○豊中市立地域共生センター条例施行規則

昭和34年4月12日

規則第5号

(目的)

第1条 この規則は,豊中市立地域共生センター条例(昭和34年豊中市条例第10号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(休館日)

第2条 地域共生センター(以下「センター」という。)の使用時間は,午前9時から午後10時までとする。ただし,市長が必要と認めるときは,これを短縮し,又は延長することができる。

2 センターの休館日は,12月29日から翌年1月3日までとする。ただし,市長が特に必要と認めるときは,これを変更し,又は臨時に休館することがある。

(職員)

第3条 センターに,所長その他必要な職員を置く。

第4条 所長は,上司の命を受けてセンターの業務を掌理し,所属員を指揮監督する。

2 職員は,所長の命を受けて所掌業務に従事する。

(使用承認の申込み)

第5条 条例第2条の規定により,センターの施設(以下「施設」という。)を使用しようとする者は,あらかじめ市長に使用承認申込書を提出しなければならない。

2 前項の申込みは,使用する日の属する月の6月前(条例第2条第2項の規定による施設の使用については,2月前)の月の初日(センターの休館日に当たるときは,その日の翌日)から受け付けるものとする。ただし,市長が特に必要と認めるものについては,この限りでない。

(使用の承認)

第6条 施設の使用承認は,前条第1項の申込書を受け付けた順序による。ただし,市長が特に必要と認めるものについては,この限りでない。

(使用承認書の交付)

第7条 施設の使用を承認したときは,使用承認書に承認印を押して,申込者に交付する。

(使用時間の計算及び延長)

第8条 使用時間には,本来の使用目的に要する時間のほか,その準備及び後始末に要する時間を含むものとする。

2 施設の使用承認を受けた者(以下「使用者」という。)は,承認なく使用時間を延長することができない。

(使用承認書の提示義務)

第9条 使用者は,使用の際,交付された使用承認書をセンター職員に提示しなければならない。

(使用者の義務)

第10条 使用者は,条例に定めるもののほか,次の各号に掲げる義務を履行しなければならない。

(1) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(2) 承認なく館内にはり紙,くぎ打ち等をしないこと。

(3) 承認を受けた以外の器具及び備品を使用しないこと。

(4) 入館者に対して,次条の規定を順守させること。

(5) 使用施設及び附属設備の準備,後始末,原状回復等について,センター職員の指示に従うこと。

(6) センターの敷地内で喫煙しないこと。

(入館者の義務)

第11条 入館者は,次の各号に掲げる義務を履行しなければならない。

(1) 所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(2) 館内を清潔に保つこと。

(3) 他人に迷惑をかける行為をしないこと。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) センターの敷地内で喫煙しないこと。

(6) その他センター職員の指示に従うこと。

(使用料)

第12条 条例第6条に規定する使用料は,別表のとおりとする。

(使用料の減免)

第13条 条例第6条ただし書の規定により,使用料の減免を受けようとする者は,使用料減免申込書を市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第14条 条例第7条ただし書の規定による使用料の還付は,次に定めるところによる。

(1) 使用者の責めによらない理由によって使用することができないとき 既納の使用料の全額

(2) 条例第5条第1項第5号の規定により市長が使用承認を取り消したとき 既納の使用料の全額

(3) 使用の前日までに使用承認の取消しを申し出て,市長が相当の理由があると認めたとき 既納の使用料の5割の額

(建物等の滅失等の届出)

第15条 使用者は,建物,附属物又は器具を滅失し,又は毀損したときは,直ちに届け出て,センター職員の指示を受けなければならない。

(使用終了の届出)

第16条 使用者は,施設の使用が終わったときは,直ちに届け出て,センター職員の確認を受けなければならない。

(申込書等の様式)

第17条 この規則による申込書,承認書等の様式については,市長が別に定める。

(施行細目)

第18条 前各条に定めるもののほか,この規則の施行について必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

1 この規則は,公布の日から施行する。

2~4 他の規則改正に付〔略〕

附 則(昭和36年7月1日規則第15号)

1 この規則は,公布の日から施行し,昭和36年4月1日から適用する。

2 この規則施行の際,改正前の規定により交付された許可書,身分証等で現に効力を有するものは,この規則の相当規定により交付されたものとみなす。

3 この規則施行の際,現に保有する改正前の規則に定める様式による申請書,届書,その他の用紙類は,当分の間使用することができる。

附 則(昭和59年3月31日規則第15号)

この規則は,昭和59年4月1日から施行する。ただし,第9条第3項の改正規定は,昭和59年5月1日から施行する。

附 則(昭和61年7月1日規則第30号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規則第42号)

1 この規則は,公布の日から施行する。ただし,別表の改正規定は,平成11年7月1日から施行する。

2 この規則の施行の日から平成11年6月30日までの間に限り,この規則(前項ただし書の改正規定を除く。以下同じ。)による改正後の福祉会館条例施行規則第2条第1項の規定は,同項中「午後10時」とあるのは「午後9時」と読み替えて適用する。

3 この規則の施行の際,この規則による改正前の福祉会館条例施行規則の規定により交付された許可書で現に効力を有するものは,この規則の相当規定により交付されたものとみなす。

附 則(平成11年7月1日規則第66号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月30日規則第5号抄)

1 この規則は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年4月1日規則第37号)

1 この規則は,平成15年7月1日から施行する。

2 平成15年4月1日前にされたこの規則の施行日以後の会館の施設の使用の承認に係る使用料の額については,この規則による改正後の福祉会館条例施行規則別表の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成19年3月23日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成25年10月1日規則第93号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(令和2年12月22日規則第87号)

この規則は,福祉会館条例の一部を改正する条例(令和2年豊中市条例第54号)の施行の日から施行する。

別表

区分

午前

午後

夜間

全日

9時から12時まで

1時から5時まで

6時から10時まで

会議室1

600円

1,100円

1,100円

2,400円

会議室2

600円

1,100円

1,100円

2,400円

会議室3

1,100円

1,400円

1,400円

3,600円

会議室4

1,100円

1,400円

1,400円

3,600円

大会議室

1,800円

2,400円

2,400円

4,800円

備考

1 2区分にわたって継続して使用するときの使用料は,それぞれの区分の使用料の合計額とする。

2 同一の日において同一の施設を3区分にわたって使用するときの使用料は,全日の区分の使用料とする。

豊中市立地域共生センター条例施行規則

昭和34年4月12日 規則第5号

(令和3年4月5日施行)

体系情報
第4編 社会福祉/ 福祉施設
沿革情報
昭和34年4月12日 規則第5号
昭和36年7月1日 規則第15号
昭和59年3月31日 規則第15号
昭和61年7月1日 規則第30号
平成11年4月1日 規則第42号
平成11年7月1日 規則第66号
平成13年3月30日 規則第5号
平成15年4月1日 規則第37号
平成19年3月23日 規則第1号
平成25年10月1日 規則第93号
令和2年12月22日 規則第87号