○豊中市中央安全衛生委員会設置規則

平成6年11月1日

規則第45号

(設置)

第1条 労働安全衛生に関する法令及び豊中市職員安全衛生管理規則(平成6年豊中市規則第46号)の趣旨に鑑み,安全衛生管理体制の総合的かつ有機的な連携を図るとともに,事業場安全衛生委員会の相互の連絡及び調整を図るため,中央安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(組織)

第2条 委員会は,委員32人で組織し,次に掲げる者をもって構成する。この場合において,第5号の者である委員は,労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第19条第4項に規定する方法により指名されたものとする。

(1) 総務部担当の副市長

(2) 別表第1に掲げる総括安全衛生管理者

(3) 主任産業医

(4) 職員課長

(5) 別表第2に掲げる組織において安全衛生に関し経験を有する者 16人

(委員長)

第3条 委員会に委員長を置き,前条第1号に掲げる者をもって充てる。

(委員長の職務)

第4条 委員長は,委員会の事務を総理し,委員会を代表する。

(会議)

第5条 委員会は,委員長が必要と認めたときに招集し,委員長がその議長となる。

2 委員会は,委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

(総括安全衛生委員会)

第6条 委員会に別表第3に掲げる組織に当該組織に属する事業場安全衛生委員会の相互の連携を図らせるため,総括安全衛生委員会を置く。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は,総務部職員課で処理する。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか,委員会の運営について必要な事項は,委員会が定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月12日規則第54号抄)

1 この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年5月31日規則第52号)

この規則は,平成13年6月1日から施行する。

附 則(平成14年4月1日規則第19号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年5月30日規則第60号)

この規則は,平成15年6月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第3号抄)

1 この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月23日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月26日規則第2号抄)

1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月26日規則第8号)

この規則は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年4月1日規則第25号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月30日規則第13号)

この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第75号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月22日規則第34号)

この規則は,平成31年4月1日から施行する。

別表第1

豊中市職員安全衛生管理規則別表第1総括安全衛生管理者となるべき者の職の欄に掲げる総括安全衛生管理者(消防局にあっては消防局長の職にある者,教育委員会にあっては教育委員会事務局長の職にある者とする。)並びに上下水道局,市立豊中病院及び豊中市伊丹市クリーンランドの総括安全衛生管理者

別表第2

環境部,財務部,福祉部,健康医療部,こども未来部,都市計画推進部,都市基盤部,消防局,教育委員会及び本庁並びに上下水道局,市立豊中病院及び豊中市伊丹市クリーンランド

別表第3

環境部,都市基盤部,消防局及び教育委員会

豊中市中央安全衛生委員会設置規則

平成6年11月1日 規則第45号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第1編 則/第2章 職制及び職務権限/ 委員会
沿革情報
平成6年11月1日 規則第45号
平成11年4月12日 規則第54号
平成13年5月31日 規則第52号
平成14年4月1日 規則第19号
平成15年5月30日 規則第60号
平成17年3月31日 規則第3号
平成19年3月23日 規則第1号
平成19年3月26日 規則第2号
平成20年3月26日 規則第8号
平成23年4月1日 規則第25号
平成24年3月30日 規則第13号
平成27年3月30日 規則第75号
平成31年3月22日 規則第34号