○津幡町社会教育委員条例

昭和34年6月25日

条例第14号

第1条 社会教育委員については、法令に規定するもののほかは、この条例の定めるところによる。

第2条 委員の定数は、7人以内とする。

2 委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、教育委員会が委嘱する。

第3条 社会教育委員の任期は、2年とする。ただし、欠員補充によって委嘱した委員の任期は、前任者の残任期間とする。

第4条 社会教育法(昭和24年法律第207号)第17条の規定による定時の会議は、年3回とする。

第5条 委員は、互選によって議長を定める。

第6条 会議は、教育長が招集する。ただし、定数の3分の1以上のものから、臨時に会議招集の請求があるときは、教育長は、これを招集しなければならない。

第7条 会議の議決事項は、教育長を経て、教育委員会に報告しなければならない。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月15日条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に津幡町社会教育委員である者は、その任期が満了するまで、改正後の津幡町社会教育委員条例の規定による津幡町社会教育委員とする。

附 則(平成14年3月14日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

津幡町社会教育委員条例

昭和34年6月25日 条例第14号

(平成14年3月14日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和34年6月25日 条例第14号
平成12年3月15日 条例第25号
平成14年3月14日 条例第10号