○富山市病院事業局職員被服貸与規程

平成23年4月1日

富山市民病院管理規程第13号

(趣旨)

第1条 この規程は、富山市病院事業局の職員(以下「職員」という。)に対し、職務の執行上必要な被服の貸与に関し、必要な事項を定めるものとする。

(被貸与者、貸与品及び貸与期間)

第2条 被服を貸与される者(以下「被貸与者」という。)、貸与される被服(以下「貸与品」という。)の種別及び貸与期間については、別表に定めるとおりとする。ただし、富山市病院事業管理者(以下「管理者」という。)が予算その他の事情により必要と認めるときは、貸与品の種別を換えて貸与し、貸与品の貸与期間を変更し、又は貸与品を貸与しないことができる。

2 前項に定めるもののほか、管理者が特に必要と認めた場合、被服を貸与することができる。

(貸与品の給与)

第3条 貸与品の貸与期間が満了したときは、貸与品を被貸与者に給与する。

(貸与品の返納)

第4条 被貸与者が退職し、又は貸与品を貸与されない職員となった場合は、貸与品を清潔にし、補修した上、直ちに返納しなければならない。ただし、天災地変その他やむを得ない理由若しくは感染症等により退職したとき、又は在職中死亡したときは、この限りでない。

(被服の着用)

第5条 被貸与者は、執務中、常に貸与品を着用しなければならない。ただし、所属長の承認を得た場合は、この限りでない。

2 貸与品は、通勤のほか、勤務外に着用し、他人に貸与し、又は許可なく処分してはならない。

(貸与品の取扱い)

第6条 貸与品は、周到な注意をもって使用し、正常な状態に維持保全しなければならない。

2 貸与品のき損補修に要する費用は、自弁とする。

(亡失等による弁償)

第7条 貸与期間中において貸与品を故意又は過失によって亡失したとき、やむを得ない事由によると認められる場合のほか、相当代価を弁償しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、富山市職員被服等貸与規程(平成17年富山市訓令第12号)の規定により貸与を受けた者の貸与品は、それぞれこの規程の相当規定により貸与されたものとみなす。

附 則(平成25年3月29日富山市病管規程第4号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日富山市病管規程第10号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

被貸与者

貸与品の種別

貸与期間

医療業務に従事する職員

診療衣

1年

看護業務に従事する職員

看護衣

3年

1年

設計等の技術に従事する職員

技術服(上衣・ズボン)

4年

医療・看護補助業務に従事する職員

作業衣

3年

備考

1 職務の性質上、必要と認めるときは、貸与品にかえて、他の物を貸与することができる。

2 貸与品は、特に認めるものを除き、重複して貸与することができない。

富山市病院事業局職員被服貸与規程

平成23年4月1日 市民病院管理規程第13号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第17編 公営企業/第3章 市民病院/第2節 人事・給与
沿革情報
平成23年4月1日 市民病院管理規程第13号
平成25年3月29日 市民病院管理規程第4号
平成31年3月29日 市民病院管理規程第10号