書(様式第2号)によるものとする。

(認証書の書換え交付の申請)

第7条 県条例第18条第2項の規定による申請は、ふぐ処理営業認証書書換え交付申請書(様式第3号)に変更の理由を証する書類を添えて行うものとする。

(認証書の再交付の申請)

第8条 県条例第18条第3項又は第4項の規定による申請は、ふぐ処理営業認証書再交付申請書(様式第4号)により行うものとする。

(認証書の返納)

第9条 県条例第18条第5項又は第22条第3項の規定による返納は、ふぐ処理営業認証書返納届出書(様式第5号)に認証書を添えて行うものとする。

(認証申請事項の変更の届出)

第10条 県条例第19条の規定による届出は、ふぐ処理営業認証申請事項変更届出書(様式第6号)に変更の理由を証する書類を添えて行うものとする。

(廃業等の届出)

第11条 県条例第20条の規定による届出は、ふぐ処理営業廃業等届出書(様式第7号)により行うものとする。

(地位の承継の届出)

第12条 県条例第23条第2項の規定による届出は、ふぐ処理営業承継届出書(様式第8号)次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に掲げる書類を添えて行うものとする。

(1) 相続による承継の場合 認証書、戸籍謄本及び相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意によりふぐ処理営業者の地位を承継すべき相続人として選定された者にあっては、その全員の同意書

(2) 合併又は分割による承継の場合 認証書及び合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割によりふぐ処理営業を承継した法人の登記事項証明書

附 則

この規則は、平成23年1月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日富山市規則第32号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。ただし、第2条の改正規定並びに様式第1号の改正規定(「あて先」を「宛先」に改める部分に限る。)及び様式第3号から様式第8号までの改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年5月22日富山市規則第54号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

1 ふぐ処理施設は、衛生上不適当な場所に位置しないものであること。ただし、衛生上必要な措置を講じている場合は、この限りでない。

2 ふぐ処理施設の周囲は、排水がよく清掃しやすい状態であること。

3 ふぐ処理施設は、その使用目的に適した大きさ及び構造を有し、かつ、居住に供する部分その他営業に必要でない場所と区画されたものであること。

4 ふぐ処理施設は、排水がよく清掃しやすい構造であること。

5 ふぐ処理施設には、次に掲げる設備を設けること。

(1) 水道水又は飲用に適する水を供給する設備及び排水設備

(2) 作業面において100ルクス以上の明るさを保つことができる設備

(3) 器具、原材料等を洗浄するための流水式洗浄設備並びに流水受槽式手洗い設備及び手指の消毒設備

(4) 冷蔵又は冷凍設備

(5) 冷蔵設備、加熱設備その他温度及び圧力を調整する必要のある設備に係る温度計、圧力計その他必要な計量器

(6) 防じん、防そ及び防虫の設備

(7) 従業者の数に応じた更衣室又は作業衣等を収納できる箱(ロッカーを含む。)

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市ふぐの取扱いに関する条例施行細則

平成22年12月28日 規則第77号

(平成29年5月22日施行)