○富山市地域活動支援センターの設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則

平成25年3月29日

富山市規則第61号

(定義)

第2条 この規則における用語の意義は、条例の例による。

(運営規程)

第3条 条例第4条の規則で定める重要事項は、次のとおりとする。

(1) 施設の目的及び運営の方針

(2) 職員の職種、員数及び職務の内容

(3) 利用定員

(4) 利用者に対して提供するサービスの内容並びに利用者等から受領する費用の種類及びその額

(5) 施設の利用に当たっての留意事項

(6) 非常災害対策

(7) 虐待の防止のための措置に関する事項

(8) 前各号に掲げるもののほか、運営に関する重要事項

(記録)

第4条 条例第6条第2項の規則で定める記録は、次のとおりとする。

(1) サービスの提供の記録

(2) 条例第17条第1項に規定する苦情の内容等の記録

(3) 条例第18条第1項に規定する事故の状況及び事故に際して採った処置についての記録

(設備)

第5条 条例第8条第1項ただし書の規則で定める場合は、他の社会福祉施設等の設備を利用することにより当該地域活動支援センターの効果的な運営を期待することができる場合であって、利用者に対するサービスの提供に支障がないときとする。

2 条例第8条第1項各号に掲げる設備の基準は、次のとおりとする。

(1) 創作的活動又は生産活動の機会の提供及び社会との交流の促進等ができる場所 必要な設備及び備品等を備えること。

(2) 便所 利用者の特性に応じたものであること。

(職員)

第6条 地域活動支援センターに置くべき職員の員数は、次のとおりとする。

(1) 施設長 1

(2) 指導員 2以上

2 施設長は、地域活動支援センターの管理上支障がない場合は、当該地域活動支援センターの他の職務に従事し、又は他の施設等の職務に従事することができるものとする。

3 施設長は、障害者及び障害児の福祉の増進に熱意を有し、地域活動支援センターを適切に運営する能力を有する者でなければならない。

附 則

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

富山市地域活動支援センターの設備及び運営に関する基準を定める条例施行規則

平成25年3月29日 規則第61号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第4章 障害者福祉
沿革情報
平成25年3月29日 規則第61号