○富山市美容師法施行条例

平成24年12月21日

富山市条例第61号

(趣旨)

第1条 この条例は、美容師法(昭和32年法律第163号。以下「法」という。)及び美容師法施行令(昭和32年政令第277号。以下「政令」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(美容の業を行う場合の衛生上必要な措置)

第2条 法第8条第3号の条例で定める衛生上必要な措置は、次のとおりとする。

(1) 美容の作業着手前には、客1人ごとに手を洗浄し、必要に応じて消毒すること。

(2) 美容の作業中は、清潔な作業衣を着用すること。

(3) 美容の作業に使用する布及び紙は、清潔なものを備えておくこと。

(4) 化粧品、医薬部外品等の使用に当たっては、性状又は品質を十分に確認し、適正に使用すること。

(5) 美容の作業に伴って生ずる毛髪等は、適切に処理すること。

(6) 法第7条ただし書の規定により美容所以外の場所において美容の業を行う場合は、次に掲げる物を携帯すること。

 使用する器具の消毒に必要な薬品及び器具

 美容の作業に必要な数の清潔なタオル等布片

 外傷の応急手当に必要な薬品及び衛生材料

(7) 前各号に掲げるもののほか、規則で定める衛生上必要な措置

(美容所の衛生上必要な措置)

第3条 法第13条第4号の条例で定める衛生上必要な措置は、次のとおりとする。

(1) 美容所は、美容の作業を行う場所(以下「作業場」という。)及び待合場に区分し、それぞれの使用に適した広さ及び構造とすること。

(2) 作業場には、消毒設備のほか、手洗い設備及び洗髪設備を設けること。

(3) 作業場には、換気を十分に行うことができる設備を設けること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、規則で定める衛生上必要な措置

(美容所以外の場所において業を行うことができる場合)

第4条 政令第4条第3号の条例で定める場合は、次のとおりとする。

(1) 興行場(興行場法(昭和23年法律第137号)第1条第1項に規定する施設をいう。)において、演芸を行う者に対し、美容を行う場合

(2) 社会福祉法(昭和26年法律第45号)第2条第1項に規定する社会福祉事業に供される施設(通所施設を除く。)において、その入所者等に対し、美容を行う場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特別の事情があるものとして、あらかじめ承認する場合

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、富山県美容師法施行条例(平成11年富山県条例第52号)第3条第3号の規定によりした承認又は同号の規定によりされた承認の申請は、第4条第3号の規定によりした承認又は同号の規定によりされた承認の申請とみなす。

富山市美容師法施行条例

平成24年12月21日 条例第61号

(平成25年4月1日施行)