○富山市病院事業局安全衛生管理規程

平成23年4月1日

富山市民病院管理規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、富山市病院事業局の職員(以下「職員」という。)の職場における安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進するため、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)その他の法令に定めがあるもののほか、職員の安全及び衛生の管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所属長の責務)

第2条 所属長は、職場における職員の安全及び健康に留意し、災害防止のための安全施設及び快適な職場環境の整備に努めるとともに、職員の健康の保持増進のために必要な措置を講じなければならない。

(職員の責務)

第3条 職員は、常に自己の健康の保持増進に努めるとともに、法及びこの規程に基づき実施する職員の安全及び衛生のための措置に協力しなければならない。

(衛生管理者)

第4条 富山市病院事業管理者(以下「管理者」という。)は、法第12条第1項の規定により、富山市立富山市民病院及び富山市立富山まちなか病院に衛生管理者を置き、それぞれ当該事業場の職員のうちから選任する。

(産業医)

第5条 管理者は、法第13条の規定により、富山市立富山市民病院及び富山市立富山まちなか病院に産業医を置き、それぞれ医師のうちから選任する。

(衛生委員会)

第6条 法第18条第1項の規定により、別表第1欄に掲げる事業場に、同表第2欄に掲げる衛生委員会を置く。

2 衛生委員会は、別表第2欄に掲げる衛生委員会ごとに、同表第3欄に掲げる数の委員で組織する。

3 衛生委員会の庶務は、別表第2欄に掲げる衛生委員会ごとに、同表第4欄に掲げる課において処理する。

4 前3項に定めるもののほか、衛生委員会の運営に関し必要な事項は、衛生委員会が定める。

(健康診断)

第7条 職員の健康を保持するため、次に掲げる健康診断を実施する。

(1) 定期健康診断

(2) 特殊健康診断

2 職員は、前項各号に掲げる健康診断を受けなければならない。ただし、療養又は休職その他やむをえない事由により受診することができなかった職員は、他の医師の行う同項各号の健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を提出するものとする。

(細則)

第8条 この規程に定めるもののほか、職員の安全及び衛生の管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日富山市病管規程第9号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

事業場

衛生委員会名

委員数

庶務担当課

富山市立富山市民病院

富山市民病院衛生委員会

12人以内

経営管理課

富山市立富山まちなか病院

富山まちなか病院衛生委員会

7人以内

総務医事課

富山市病院事業局安全衛生管理規程

平成23年4月1日 市民病院管理規程第3号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第17編 公営企業/第3章 市民病院/第1節 組織・処務
沿革情報
平成23年4月1日 市民病院管理規程第3号
平成31年3月29日 市民病院管理規程第9号