○豊中市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年4月1日

病院事業管理規程第3号

(目的)

第1条 この規程は,豊中市病院事業の設置等に関する条例(昭和41年豊中市条例第47号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(診療の種類)

第2条 診療は,外来診療及び入院診療を行うものとする。

(診療受付時間及び休診日)

第3条 外来患者の診療受付時間及び休診日は,次のとおりとする。ただし,病院事業管理者(以下「管理者」という。)が特に必要と認めるときは,診療受付時間を変更し,又は診療を休止し,若しくは休診日に診療を行うことができる。

(1) 受付時間

 初診 午前8時30分から午前11時まで

 再診 午前8時から午後4時まで(予約診療でない場合は,午前8時から午前11時まで)

(2) 休診日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

 12月29日から翌年の1月3日までの日(に掲げる日を除く。)

2 前項の規定にかかわらず,緊急を要する患者には,診療を行う。

(診療の申込み)

第4条 診療を受けようとする者は,診療申込書に必要事項を記入し,診察券の交付を受けるものとする。

2 診察券の交付を受けた者は,通院の都度診察券を提出し,病院長の定める手続に従い,診療を受けるものとする。

(入院等の手続)

第5条 入院診療を受けようとする者は,独立の生計を営む者を保証人とし,その連署をもって,入院申込書を提出して,病院長の承認を受けなければならない。

2 病院長は,必要があると認めるときは,前項の保証人の変更を命じることができる。

3 特別室又は個室を利用しようとする者は,個室等使用申込書を病院長に提出しなければならない。

4 入院患者が退院又は外泊しようとするときは,病院長の承認を受けなければならない。

5 手術,特殊検査等を受けようとする者は,同意書を提出しなければならない。

(申込書等の様式)

第6条 この規程による申込書等の書類及び第4条に規定する診察券の様式については,管理者が別に定める。

(診療上の指示等)

第7条 病院長は,病院の秩序保持のため,患者その他の者に対し必要な指示を行うことができる。

(入院等の制限)

第8条 管理者は,次の各号のいずれかに該当すると認める場合は,入院を拒み,又は退院を命ずることができる。

(1) 入院患者が定員に達したとき。

(2) 入院による診療の必要がなくなったと認められるとき。

(3) 正当な理由なしに料金又は手数料を滞納したとき。

(4) 条例若しくはこの規程又はこれらに基づく管理者の指示に違反したとき。

(5) 前各号に定める場合のほか,管理者が病院の管理上不適当と認めるとき。

(料金等)

第9条 条例第10条第1項に規定する料金は,次の各号に定めるところにより算定する。

(1) 条例第10条第1項第1号に規定する診療報酬算定方法等により算定し難い料金は,別表第1のとおりとする。ただし,これにより難いものについては,管理者が別に定める。

(2) 条例第10条第1項第2号に規定する入院料加算額は,別表第2のとおりとする。

2 条例第10条第3項に規定する手数料は,別表第3のとおりとする。

3 前項の場合において,同一文書について同時に2通以上の請求があるときは,1通を増すごとに5割増とする。ただし,内容の異なるときは,この限りでない。

4 条例第11条に規定する管理規程で定める額は,次のとおりとする。

区分

駐車料金の限度額

外来患者

1日につき 200円

入院患者

1日につき 500円

備考

1 外来患者の駐車料金の限度額は,診療当日における来院の都度の駐車に係る駐車料金をいう。

2 外来患者には,その者が当該診療を受けた日に入院したものを含む。

3 入院患者の駐車料金の限度額は,入院患者のうち,管理者が特にやむを得ないと認め,入院中の駐車の承認をした者の駐車に係る駐車料金をいう。

(料金等の納付)

第10条 条例第12条の規定による料金の納付は,その都度納付するものとする。ただし,入院患者については,月の中途において退院する場合にあっては当該退院の際に,入院が翌月に引き続く場合にあっては当該月分を管理者の定める日までに納付するものとする。

2 条例第12条の規定による駐車料金の納付は,自動車駐車場を利用する者(以下「利用者」という。)が,自動車駐車場から出場する際に,第4条に規定する診察券及び入場の際に交付を受けた駐車券による料金の精算を受け,当該料金を現金により納付するものとする。

3 管理者は,駐車券の紛失,破損,汚損等により,利用者の入場時間を確認できないときは,入場日の午前8時に入場したものとみなし,料金を算定する。

4 管理者が特別の理由があると認めるときは,料金等の徴収を猶予することができる。

(料金等の減免)

第11条 条例第13条の規定による料金又は手数料の減免は,次の各号のいずれかに該当する者に対しては,本人又は保護者の申込みにより決定する。

(1) 公費の扶助を受けている者

(2) 管理者が前号に準ずる状態にあると認める者

(3) その他管理者が必要と認める者

2 条例第13条の規定による駐車料金の減免は,本人又は同乗者の申込みにより,次の各号に定めるところにより決定する。

(1) 自動車駐車場の管理業務にかかわる自動車を駐車させるとき 免除

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に基づく身体障害者手帳,国が定める療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に基づく療育手帳又は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者その他管理者がこれらの者に準ずると認める者が運転又は同乗している自動車を駐車させるとき 免除

(3) 救急科の診療を受ける患者が運転又は同乗している自動車を駐車させるとき 免除

(4) その他管理者が特別の理由があると認めるとき 免除又はその都度管理者が定める割合の減額

3 前2項の規定に基づく申込者は,減免申込書により,承認を受けなければならない。ただし,管理者がやむを得ない理由があると認めるときは,減免申込書によらず,他の方法をもって減免することができる。

4 第1項の規定により料金又は手数料を減免する場合でも,法令,規則,規約その他により療養費の支給を受ける者に対しては,所定の料金を徴収する。ただし,療養費の額が所定の料金に達しないときは,その額にとどめる。

(料金等の後納)

第12条 次のいずれかに該当する場合は,料金又は手数料を後納させることができる。

(1) 診療の結果でなければ料金を算定し難いとき。

(2) 応急の診療を要し,直ちに料金を算定し難いとき。

(3) その他管理者が特に必要があると認めるとき。

(料金等の還付)

第13条 既納の料金又は手数料若しくは駐車料金に過誤を生じたときは,当該過誤納金を還付することができる。

(施行細目)

第14条 前各条に定めるもののほか,この規程の施行について必要な事項は,管理者が別に定める。

この規程は,公布の日から施行する。ただし,別表第2及び別表第3の規定については,平成23年5月1日から施行し,施行日前の入院料加算額及び手数料については,なお従前の例による。

(平成26年3月31日病院事業管理規程第4号)

この規程は,公布の日から施行する。

(平成26年12月25日病院事業管理規程第12号)

この規程は,平成27年1月1日から施行する。

(平成27年3月30日病院事業管理規程第10号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

(平成28年3月31日病院事業管理規程第8号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

(平成31年2月1日病院事業管理規程第1号)

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

(平成31年3月14日病院事業管理規程第2号)

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

(令和4年9月29日病院事業管理規程第11号)

この規程は,令和4年10月1日から施行する。

(令和4年12月27日病院事業管理規程第18号)

この規程は,令和5年1月1日から施行する。

別表第1

診療報酬算定方法等により算定し難い料金

種別

料金

備考

分べん料

市民利用者

1回 時間内 210,000円

時間外 230,000円

深夜及び休日 250,000円

時間内,時間外,深夜及び休日の区分は,診療報酬算定方法等の例による。

分べん料

市民でない利用者

1回 時間内 250,000円

時間外 274,000円

深夜及び休日 298,000円

時間内,時間外,深夜及び休日の区分は,診療報酬算定方法等の例による。

新生児入院料

1日 6,000円


労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)の規定による療養補償給付の費用の額の算定方法

労災診療費算定基準(昭和51年1月13日労働省基発第72号)により算定した額


初診に係る特別の料金

7,000円(歯科5,000円)

緊急その他やむをえない事情など管理者が別に定める基準に該当する場合は,この限りでない。

再診に係る特別の料金

3,000円(歯科1,900円)

緊急その他やむをえない事情など管理者が別に定める基準に該当する場合は,この限りでない。

健康保険の給付外の診療行為

別に定める基準に基づき管理者がその都度定める。


別表第2

入院料加算額

種別

料金

市民利用者

市民でない利用者

特別室A

1日につき 20,000円

1日につき 30,000円

特別室B

1日につき 16,000円

1日につき 24,000円

個室

1日につき 7,000円

1日につき 10,500円

個室(準)

1日につき 2,000円

1日につき 3,000円

備考

1 この表のうち重篤患者に供するために管理者が別に定める室については,当該加算額を徴収しない。

2 1日につきとは,午前0時から午後12時までの間の利用をいう。

別表第3

手数料

種別

料金

一般診断書

1通 1,000円

死亡診断書(死体検案書)

1通 1,000円

保険用診断書

1通 5,000円

交通事故診断書

1通 5,000円

英文等特殊診断書

1通 5,000円

障害診断書

1通 3,000円

交通事故障害診断書

1通 5,000円

特定疾患等複雑診断書(新規)

1通 5,000円

特定疾患等複雑診断書(更新)

1通 3,000円

身体検査健康診断書

1通 1,000円

英文等特殊身体検査健康診断書

1通 5,000円

妊娠・出産証明書

1通 1,000円

各種付加金用証明書

1通 1,000円

交通事故領収明細書

1通 2,000円

診療費等納付証明書

1通 1,000円

その他

別に定める額

備考 この表のうち特定疾患等複雑診断書(更新)は,当院において新規認定により診断を受けた患者の更新認定に係る診断書の交付について適用する。

豊中市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年4月1日 病院事業管理規程第3号

(令和5年1月1日施行)

体系情報
第7編 公営企業/第3章 病院事業/ 通則
沿革情報
平成23年4月1日 病院事業管理規程第3号
平成26年3月31日 病院事業管理規程第4号
平成26年12月25日 病院事業管理規程第12号
平成27年3月30日 病院事業管理規程第10号
平成28年3月31日 病院事業管理規程第8号
平成31年2月1日 病院事業管理規程第1号
平成31年3月14日 病院事業管理規程第2号
令和4年9月29日 病院事業管理規程第11号
令和4年12月27日 病院事業管理規程第18号