○富山市風致地区内における建築等の規制に関する条例施行規則

平成26年3月31日

富山市規則第34号

(趣旨)

第1条 この規則は、富山市風致地区内における建築等の規制に関する条例(平成25年富山市条例第40号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請)

第2条 条例第2条第1項の規定により許可を受けようとする者は、風致地区内行為許可申請書(様式第1号)に設計書(同項各号に掲げる行為の区分に応じ、それぞれ様式第2号から様式第8号までのうちで該当するもの)及び別表に掲げる図面を添付して市長に提出するものとする。

(許可の表示)

第3条 条例第2条第1項の許可を受けた者は、同項各号に掲げる行為の着手の日から完了の日まで、当該行為をする場所の見やすい箇所に、風致地区内行為許可済の表示(様式第9号)を掲げるものとする。

(変更の手続)

第4条 条例第2条第1項の許可を受けた者は、その住所又は氏名を変更したときは、7日以内に住所・氏名変更届(様式第10号)を市長に提出するものとする。

2 条例第2条第1項の許可を受けた者から、当該許可に基づく地位を承継した者は、7日以内に風致地区内行為許可承継届(様式第11号)を市長に提出するものとする。

(指定する独立行政法人等)

第5条 条例第2条第3項の規則で定める独立行政法人は、次に掲げるものとする。

(1) 独立行政法人中小企業基盤整備機構

(2) 独立行政法人都市再生機構

(3) 国立研究開発法人森林研究・整備機構

(4) 独立行政法人労働者健康福祉機構

(5) 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構法(平成14年法律第165号)第14条第1項第7号に掲げる業務、同条第3項に規定する業務及び同法附則第5条第3項各号に掲げる業務に係る場合に限る。)

(6) 独立行政法人水資源機構

(7) 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

(8) 独立行政法人国立病院機構

(身分を示す証明書)

第6条 条例第6条第2項の身分を示す証明書は、様式第12号のとおりとする。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日富山市規則第19号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

風致地区内行為許可申請書に添付する図面

行為の区分

図面の種類及び縮尺

図面に明示する事項

建築物等の新築、改築、増築又は移転

付近見取図

申請地を的確に判断できるよう方位、道路、鉄道、河川、湖沼、建築物等を記入した図面に施行箇所を明示する。

配置図((1/50)(1/600))

縮尺、方位、地名、地番、敷地の境界線、敷地内の既存の建築物等、木竹の位置、敷地に接する道路の位置及び幅員、申請の建築物の配置並びに植栽計画

平面図(1/50~1/200)

縮尺、建築物等の平面

立面図

主要部分の材料の種別及び仕上方法並びに色彩

断面図

主要部分の材料の種別

構造図(1/50以上)

基礎、はり等

宅地の造成、土地の開墾その他の土地の形質の変更、土石の類の採取及び水面の埋立て又は干拓

付近見取図

申請地を的確に判断できるよう方位、道路、鉄道、河川、湖沼、建築物等を記入した図面に施行箇所を明示する。

現況及び計画平面図((1/600)程度)

縮尺、方位、行為地の境界線、等高線、地被状況等現況を明確にした図面に切土及び盛土の範囲、断面図の位置並びに施業区域を明示する。

緑地計画図((1/600)程度)

縮尺、方位、行為地の境界線、木竹の保全の状況等現況を明確にした図面に樹木等の種類及び高さ並びに植栽を行う区域を明示する。

断面図((1/600)程度)

縮尺及び計画が分かるよう縦横数箇所の現況と計画とを対比する。

木竹の伐採

付近見取図

申請地を的確に判断できるよう方位、道路、鉄道、河川、湖沼、建築物等を記入した図面に施行箇所を明示する。

現況及び計画平面図((1/600)程度)

縮尺、方位、行為地の境界線、等高線、地被状況等現況を明確にした図面に伐採樹の位置、伐採区域、樹木の大きさ(高さ及び幹周囲)及び樹種を明示する。

建築物等の色彩の変更

付近見取図

申請地を的確に判断できるよう方位、道路、鉄道、河川、湖沼、建築物等を記入した図面に施行箇所を明示する。

配置図((1/50)(1/600))

縮尺、方位、地名、地番、敷地の境界線及び敷地内の既存の建築物等

立面図

現在の色彩、変更後の色彩、仕上方法及び材料

屋外における土石、廃棄物又は再生資源の堆積

付近見取図

申請地を的確に判断できるよう方位、道路、鉄道、河川、湖沼、建築物等を記入した図面に施行箇所を明示する。

現況及び計画平面図((1/600)程度)

縮尺、方位、行為地の境界線、等高線、地被状況等現況を明確にした図面に堆積物の種類、断面図の位置及び堆積を行う区域を明示する。

断面図((1/600)程度)

縮尺及び計画が分かるよう縦横数箇所の現況と計画とを対比する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

富山市風致地区内における建築等の規制に関する条例施行規則

平成26年3月31日 規則第34号

(平成29年4月1日施行)