○豊中市大字柴原ほか三大字財産区墓地条例

昭和39年10月10日

条例第36号

(目的)

第1条 この条例は,豊中市大字柴原,大字内田,大字野畑,大字少路財産区墓地の管理及び使用について必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 墓地の名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 豊中市大字柴原ほか三大字財産区墓地

(2) 位置 豊中市柴原町4丁目113番地

(管理)

第3条 豊中市大字柴原ほか三大字財産区墓地(以下「墓地」という。)は,法令に別段の定めがある場合を除くほか,財産区管理者(以下「管理者」という。)が管理する。

(使用の申込み)

第4条 墓地の使用は,当市に住所を有する戸籍筆頭者が申込みをして管理者の承認を受けなければならない。ただし,管理者がやむを得ない事情にあると認めるときは,戸籍筆頭者でない世帯主又は親族若しくは縁故者から申込みを受けることができる。

2 管理者が必要と認めるときは,当市外に住所を有する戸籍筆頭者その他の者に対しても使用を承認することができる。

3 前2項に規定するもののほか,当市又は当市外に住所を有する法人等に対しても管理者が必要と認めるときは,使用を承認することができる。

(承認の条件)

第5条 管理者は,墓地の使用承認に条件をつけることができる。

(使用の制限)

第6条 墓地は,焼骨の埋蔵の目的以外に使用してはならない。ただし,墳墓の建設のための使用又は祭事その他のための臨時使用で管理者の承認を受けた場合は,この限りでない。

(使用料)

第7条 使用料は,3.3平方メートル当たり600,000円を超えない額の範囲内において管理者が定める額を使用承認の際徴収する。

(使用料の減免)

第8条 管理者において特別の事由があると認めたときは,使用料を減免することができる。

(使用料の返還)

第9条 管理者が必要と認める場合のほか,既納の使用料は返還しない。

(使用権の譲渡制限)

第10条 墓地使用の権利は,相続による場合のほか,他に譲渡することはできない。ただし,第4条第1項ただし書及び同条第2項の規定により権利を得た者から死亡者の相続人又はその親族に譲渡する場合は,この限りでない。

(管理上の措置)

第11条 管理者は,墓地の使用者に対し,使用場所の設備及び維持について管理上必要な措置を命ずることができる。

(墓地の返還)

第12条 使用の場所の全部又は一部が不用となったときは,墓地の使用者は,自己の費用をもってその場所を原状に回復し,管理者に返還しなければならない。

(承認の取消し)

第13条 次の各号のいずれかに該当するときは,管理者は,使用の承認を取り消すことができる。

(1) 承認を受けた目的以外に墓地を使用したとき。

(2) 管理者の承認なく使用権を譲渡し,又は使用場所を転貸ししたとき。

(3) 法令又はこの条例に違反したとき。

(4) 承認を受けた後,2年を経過してもこれを使用しないとき。ただし,碑表その他囲い等を設けたときは,この限りでない。

(5) 管理者において公益上又は管理上必要と認めるとき。

2 前項の規定により使用の承認を取り消されたときは,遅滞なくその場所を原状に回復し,管理者に返還しなければならない。

3 第1項第5号の規定により,使用承認を取り消す場合においては,管理者の定める移転料を補償する。

(代執行)

第14条 第12条及び前条第2項の規定による原状回復の義務を履行しないときは,管理者がこれを執行して,その費用を徴収する。

(使用権の消滅)

第15条 次の各号のいずれかに該当するときは,墓地の使用権は消滅する。

(1) 使用者が住所不明となり又は死亡した場合で,相続人又は親族若しくは縁故者から7年以内に使用承継の申出がないとき。

(2) 使用者である法人が解散したとき。

2 前項各号の規定により使用権が消滅したときは,管理者は,その墳墓その他の物件を無縁墓地として処理することができる。

(使用場所)

第16条 墳墓の造営場所及び碑石形像類の建設場所の使用は,使用者1人に1箇所とする。ただし,管理者が必要と認めるときは,この限りでない。

(過料)

第17条 管理者は,第13条第1項第1号から第3号までの規定により承認を取り消された者その他墓地をみだりに使用した者に対して50,000円以下の過料を科することができる。

2 前項の場合においても,財産区の損害賠償の請求を妨げない。

(委任規定)

第18条 この条例の施行について必要な事項は,管理者が別に定める。

附 則

1 この条例は,公布の日から施行する。

2 この条例施行の際,現に墓地を使用している者は,この条例により使用許可を受けたものとみなす。

附 則(昭和58年4月1日条例第14号)

この条例は,公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月31日条例第2号抄)

1 この条例は,平成12年4月1日から施行する。

3 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については,なお従前の例による。

附 則(平成13年3月30日条例第1号)

この条例は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月23日条例第1号)

この条例は,公布の日から施行する。

豊中市大字柴原ほか三大字財産区墓地条例

昭和39年10月10日 条例第36号

(平成19年3月23日施行)