○豊中市帳票規程

平成20年4月1日

訓令第6号

(目的)

第1条 この規程は,本市で使用する帳票の作成及び管理について必要な事項を定め,帳票の単一化及び標準化を通じて事務制度の改善を図り,事務能率の向上と経費の節約に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 帳票 必要事項を記入するため,余白を設けて一定の様式を印刷又は謄写した事務用紙,帳簿,伝票,カード等(情報システムを利用して作成するものを含む。)をいう。

(2) 帳票の様式 帳票に記入すべき項目及びその配置,区画並びに間隔,使用する活字の種類及び大きさ,仕上寸法,紙質,刷色等帳票として必要な内容となる条件をいう。

(3) 課 豊中市事務分掌規則(昭和37年豊中市規則第7号)その他の組織に関する定めに基づく課(中部地域連携センター,南部地域連携センター,北部地域連携センター,千里地域連携センター及び福祉事務所を含む。)及び会計課をいう。

(帳票の種類)

第3条 帳票の種類は,次に掲げるとおりとする。

(1) 外部帳票 職員以外の者が記入し,又は受け取る帳票をいい,次の各号に細分する。

 共通帳票 各課共通に常時使用する帳票で様式が全く同一のもの

 準共通帳票 各課共通に常時使用する帳票で様式の一部を異にするもの

 特定帳票 特定の課で常時使用するもの

 臨時帳票 臨時に使用する帳票で常備しないもの

(2) 内部帳票 外部帳票以外の帳票

(帳票の立案)

第4条 帳票は,外部帳票のうち共通帳票にあっては当該帳票に関する事務を統轄する課において,準共通帳票,特定帳票及び臨時帳票にあっては当該帳票に関する事務を所管する課において,立案するものとする。

2 内部帳票の立案については,前項の例による。

3 帳票は,日本産業規格A列を標準とし,その設計基準は,別に定める。

(帳票の作成等)

第5条 帳票を作成し,改正し,又は廃止しようとするときは,豊中市事務決裁規程(昭和37年豊中市訓令第2号)の定めるところにより,決裁権者の決裁を経なければならない。

(指導,助言及び調整)

第6条 総務部行政総務課長は,必要と認めるときは,各課の長に対し,帳票の作成及び改善について指導し,及び助言を行うとともに,庁内の調整をすることができる。

(細目)

第7条 この規程の施行について必要な事項は,別に定める。

附 則

この規程は,令達の日から施行する。

附 則(平成23年4月1日訓令第6号)

この規程は,令達の日から施行する。

附 則(平成24年3月30日訓令第6号)

この規程は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日訓令第8号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年5月31日訓令第6号)

この規程は,令達の日から施行する。

附 則(平成29年3月28日訓令第5号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和元年6月28日訓令第1号)

この規程は,令和元年7月1日から施行する。

豊中市帳票規程

平成20年4月1日 訓令第6号

(令和元年7月1日施行)

体系情報
第1編 則/第2章 職制及び職務権限/ 処務
沿革情報
平成20年4月1日 訓令第6号
平成23年4月1日 訓令第6号
平成24年3月30日 訓令第6号
平成27年3月27日 訓令第8号
平成28年5月31日 訓令第6号
平成29年3月28日 訓令第5号
令和元年6月28日 訓令第1号