○豊中市印鑑条例施行規則

昭和50年9月30日

規則第28号

(目的)

第1条 この規則は,豊中市印鑑条例(昭和50年豊中市条例第23号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(押印に使用する印肉)

第2条 印鑑の登録等に必要な手続のために印鑑を押印するときは,朱肉又は黒肉を使用しなければならない。

(登録申込みの受理)

第3条 市長は,条例第3条第1項の規定による印鑑登録の申込みがあったときは,当該申込者の住所,氏名(氏に変更があった者に係る住民票に旧氏の記載がされている場合にあっては氏名及び当該旧氏,外国人住民に係る住民票に通称の記載がされている場合にあっては氏名及び当該通称),生年月日及び男女の別を住民基本台帳と照合したうえ,これを受理するものとする。

(成年後見人の確認)

第3条の2 条例第4条第2項に規定する市規則で定める確認の方法は,当該成年後見人が申込者の成年後見人であることを証する書類及び本人であることを証する書類を提示させる方法とする。

2 前項に規定する申込者の成年後見人であることを証する書類は,登記事項証明書その他の市長が適当と認める書類とする。

3 第1項に規定する本人であることを証する書類は,次条第1項各号に掲げる書類その他の市長が適当と認める書類とする。

(登録申込みの確認)

第4条 条例第5条第1項に規定する市規則で定める確認の方法(第3項において「確認の方法」という。)は,照会書を申込者に送付し,期限を付してその回答書及び市長が適当と認める本人であることを証する書類を持参させる方法とする。ただし,申込みが条例第3条第1項本文の規定によるものである場合は,次の各号のいずれかの書類の提示により確認を行うことがある。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)による運転免許証又は運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る。)

(2) 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)による在留カード,一時護許可書及び仮滞在許可書

(3) 日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)による特別永住者証明書

(4) 旅券法(昭和26年法律第267号)による旅券

(5) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)による身体障害者手帳

(6) 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成25年法律第28号)第19条の規定による改正前の住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)による住民基本台帳カード(以下「住民基本台帳カード」という。)(写真付カードに限る。)

(7) 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)による個人番号カード(以下「個人番号カード」という。)

(8) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律123号)による精神障害者保健福祉手帳(写真が表示されたものに限る。)

(9) 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)による療育手帳(写真が表示されたものに限る。)

2 前項本文の規定により付すべき期限は,照会書を送付した日から1箇月以内とする。

3 第1項の規定にかかわらず,申込者が成年被後見人である場合における確認の方法は,第1項各号のいずれかの書類を提示させる方法とする。

4 第1項本文に定める場合において,申込者が自ら持参することができないときは,回答書,申込者及び代理人に係る同項本文に規定する書類並びに委任の旨を証する書面を持参させることによって,代理人によりこれを行うことができる。

(印鑑登録原票)

第5条 条例第6条に規定する印鑑登録原票には,次の各号に掲げる事項を登録する。

(1) 登録番号

(2) 登録年月日

(3) 氏名(氏に変更があった者に係る住民票に旧氏の記載がされている場合にあっては氏名及び当該旧氏,外国人住民に係る住民票に通称の記載がされている場合にあっては氏名及び当該通称)

(4) 出生の年月日

(5) 男女の別

(6) 住所

(7) 印影

(8) 外国人住民が住民票の備考欄に記載がされている氏名の片仮名表記又はその一部を組み合わせたもので表されている印鑑により登録を受ける場合にあっては,当該氏名の片仮名表記

2 前項各号に掲げる事項を登録した印鑑登録原票については,磁気ディスクをもって調製する。

(印鑑登録証)

第6条 条例第7条に規定する印鑑登録証は,第1号様式によるものとする。

(印鑑登録証の再交付)

第7条 条例第8条に規定する印鑑登録証の再交付の申込みは,印鑑登録証再交付申込書にき損し,又は汚損した印鑑登録証を添えて行わなければならない。

2 市長は,前項の規定による申込みがあったときは,印鑑登録原票により登録事項を確認したうえ,印鑑登録証を再交付するものとする。

(印鑑等の亡失の届出)

第8条 条例第9条の規定による印鑑登録に係る印鑑又は印鑑登録証の亡失の届出は,登録印鑑・印鑑登録証亡失届書によって行わなければならない。

(登録廃止の届出)

第9条 条例第11条の規定による印鑑の登録を廃止しようとするときは,印鑑登録廃止届によって行わなければならない。

(消除した印鑑登録の処理及び書類の保存期間)

第10条 条例第12条の規定により印鑑の登録を消除したときは,印鑑登録原票に消除した年月日及び消除理由を記録し,これを5年間保存するものとする。

2 前項に規定するもののほか,関係書類は,3年間保存するものとする。

(印鑑登録証明の交付)

第11条 市長は,条例第14条第1項の規定による印鑑登録証明の請求があったときは,当該請求書及び印鑑登録証の記載事項と印鑑登録原票の登録事項とを照合し,相違ないことを確認のうえ印鑑登録証明書を交付するものとする。

2 条例第14条第2項の規定により印鑑登録証明書の交付を請求しようとする者は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める行為を行わなければならない。

(1) 住民基本台帳カード 多機能端末機(条例第7条ただし書に規定する多機能端末機をいう。以下同じ。)又は住民基本台帳カード認証機(同条ただし書に規定する住民基本台帳カード認証機をいう。)に認証させること及び住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例(令和3年豊中市条例第32号)附則第2項の規定によりなお従前の例によることとされる住民基本台帳カードの利用に関する条例施行規則を廃止する規則(令和3年豊中市規則第68号)による廃止前の住民基本台帳カードの利用に関する条例施行規則(平成21年豊中市規則第2号。以下「廃止前の住民基本台帳カード利用規則」という。)第6条の規定により設定した暗証番号を入力すること。

(2) 個人番号カード 多機能端末機又は個人番号カード認証機(条例第7条ただし書に規定する個人番号カード認証機をいう。)に認証させること及び多機能端末機にあっては,電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律施行規則(平成15年総務省令第120号)第42条第2項の規定により設定した暗証番号を入力すること。

3 市長は,前項の規定により入力された暗証番号が住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例附則第2項の規定によりなお従前の例によることとされる廃止前の住民基本台帳カード利用規則第6条又は電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律施行規則第42条第2項の規定により設定した暗証番号と合致したときは,印鑑登録証明書を交付するものとする。

(印鑑登録原票等の持出し禁止)

第12条 印鑑登録原票その他の関係書類等は,災害等の非常の場合を除き,所定以外の場所に持ち出してはならない。

(申込書等の様式)

第13条 この規則による申込書その他の書類の様式並びに条例に規定する申込書等の様式については,市長が別に定める。

(施行細目)

第14条 この規則の施行について必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

1 この規則は,昭和50年10月1日から施行する。

附 則(昭和63年1月11日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成3年4月1日規則第9号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月30日規則第5号)

1 この規則は,平成13年4月1日から施行する。

2 この規則による改正前の豊中市印鑑条例施行規則(以下「改正前の規則」という。)第1号様式による印鑑登録証については,この規則の施行の日から6月以内の間は,なおこれを使用することができる。

3 改正前の規則に基づき交付された印鑑登録証(前項の規定により交付された印鑑登録証を含む。)については,この規則による改正後の豊中市印鑑条例施行規則に基づき交付された印鑑登録証とみなす。

附 則(平成15年8月25日規則第70号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月23日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成21年1月5日規則第2号抄)

1 この規則は,平成21年2月2日から施行する。〔以下略〕

附 則(平成24年3月30日規則第15号)

この規則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月6日規則第100号)

この規則は,平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成26年5月21日規則第49号)

この規則は,平成26年5月26日から施行する。

附 則(平成27年1月30日規則第4号)

1 この規則は,平成27年2月2日から施行する。

2 この規則の施行の際,現にこの規則による改正前の豊中市印鑑条例施行規則第10条第1項の規定により保存されている印鑑登録原票については,この規則による改正後の豊中市印鑑条例施行規則第10条第1項の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成27年12月25日規則第117号)

この規則は,平成28年1月1日から施行する。

附 則(令和元年5月24日規則第2号)

この規則は,令和元年5月26日から施行する。

附 則(令和元年9月27日規則第15号)

この規則は,令和元年11月5日から施行する。

附 則(令和元年12月12日規則第35号)

この規則は,令和元年12月14日から施行する。

附 則(令和3年9月28日規則第68号抄)

1 この規則は,公布の日から施行する。

画像

豊中市印鑑条例施行規則

昭和50年9月30日 規則第28号

(令和3年9月28日施行)

体系情報
第1編 則/第2章 職制及び職務権限/ 処務
沿革情報
昭和50年9月30日 規則第28号
昭和63年1月11日 規則第1号
平成3年4月1日 規則第9号
平成13年3月30日 規則第5号
平成15年8月25日 規則第70号
平成19年3月23日 規則第1号
平成21年1月5日 規則第2号
平成24年3月30日 規則第15号
平成24年7月6日 規則第100号
平成26年5月21日 規則第49号
平成27年1月30日 規則第4号
平成27年12月25日 規則第117号
令和元年5月24日 規則第2号
令和元年9月27日 規則第15号
令和元年12月12日 規則第35号
令和3年9月28日 規則第68号