○津幡町立学校施設使用条例

昭和29年7月2日

条例第41号

(趣旨)

第1条 学校の施設は、学校教育法(昭和22年法律第26号)第85条の規定により学校教育上支障がないと認められる限り社会教育その他公共のために、利用に供することができる。

(使用の許可)

第2条 学校の施設を団体で使用しようとする者は、学校長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けようとする者は、別表に定める使用料を納めなければならない。ただし、町長が特別の事由があると認めたときはその使用料を減免することができる。

(使用の不許可)

第3条 次の各号のいずれかに該当する場合は、その使用を許可しない。

(1) 管理上支障があると認めたとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(3) 営利宣伝の目的で使用しようとするとき。

(4) その他津幡町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が不適当と認めたとき。

(許可の取消し)

第4条 学校施設の使用許可を受けた者が、その取消し又は使用日時を変更しようとする場合は、速かに当該学校長に申出なければならない。

2 前項の取消しのあった場合でも既納の使用料は還付しない。ただし、町長が特別の事由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

第5条 次の各号のいずれかに該当する場合には、当該学校長はその使用を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) あらかじめ許可を受けた使用目的以外に使用したとき。

(3) 使用者が教育委員会の承認なく他の者に使用させたとき。

(使用の責任)

第6条 使用者は、その使用による火災予防などの責を負うものとし、施設又は備品を損傷したときは時価相当額の弁償をするものとする。

(特別の設備等の禁止)

第7条 使用者は、管理者の承認なく許可外の施設又は備品、消耗品を使用し、その他特別の設備をしてはならない。

第8条 使用者は、その使用を終えたときは、直ちに学校教育上支障のないように原状に復さなければならない。

(規則への委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和33年10月9日条例第28号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年3月27日条例第16号)

この条例は、昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月18日条例第17号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年3月18日条例第16号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年3月23日条例第4号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年12月20日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年3月23日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年9月28日条例第19号)

この条例は、昭和62年10月1日から施行する。

附 則(平成元年3月24日条例第5号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成3年6月27日条例第14号)

この条例は、平成3年7月1日から施行する。

附 則(平成6年9月16日条例第18号)

この条例は、平成6年10月1日から施行する。

附 則(平成8年9月20日条例第19号)

この条例は、平成8年10月1日から施行する。

附 則(平成11年3月19日条例第4号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月12日条例第8号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月11日条例第7号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月14日条例第10号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

使用区分

単位

施設使用料

照明使用料

運動場

津幡中学校

津幡南中学校

野球場

1時間

300円

200円

陸上グラウンド

1時間

300円

200円

太白台小学校

中条小学校

笠野小学校

井上小学校

英田小学校

刈安小学校

萩野台小学校

1時間

300円

200円

津幡小学校

条南小学校

1時間

300円

体育館

1時間

300円

100円

教室

1室1時間

200円

100円

備考

1 スポーツの目的で使用し、入場料又はこれに類する金銭(以下「入場料等」という。)を徴収する場合は、施設使用料及び照明使用料(以下「基本使用料」という。)の20倍とする。

2 運動場及び体育館をスポーツ以外の目的で使用し、入場料等を徴収しない場合は、基本使用料の10倍とし、入場料等を徴収する場合は、基本使用料の25倍とする。

3 使用に係る準備又は原状回復のため施設を使用するときは、基本使用料の2分の1とする。

4 町民以外の者が使用するときは、基本使用料の2倍とする。

5 上記の各項が重複して該当するときは、それぞれの項における倍率を乗じて得た倍率を適用する。

6 特別の設備等をしたことに伴う新たな経費や原状に復する経費を要する場合には、その要した経費の実費を使用料に加算する。

7 使用の際、冷暖房施設を使用する場合は、基本使用料に40%を乗じて得た金額を加算する。

8 備品等の使用料は、教育委員会で別途定めるものとする。

津幡町立学校施設使用条例

昭和29年7月2日 条例第41号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和29年7月2日 条例第41号
昭和33年10月9日 条例第28号
昭和44年3月27日 条例第16号
昭和49年3月18日 条例第1号
昭和50年3月18日 条例第16号
昭和57年3月23日 条例第4号
昭和57年12月20日 条例第27号
昭和62年3月23日 条例第2号
昭和62年9月28日 条例第19号
平成元年3月24日 条例第5号
平成3年6月27日 条例第14号
平成6年9月16日 条例第18号
平成8年9月20日 条例第19号
平成11年3月19日 条例第4号
平成20年3月12日 条例第8号
平成23年3月11日 条例第7号
平成24年3月14日 条例第10号