○富山市ひとり親等病児保育利用料助成金支給規則

平成27年3月31日

富山市規則第70号

(趣旨)

第1条 この規則は、ひとり親等に対し、病児保育の利用料の一部を助成することにより、ひとり親等の就労の支援と育児に係る経済的負担の軽減を図ることを目的とする富山市ひとり親等病児保育利用料助成金(以下「助成金」という。)の支給に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) ひとり親等 児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)第6条の規定による受給資格の認定を受けている者又は富山市ひとり親家庭等医療費助成条例(平成17年富山市条例第150号)第4条の規定による受給資格の認定を受けている者であって、生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護を受けていないものをいう。

(2) 病児保育 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第13項に規定する病児保育事業として行われる保育であって、市長が認める者が行うものをいう。

(3) 利用料 病児保育の利用者が支払う利用料(実費を除く。)をいう。

(対象者)

第3条 利用料の助成を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、ひとり親等であって、病児保育を利用した日において、当該ひとり親等及びその養育する児童が、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)により本市の住民票に記録されている者とする。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、当該ひとり親等及びその養育する児童が本市の住民票に記録されていなくても対象者とすることができる。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は、病児保育の対象となる児童1人につき1日あたりの利用料の額(この規則による助成金以外に受けることができる助成がある場合は、当該助成の額を控除した額)の2分の1(利用料の額の2分の1が1,000円を超えるときは、1,000円)とする。この場合において、当該助成金の額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとする。

(助成金の申請)

第5条 利用料の助成を受けようとする者は、病児保育を利用した日の属する年度の翌年度の5月末日までに市長に申請しなければならない。

2 前項の申請は、富山市ひとり親等病児保育利用料助成金支給申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付又は提示して行わなければならない。

(1) 病児保育利用料の領収書

(2) 児童扶養手当証書又は富山市ひとり親家庭等医療費受給資格証

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

3 市長は、前項の書類を公簿等により確認できるときは、当該書類の添付又は提示を省略させることができる。

(支給決定等)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、内容を審査のうえ、助成金の支給の可否を決定するものとする。この場合において、助成金の支給を決定したときは富山市ひとり親等病児保育利用料助成金支給決定通知書(様式第2号)により、助成金の不支給を決定したときは富山市ひとり親等病児保育利用料助成金不支給決定通知書(様式第3号)により当該申請をした者に通知するものとする。

(助成金の返還)

第7条 偽りその他不正な行為によって助成金を受けた者があるときは、市長は、その者から助成金の額の全部又は一部の返還を求めることができる。

(譲渡又は担保の禁止)

第8条 助成金を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはならない。

(細則)

第9条 この規則に定めるもののほか助成金の支給に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

富山市ひとり親等病児保育利用料助成金支給規則

平成27年3月31日 規則第70号

(平成27年4月1日施行)