○津幡町町有財産審議会規程

昭和51年3月1日

訓令第2号

(設置)

第1条 町有財産の土地の取得、処分、登記事務等の調査審議を行うため、津幡町町有財産審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 審議会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 町有財産の取得及び処分に関すること。

(2) 町有財産の管理及び運用に関すること。

(3) 町有財産の売買及び交換価格の評価に関すること。

(4) 町有財産の貸付及び賃貸料に関すること。

(5) 町が借り受けようとする不動産の賃借料に関すること。

(6) その他必要な事項

(組織)

第3条 審議会は、会長及び委員5人をもって組織する。

2 会長は、総務部長をもって充てる。

3 委員は、町民福祉部長、産業建設部長、環境水道部長、教育部長及び総務部監理課長をもって充てる。

4 会長は、審議会を代表し、会務を総理する。

5 会長が欠けたとき、又は事故あるときは、あらかじめ会長の指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第4条 審議会は、会長が招集し、その議長となる。

(議案の提出)

第5条 主管部長は、町有財産の取得、管理及び処分等について、審議会に提出することが適当と認められるときは、その事由を記載した書類に参考資料を添えて、審議会に提出しなければならない。

(意見の聴取)

第6条 審議会は、付議された事案の審査に当り、必要に応じて関係職員の出席を求め、意見を聴くことができる。

(結果報告)

第7条 会長は、審議会の結果を町長に報告しなければならない。

(臨時委員)

第8条 審議会に特別の事項を調査審議させるため必要があるときは、臨時委員若干人を置くことができる。

2 臨時委員は、町長が任命する。

3 臨時委員は、当該事項に関する調査審議が終了したときは、解任されるものとする。

(庶務)

第9条 審議会の庶務は、総務部監理課において処理する。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか、審議会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年12月20日訓令第8号)

この訓令は、昭和58年1月1日から施行する。

附 則(平成9年3月28日訓令第2号)

この訓令は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成15年2月20日訓令第8号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月22日訓令第5号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月28日訓令第7号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

津幡町町有財産審議会規程

昭和51年3月1日 訓令第2号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章
沿革情報
昭和51年3月1日 訓令第2号
昭和57年12月20日 訓令第8号
平成9年3月28日 訓令第2号
平成15年2月20日 訓令第8号
平成16年3月22日 訓令第5号
平成24年3月28日 訓令第7号