○津幡町立幼稚園保育料徴収条例施行規則

平成12年12月13日

規則第57号

(目的)

第1条 この規則は、津幡町立幼稚園保育料徴収条例(昭和38年津幡町条例第18号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(保育料の額の決定及び通知)

第2条 町長は、教育委員会が入園を許可した園児の保護者に対し、保育料の額を決定し、通知するものとする。当該保育料に変更があったときも同様とする。

(保育料の額)

第3条 条例第2条に規定する規則で定める額は、津幡町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料に関する規則(平成27年津幡町規則第14号)別表第1に定める園児の属する世帯の階層区分に応じ定める額とする。

(保育料の還付等)

第4条 町長は、保育料に係る過誤納(以下「過誤納金」という。)があるときは、これを当該納入者に通知し、還付するものとする。

2 前項の規定により過誤納金を還付する場合において、その還付を受けるべき者に保育料の未納入があるときは、同項の規定にかかわらず、過誤納金にこれを充当するものとする。

3 前項の規定により過誤納金を保育料に充当したときは、速やかに当該還付を受けるべき者に通知するものとする。

(保育料の減免)

第5条 条例第6条第1号に規定する保育料を減免する場合の額は、津幡町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料に関する規則別表第1に定める階層区分に基づき行うものとする。

(減免の申請)

第6条 保育料の減免を受けようとする保護者は、保育料減免申請書を町長に提出しなければならない。

(減免の決定)

第7条 町長は、前条による減免の申請を受けた場合は、保育料の減免措置を決定し、保育料減免決定通知書により、申請者に対して通知するものとする。

(雑則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年5月18日教委規則第8号)

この規則は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成19年6月11日規則第29号)

この規則は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成20年6月16日規則第25号)

この規則は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成21年3月16日規則第8号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年5月25日規則第24号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第16号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

津幡町立幼稚園保育料徴収条例施行規則

平成12年12月13日 規則第57号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成12年12月13日 規則第57号
平成18年5月18日 教育委員会規則第8号
平成19年6月11日 規則第29号
平成20年6月16日 規則第25号
平成21年3月16日 規則第8号
平成22年5月25日 規則第24号
平成27年3月30日 規則第16号