○津幡町防災センター設置条例

平成7年3月22日

条例第8号

(設置)

第1条 住民の防災意識の高揚と自主防災活動の推進を図るため、津幡町防災センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 津幡町防災センター

位置 津幡町字加賀爪ハ109番地1

(事業)

第3条 センターは、次に掲げる事業を行う。

(1) 防災に関する相談及び指導

(2) 住民の防災に関する研修及び講習

(3) 自主防災組織に関する指導

2 前項のほか、住民や各種団体を対象に防災に関する講演会、災害対策研修会、その他関係機関との連絡や打合せ等の会議の場に供するものとする。

(施設使用)

第4条 センターは、前条の事業に参加しようとする住民や関係機関、団体が無料で使用できるものとする。

2 センターは、前条のほか町長の許可を得て無料で公共の用に使用することができる。

3 センターを使用又は利用するものは、施設設備の善良な管理に努めなければならない。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

津幡町防災センター設置条例

平成7年3月22日 条例第8号

(平成7年3月22日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成7年3月22日 条例第8号