○富山市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年4月1日

富山市民病院管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、富山市病院事業の設置等に関する条例(平成17年富山市条例第167号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、病院事業について必要な事項を定めるものとする。

(診療)

第2条 診療は、外来診療及び入院診療の2種とする。

(診療時間及び休診日)

第3条 外来患者の診療時間及び休診日は、次のとおりとする。ただし、急病患者については、この限りでない。

(1) 診療時間

午前9時から午後5時まで

(2) 休診日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

 年始 1月2日及び1月3日

 年末 12月29日から12月31日まで

 その他富山市病院事業管理者(以下「管理者」という。)が特に必要と認める日

2 前項の規定にかかわらず、管理者が特に必要があると認めるときは、臨時に診療時間及び休診日を変更することができる。

(診療手続)

第4条 診療を受けようとする者は、院長に診察申込書を提出し、診察券の交付を受けて、診療の都度これを提示しなければならない。ただし、急を要する場合において診察申込書を提出することができないときは、診療後に提出することができる。

2 前項の診察券の記載内容に変更すべき事由が生じたときは、診察券の変更の手続を受けなければならない。

(入院手続)

第5条 入院診療を受けようとする者は、入院申込書を院長に提出し、その承認を受けなければならない。ただし、入院診療が急を要するため入院申込書を提出することができないときは、入院後に提出することができる。

2 前項の入院申込書は、本人が未成年者であるときは、その法定代理人が、本人が精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第5条に規定する精神障害者であるときは、同法第33条第2項に規定する家族等が提出しなければならない。

3 院長は、入院を承認したときは、入院期日を指定してその旨を申込者に通知するものとする。

(秩序の維持)

第6条 院長は、診療上支障があると認める行為をする者に対し、その行為を禁じ、若しくは出入りを制限し、又は退去させる等病院内の秩序を維持するため必要な指示をすることができる。

(退院)

第7条 院長は、入院患者が次の各号のいずれかに該当するときは、退院を命ずることができる。

(1) 入院診療の必要がなくなったと認めるとき。

(2) 前条の指示に従わないとき。

(使用料及び手数料の納付)

第8条 使用料及び手数料は、法令等に特別の定めがあるものを除くほか、病院の窓口でその都度納付しなければならない。ただし、入院患者にあっては、月の初日から末日までの分を請求のあった日から10日以内に納付するものとし、退院するときは、管理者が特別の事情があると認める場合を除き、その退院日に納付しなければならない。

(使用料及び手数料の減免)

第9条 条例第8条の規定による使用料及び手数料の減免を受けようとする者は、使用料等減免申請書を管理者に提出しなければならない。

(細則)

第10条 この規程に定めるもののほか、病院事業に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、富山市病院事業の設置等に関する条例施行規則等を廃止する規則(平成23年富山市規則第32号)による廃止前の富山市病院事業の設置等に関する条例施行規則(平成17年富山市規則第120号)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年3月31日富山市病管規程第5号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日富山市病管規程第2号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

富山市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年4月1日 市民病院管理規程第1号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第17編 公営企業/第3章 市民病院/第1節 組織・処務
沿革情報
平成23年4月1日 市民病院管理規程第1号
平成26年3月31日 市民病院管理規程第5号
平成31年3月29日 市民病院管理規程第2号